よしみの北秋田市議会だより

合併して3期目の当選を果たした“福岡よしみ”が北秋田市の議会や市民の日常などを紹介します

報酬7万円を引き上げし今度は政務活動費?・・・北秋田市議会運営委員会

2016年10月12日 | 北秋田市議会

 どこでどのような議論をして問題になったのか、先日(10月7日)、9月定例議会本会議終了後議会運営委員会が開かれました。協議案件は、(1)議会運営委員会について1)議会インターネットについて2)代表質問について3)政務活動費についてでした。しかも、その場には「議会運営委員会行政視察意見書」なるものが各会派から提出されていました。なぜこのような経過になっているのか知る由もありません。議会運営委員会はどこから問題提起され、取り組むようになったのか重要です。単なる「行政視察の意見書」であればそういうやり方はあるでしょうから許されると考えますが、今後の取り組みについても協議され中身についても議論されていることは、丁寧さに欠けます。無会派であるよしみ議員は初めて知り驚いた次第です。特に、「政務活動費支給の是非」問題は、本議会は月額7万円の報酬を引き上げ、それから、間もない中で議論するというのは理解できません。市民の意見を多く聞くべきと考えます。

 

 県、市議会の2015年度政務活動費を紹介する「秋田さきがけ」

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋田内陸線の乗車数アップ頑... | トップ | JR鷹ノ巣駅の待合室開放と、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む