よしみの北秋田市議会だより

合併して3期目の当選を果たした“福岡よしみ”が北秋田市の議会や市民の日常などを紹介します

クマ対策、もう一歩進めた改善策を・・・阿仁合ではラジオ体操行えず

2017年08月09日 | 北秋田市民生活

 今朝の新聞では、クマの出没が相次いでいるために大館鳳鳴、十和田、小坂の3高校は9月に計画していた伝統行事である強歩大会を中止することを決めたとのことです。また、トウモロコシなどの食物被害が毎日のように載っています。そして最近では、人里をクマが出没する回数が非常に多くなりました。北秋田市では、子どもたちの夏休みの日課であるラジオ体操がクマの危険を避けるために、禁じられた地域も出てきている状況です。秋田県の場合は、クマの有害駆除の許可を下すのは県ですから、一歩進んだ対策を講じてほしいものと痛感しています。これから、果樹、野菜の収穫期になっていくだけにそれ以前に万全の対策が必要です。

 

 北秋田市が全戸に配布した「熊に注意!」のチラシです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋田県も警戒が必要?・・・... | トップ | 詩に親しみ創作意欲の醸成を... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

北秋田市民生活」カテゴリの最新記事