湯原修一の歓喜悦慶,聊かの慷慨憂愁, etc.

いつとはなしに眠りにおち微風を禿頭に感じて目が覚める。
このような生活に変わったらブログが更新されないかもしれません。

◇ 収穫最盛期の春菊

2016年12月09日 13時55分06秒 | 庭の草木や生き物たち, etc.
家庭菜園で作っている春菊(中葉)は
今が収穫最盛期です。



今期の我が家の鍋料理に
既に何度か投入されました。

間引きを手抜きし、
草取りも熱心にしなかったので
生育を危ぶみましたが、
期待していた以上に
立派な食材になってくれました。

  ウチの春菊は市販のものより
  エグ味が少なく柔らかいようです。

  「春菊は嫌い」という人もいますが、
  我が家は全員好きなので
  鍋に入れたものが
  取り合いになることもあります。


こちらは青梗菜です。


青梗菜も昨年種を蒔きました。
昨年は細長い畝に細長く1~2列に蒔きましたが、
今年はやや幅広の畝に
ランダムに(適当に)蒔きました。

  青梗菜はそれほど消費量が多くなく、
  昨年は多くを廃棄することになったので、
  今年はやや少なめに蒔きました。  

これも間引きを手抜きしましたが
順調に育ってくれているようです。

  農薬を一切使用しないので
  青虫が潜んでいることがあります。

これは里芋です。


私が育てたものではなく、
91歳のオフクロが
菜園の隅にほんの数株植えていたものです。

菜園で採れた青梗菜と里芋は
先日私が作った「だんご汁」(*)に使いました。

  * : 私がたまに作ります。
     次のものが主な材料で、
     味噌・醤油仕立てです。
      ネギ、白菜、ニンジン、ゴボウ、大根、
      青梗菜(菜園にあるとき)、小松菜
      アゲ又は厚揚げ、コンニャク、
      里芋又はジャガイモ、
      シイタケ、シメジ
      豚肉又は鶏肉、小麦粉だんご


******


菜園の周りに咲いていた
椿で、品種は判りません。


山茶花(?)ですが、品種は判りません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ◇ 凡人の選択は同じことの繰... | トップ | ◇ 私も大麻に手を出してしまった »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。