gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

復活の朝

2017-01-03 18:53:11 | 日記
<マタイによる福音書第28章>
(28・1-10)復活の朝
(1)さて、安息日が終って、週の初めの日の明け方に、マグダラのマリヤとほかのマリヤとが、墓を見にきた。
(2)すると、大きな地震が起った。それは主の使が天から下って、そこにきて石をわきへころがし、その上にすわったからである。
(3)その姿はいなずまのように輝き、その衣は雪のように真白であった。
(4)見張りをしていた人たちは、恐ろしさの余り震えあがって、死人のようになった。
(5)この御使は女たちに向かって言った、「恐れることはない。あなたがたが十字架におかかりになったイエスを捜していることは、わたしにわかっているが、
(6)もうここにはおられない。かねて言われたとおりに、よみがえられたのである。さあ、イエスが納められていた場所をごらんなさい。
(7)そして、急いで行って、弟子たちにこう伝えなさい。
『イエスは死人の中からよみがえられた。見よ、あなたがたより先にガリラヤへ行かれる。そこでお会いできるであろう。あなたがたに、これだけ言っておく』。
(8)そこで女たちは恐れながらも大喜びで、急いで墓を立ち去り、弟子たちに知らせるために走って行った。
(9)するとイエスは彼らに出会って、「平安であれ」と言われたので、彼らは近寄りイエスのみ足をいだいて拝した。
(10)そのとき、イエスは彼らに言われた、「恐れることはない。行って兄弟たちに、ガリラヤに行け、そこでわたしに会えるであろう、と告げなさい」。

(参考 新約聖書略解 日本基督教団出版局)後で投稿
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 食べものがおいしい | トップ | 象世界は現象人間に「実相」... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。