湯原修一の歓喜悦慶,聊かの慷慨憂愁, etc.

いつとはなしに眠りにおち微風を禿頭に感じて目が覚める。
このような生活に変わったらブログが更新されないかもしれません。

◇ アンネ・フランクさんに因む三姉妹のバラ

2016年10月24日 21時41分35秒 | 日常・その他
ウチの校区にある
マリアの宣教者フランシスコ修道会の
「島崎教会」の垣根に
アンネさんに因む3種のバラが咲いていました。


♡ アンネのバラ(アンネ・フランクの形見)

  ・作出年度:1955年
  ・作出者:ヒッポリテ・デルフォルヘ

♡ 祈り(プレイ=Pray)

  ・作出年度:1987年
  ・作出者:ヒッポリテ・デルフォルヘ
    ※アンネのバラを改良して作られたもの。

♡ セント.コルベ(Saint.Korbe)(*) 

  ・作出年度:1995年
  ・作出者:高木寛(**)
    ※「祈り(プレイ)」から
      枝分かれしてできたもの。
      これも「アンネのバラ」の妹といえます。

  * : 「マキシミリアノ・マリア・コルベ」さんが
     名前の由来です。
     アウシュヴィッツ強制収容所で
     餓死刑に選ばれた男性の身代わりになり
     薬殺された司祭で、
     のちに聖人に列せらています。

 ** : 作出者(命名者)の高木寛さんは
     むかし熊本薔薇会の会長をされていた方で、
     私の母校熊本市立西山中学校の
     PTA会長をされていたときに同校庭に
     「アンネのバラ園」を造られたそうです。


この教会に咲くアンネのバラも
もしかしたら杉並区立高井戸中学校(***)にある
アンネのバラから増えていったものかもしれません。

 *** : なぜ高井戸中学校なのかについては
    すぎなみ学倶楽部のトップページにある 
    「歴史 History」をご参照ください。


写真のバラが咲く島崎教会を中心とした
島崎小教区には
ハナタレ小便小僧時代の私がお世話になった
「聖母愛児幼稚園」(****)や
「こうのとりのゆりかご」で知られる「慈恵病院」などが
共同体の一つとしてありますが、
年代的にみて私の園児時代には
アンネのバラを見ることは無かったはずです。

 **** : 昨年の拙ブログ記事に
  聖母の慈愛に見守られて育った幼少の頃の私 <2015.7.23>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ◇ 二日続けての頭痛 | トップ | ◇ トイレドアの取り替え完了 »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。