gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

業の自壊

2017-05-15 16:37:48 | 日記
大きな業が自壊するときには、
轟然たる響きを発する。
だが自壊作用は
業の包みがほどかれて
実相が露呈するためにこそ
あるはずである。
(参考 信仰の科学 谷口雅春・F.ホルムス共著 日本教文社)
「こうして、あなたは人間の魂の真の救いは峻厳なものであるということがわかるのである。〝救い"ということは根本的に言えば、実相を覆い隠している包みが引き裂き棄てられることなのである。だからこそ、全く当然のことながら、それは本質的に苛烈なるものであり、厳粛なるものであるのである。」

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本当のことを言ってあげない... | トップ | ペテロ、跛者をいやす(その1) »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。