よしみの北秋田市議会だより

合併して3期目の当選を果たした“福岡よしみ”が北秋田市の議会や市民の日常などを紹介します

「高齢者と交通弱者にやさしい公共交通体系の確立」をどのように・・・市長の所信表明の一つ

2017年04月29日 | 北秋田市政について

 25日に開かれた臨時議会に津谷永光市長は所信表明を述べ、公約の実現など決意を語られました。公約の一つに「高齢者と交通弱者にやさしい公共交通体系の確立」などを披歴しました。公共交通体系は、市当局は、様々な施策を講じていますが、高齢者などの交通弱者の改善は特効薬的な方策としてなかなか浮かび上がりません。問題は、旧鷹巣町だけに限りません。合川、森吉、阿仁地区全域にわたっています。特に阿仁部の環境改善こそが急がれるのでないかと痛感します。今後どのようになされるか。注目していきたいと思います。

 

 阿仁部の交通機関、料金などはじっくり議論する必要があります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 待ちに待った全面復旧・・・... | トップ | 頑張れ秋田内陸線・・・応援... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

北秋田市政について」カテゴリの最新記事