よしみの北秋田市議会だより

合併して3期目の当選を果たした“福岡よしみ”が北秋田市の議会や市民の日常などを紹介します

高速道から北秋田市へ降りていただくために・・・具体的政策が必要

2017年05月12日 | 北秋田市内の観光

 秋田県議会が11日本会議が開かれ、佐竹知事は知事説明で高速道整備に触れ、あきた北空港ICの年度内供用が確実となったことを述べました。7日の私の投稿では道路の整備について触れましたが、観光面を等を考えると、市内の交通については整備が不十分でより緻密に計画化すべきと考えます。自家用車で観光地巡りをするとなればどのようなコースがあるか、所要時間、次はどこの観光地へ向かうかなどのち密さが必要と考えます。貸し切りバスのサービスはどのようになっているか、そして観光地は、森吉山、伊勢堂岱だけでなく、多くの紹介が必要ですし、整備が必要です。団体の昼食レストランの整備や宿泊施設は議論されてきたとおりです。すでに、鷹巣ICが開通していますので観光開発が進んでいいはずですが、あまり耳にしませんので改めて投稿しました。

 

 昨年10月22日に開通した秋田自動車道鷹巣IC

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北秋田市郡の2次医療圏はど... | トップ | 遅すぎる「県産農産物使い介... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

北秋田市内の観光」カテゴリの最新記事