遊行七恵、道を尋ねて何かに出会う

「遊行七恵の日々是遊行」の姉妹編です。
こちらもよろしくお願いします。
2017.5月以降は主に心模様を綴ります。

「天牌」900回おめでとう

2017-07-01 00:04:34 | 日記
漫画ゴラクで連載中の麻雀マンガ「天牌」が連載900回を超えたそうだ。
先週号がその記念で表紙が「天牌」主人公だった。
わたしがマジメに「天牌」を読み始めたのはコミックスの巻数でいえば30巻くらいの頃からで、もう十年以上前になるかな。
何故麻雀もしないわたしがこの長編麻雀マンガにハマッたのかは実はよくわからない。
十年以上読んでいても展開がわからないのに、それでも面白いので読んでいる。
たぶん人間の描写が面白いからだと思う。
外伝も好きだが、とりあえずコミックスを揃えているのは本編の方。
とはいえ、ちょっと今、全く整理がつかなくなっているので、連載マンガの購入は今すべて停止中。
なので76巻くらいまでしか手元にない。
現在は86巻まで出ているようだから、また整理がつけば買い揃えたいと思う。

わたしの好きなキャラは「氷の貴公子」三國さんなんだが、その描写にシビレている。
打牌に「キーーーーーンーーーー」なんて金属音がするもの。
挙句「三國の異様に白く長い指」とかもうどれだけ読み手をときめかせるねん。

そして彼の異父弟・菊多が可愛くて。見栄えは殆ど幽鬼な妖しさがあるが、初登場がたまらない。
三國さんの世話で群馬の病院に入院中、やってきた三國さんを見ずに「月が綺麗ですね」
ひーーーっ
これはあれだ、ILOVEYOUの翻訳語ではないか。
ああ…菊多が津神と組んでからがまたもうたまらなかったな。
そして津神から荘につき、津神を地獄へ蹴落としてからぐったりと昏睡というのがたまらない。
作中、既に2年経っているから、そろそろ目覚めるとは思うけど。

なにしろ今の戦いも終盤、これが終わればいよいよ新満さんの「見たい」という麻雀が始まる前段階に向かうはず。
三國さんがあちこち動いているし。主人公の沖本瞬も動くだろうし。
まあその大会?には大阪の鳴門さんも、鍛え上げられた北岡くんも出てくるだろうし。
八角のおっちゃんもいいお役になるはず。
楽しみはまだまだ続く。

二年後は1000回、しかしそれくらいでは終わらない。
もっともっと続く。
楽しみは無限にある。

本編から去って行った黒沢さん、よっちんも外伝ではずっと元気。
これからも本編、外伝ともによい展開を綴ってください♪







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 読んできたもの ―「異郷のモ... | トップ | 7月6日は諸星大二郎の誕生日... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。