よしみの北秋田市議会だより

合併して3期目の当選を果たした“福岡よしみ”が北秋田市の議会や市民の日常などを紹介します

大事に至らず安堵・・・北秋田市の大雨

2017年07月17日 | 北秋田市民生活

 16日の昨日、近所の方から「道路が川になっている」と電話があり急きょ、現場へ駆けつけた。かねてから、「道路が冠水するとトイレが使用できなくなる」との話があったので役所職員にも来てもらったほうが良いと判断して、日直の職員から担当職員に電話してきてもらいながら現場を見た。よしみ議員が現場についたときは雨の降り方は弱くなり、流れも少なくなったとのことであったがまだかなりの流量であった。職員が到着した時はほぼ平常に戻っていたので道路上の冠水を確認して、トイレの件は後でということで分かれた。よしみ議員が住んでいる松ヶ丘集落は高台にあり豪雨災害には見舞われないものとほとんどが心配していないが、旧町が分譲して売り出したものであるが、団地の設計のまずさから大雨になったときは道路が川になり、今回はなかったが床下浸水の被害もあったくらいで現在もなお不安の中にいる。問題があればその都度連絡しているので今後も大事に至らないように努めたい。その後、川の状況を見がてら小阿仁川水系の流量を見て回った。田んぼの冠水は多くあったが、堤防を越える状態でなかったことと雨が小降りになってきたことで一回りして終えた。大事に至らず安堵したところである。

 

 よしみ議員が到着した時の松ヶ丘の道路冠水状況。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 炎天下の中スポーツ盛ん・・... | トップ | 松ヶ丘自治会のより発展を・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

北秋田市民生活」カテゴリの最新記事