湯原修一の歓喜悦慶,聊かの慷慨憂愁, etc.

いつとはなしに眠りにおち微風を禿頭に感じて目が覚める。
このような生活に変わったらブログが更新されないかもしれません。

◇ お裾分け

2017年02月11日 23時24分58秒 | 日常・その他
昨日の宿直勤務時、
寮生Yが舎監室に菓子を持ってきました。

「網走監獄(クッキー)」が5枚


札幌雪祭りを見に行った両親からの
北海道旅行土産とのことでした。

お裾分けしてくれる気持ちは
うれしいのですが、
舎監は4名なので微妙な数でした。

 私は遠慮して(といえるのかどうか)
 1枚食べました。


宿明け勤務を終えて帰る途中で
石窯焼きのパン屋さんに寄りました。
 そこの無料サービスのコーヒーが
 飲みたかったのです。

店先のテーブルに買ったパンを置き、
デミタスカップのコーヒーを味わっていると、
直ぐ近くの低木に一匹だけいたスズメが
私の方を見ながら囀りました。

ねだっているのかと思い、
袋の中から "一番安い" クルミパンを出し
小さくちぎったものを足元近くに落としました。

そのスズメは少し警戒しながらも、
ピョンピョン跳んで私に近寄ってきました。
そしてパクッとくわえるやいなや
木まで飛んでいき食べ始めました。

今度は小さいパン屑を
幾つかに分けて落としました。

さっきのパンを食べ終わっていたスズメは
直ぐには近寄ってこようとせず、
木の枝に留まったまま盛んに囀り始めました。

しばらくして他のスズメが数羽
どこからか集まってきました。

そして一緒になって足元近くにきて
パン屑を食べ始めました。

まさかとは思いますが
他のスズメにお裾分けしたんでしょうか?
 スズメは気前が良い動物なんでしょうか?
 それとも家族を呼び寄せたのでしょうか?

他のスズメたちを呼んで
お裾分けした(?)スズメ

  ※満腹になったあとの(?)
    余裕の表情です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ◇ 雪景色 | トップ | ◇ 尾岱沼で見た異形(イギョ... »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。