gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

異邦の女

2017-02-24 11:00:53 | 日記
<マルコによる福音書第7章>
(7・24―30)異邦の女
(24)さて、イエスは、そこを立ち去って、ツロの地方に行かれた。そして、だれにも知れないように、家の中にはいられたが、隠れていることができなかった。
(25)そして、けがれた霊につかれた幼い娘をもつ女が、イエスのことをすぐ聞きつけてきて、その足もとにひれ伏した。
(26)この女はギリシャ人で、スロ・フェニキアの生れであった。そして、娘からの悪霊を追い出してくださいろお願いした。
(27)イエスは女に言われた、「まず子供たちに十分食べさすべきである。子供たちのパンを取って子犬に投げてやるのは、よろしくない」。
(28)すると、女は答えて言った、「主よ、お言葉どおりです。でも、食卓の下にいる小犬も、子供たちのパンくずはいただきます」。
(29)そこでイエスは言われた、「その言葉でじゅうぶんである。お帰りなさい。悪霊は娘から出てしまった」。
(30)そこで、女が家に帰ってみると、その子は床の上に寝ており、悪霊は出てしまっていた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 言い伝えの問題(3) | トップ | 聾唖者のいやし »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。