gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

キリスト、我にあって生きるなり

2017-05-19 13:50:37 | 日記
昨日から
「実相が顕われることについては
神に全托いたします」
という祈りを
基本的神想観の終りの方で
念じることにした。
自力で実相を顕わし出そうということを
私は放棄した。
できないと思ったからだ。
そうしたらさっき実修した神想観のあと、
私の中にキリストがいる、
といった感覚が湧いてきた。
<使徒行伝第3章>ペテロの説教
(17)さて、兄弟たちよ、あなたがたは知らずにあのような事をしたのであり、あなたがたの指導者たちとても同様であったことは、わたしにわかっている。
(18)神はあらゆる預言者の口をとおして、キリストの受難を予告しておられたが、それをこのように成就なさったのである。
(19)だから、自分の罪をぬぐい去っていただくために、悔い改めて本心に立ちかえりなさい。
(20)それは、主のみ前から慰めの時がきて、あなたがたのためにあらかじめ定めてあったキリストなるイエスを、神がつかわして下さるためである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ペテロの説教(その3) | トップ | 宗教の目的 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。