よしみの北秋田市議会だより

合併して3期目の当選を果たした“福岡よしみ”が北秋田市の議会や市民の日常などを紹介します

北秋田市の教育現場は大丈夫か・・・公立校教員の病気休職、精神疾患6割超

2012年12月27日 | 北秋田市
 今回、文部科学省が調査した結果、2011年度うつ病などの精神疾患で休職した公立学校の教員は5274人と相変わらず高い水準にあることが分かりました。特徴的なのは病気休職者のうち、精神疾患が理由の休職者が6年連続で6割を超えていることです。

 新規採用教員では、病気が理由で正式採用に至らなかった人のうち、約9割が精神疾患です。学校種別では小学校で43.6%、次いで中学校が29.3%です。年代別では50代以上(38.6%)と40代(32.5%)が目立ちます。発病時の所属校の勤務年数で見ると、約半数は2年未満で休職が発令されています。

 何故こんなに多いのでしょうか。私が退職してから10年経過していますので、当時と比較しても意味をなさないかもしれませんが、当時から教職員の生活は緊張の連続の中で仕事をしなければならなかったのは現在も同じだと思いますし、現在は、よりプレッシャーのかかるなかで教員生活を送っているのではないかと想像します。

 教員はまず勤務評定があります。現在は「能力評価」などをなされているのではないでしょうか。これ一つで、学校現場は「アウト」と思っています。これで、教員は「評価」が気になり、子どもに接する考えが違ってきます。「勤務成績」や「能力評価」をよくしなければ、「出世」にも影響します。そのためには「子どもより管理者」が気になり教員の子どもに対する姿勢は、いろいろ問題を抱えるようになり、管理者と子どものはざまにおいて悩みが大きくなることになります。

 北秋田市の学校現場はどうなのでしょうか。教育の国家統制が強まっているとき、北秋田市だけがすばらしいとはなりません。教員の病気休職は本質的な問題を解決しなければ改善されないのではないでしょうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北秋田市議会議員が列車内で... | トップ | 北秋田市の出初式、大雪のな... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む