よしみの北秋田市議会だより

合併して3期目の当選を果たした“福岡よしみ”が北秋田市の議会や市民の日常などを紹介します

北秋田市前山にニホンジカ・・・「北秋田市鳥獣被害防止計画」の早期改正を

2017年06月24日 | 北秋田市政について

 今朝の報道によると北秋田市前山の国道7号線で23日、ニホンジカの死骸が見つかったことが報道されています。これまで北秋田市は、ニホンジカやイノシシなどの被害がほとんどなかったので無防備状態でした。6月定例議会のよしみ議員の「鳥獣被害の防止計画について」の一般質問でも、被害を受けている対象鳥獣はツキノワグマだけとしクマの被害調査だけを行ってきたために他の動物については、被害調査すら行ってこなかったために被害防止策もなかったとの答弁でした。イノシシの被害も報告されてきていることから、イノシシやニホンジカなど新たに生息している鳥獣が報告され、農作物の被害や家畜の被害などが増加する可能性からその被害を減らすためには「鳥獣被害防止計画」を早期に改正し対象鳥獣を増やし多角的に対応する必要があります。当局の機敏な対応を求めたいと考えます。

 

 「北秋田市前山にニホンジカ」を報道する北鹿新聞

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「野生鳥獣の被害防止について」を問う・・・よしみ議員の一般質問

2017年06月23日 | 北秋田市内の観光

6月定例市議会におけるよしみ議員の一般質問は、3点のうち1つが「野生鳥獣の被害防止について」でした。秋田県内においては、昨年、山菜採りの人がツキノワグマに殺害される事件が発生して以来く問題が続いていますが、最近は、イノシシが北上し秋田県内では全然問題にしていなかったのが、生息数とその被害が増大、拡大しているのが深刻な状況になっています。それが加わり、シカ、ニホンザル、カラスなど含めて鳥獣被害防止の課題になっています。イノシシについては緊急な対策を求められている状況ですので、北秋田市においても被害が拡大する前に防止計画を策定すべきと提案したところです。具体的な提案については後日投稿することにします。

 

 くまくま園ではツキノワグマもかわいいのですが。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

陳情2件「採択すべき」と決する・・・北秋田市議会総務文教委員会

2017年06月22日 | 北秋田市議会

 北秋田市議会6月定例会総務文教常任委員会は21日、合川庁舎で開かれました。所管には陳情2件「教職員定数改善と義務教育費国庫負担割合2分の1復元をはかるための、2018年度政府予算に係る意見書採択の陳情について」、「日本政府が核兵器禁止条約の交渉会議に参加し、禁止条約の実現に努力することを求める意見書についての陳情」が提出されました。いずれも採択すべきものと決しました。核兵器禁止条約は北朝鮮の動きなどからして緊急に求められているものと感じています。核兵器禁止条約国連会議第2会期は現在開かれています。

 

 昨年5月27日、オバマ前米大統領は広島で核の問題にも言及する演説を行いました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

問題となりそうな議案は一般会計補正予算など・・・今日から北秋田市議会常任委員会

2017年06月21日 | 北秋田市議会

 北秋田市議会は昨日、10議員の一般質問が終わりました。今日から3常任委員会が開かれます。よしみ議員が所属する総務文教常任委員会の会場は合川庁舎です。審査が十分行うべき議案は、一般会計補正予算、陳情「日本政府が核兵器禁止条約の交渉会議に参加し、禁止条約の実現に努力することを求める意見書についての陳情」などが予想されます。一般会計補正予算は、「秋田内陸線阿仁合駅観光拠点施設整備事業補助金1億2666万9千円」などです。議案が少ないので早ければ1日で審査が終了する可能性もあります。皆さんの傍聴をお待ちしています。

 

 予算が計上されている秋田内陸線阿仁合駅。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伊勢堂岱遺跡にまたクマ・・・見学、当面受け入れせず

2017年06月20日 | 北秋田市内の観光

 18日午後、国指定史跡・伊勢堂岱遺跡で見学に来ていた2人がクマを目撃したということで、北秋田市教育委員会は見学の受け入れを当面中止すると発表しました。昨年も5月以降出没が相次いだために約2か月間全面閉鎖しました。全県的にクマの出没が相次いでいるために、一層の注意喚起が求められます。なお遺跡のガイダンス施設である「伊勢堂岱縄文館」は通常通り開館していますのでおいでいただきたいと思います。

 

 見学の受け入れを当面中止した伊勢堂岱遺跡

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

きょうは本会議一般質問・・・よしみ議員2番目登壇・6月定例議会

2017年06月19日 | 北秋田市議会

 北秋田市議会の19日(月)、20日(火)は本会議・一般質問の日です。10人が登壇しますが、よしみ議員は第1日目(19日)第2番目に登壇します。午前10時半過ぎころからはじまると予想されます。質問事項は、1.北秋田市地域公共交通について、2.野生鳥獣の被害防止について、3.北秋田市史編纂についての3事項です。頑張ってきます。

 

 今日の一般質問はクールビズのためノーネクタイとなります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小中学生多くのみなさんの作品を・・・北東北子どもの詩大賞作品募集

2017年06月18日 | 北秋田市の教育

 「北東北子どもの詩大賞」は第24回同大賞の作品を募集しています。秋田、岩手、青森の北東北3県の小学生、中学生を対象に作品を募集します。北秋田市教育委員会、青森県詩人連盟、岩手県詩人クラブ、秋田県現代詩人協会の協賛で、「詩に親しみ、未来を考え、夢と希望に向かって進む子どもの力を育み、北東北固有の文化水準の高揚を目指すことを趣旨としている」としています。最近は、複数の県が共催する企画は減少し続けている中で伝統を守り続けているこの「大賞」の作品のレベルは素晴らしいものがあります。応募資格は秋田、青森、岩手の北東北3県の小中学校に在学する児童生徒。題と内容は自由。一編につき400字詰め原稿用紙2枚以内で縦書き、未発表の作品に限る。学校を通じた応募とし、締め切りは9月20日となっています。小中学生の多くのみなさんに応募されるよう期待します。(秋北新聞参考)

 

 大賞が小中各1編、入賞が各5編等の作品が集録される「北東北子どもの詩大賞」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

当初予算にも地方創生拠点整備交付金・・・クウィンス森吉など

2017年06月17日 | 北秋田市政について

 国の「地方創生拠点整備交付金」を活用した予算が6月議会には、マタギの湯のどぶろく工房整備、阿仁合駅の整備に計上されていることを紹介しましたが、実は平成29年度当初予算にはクウィンス森吉への簡易宿泊施設の整備、阿仁地区への移住定住ネットワークセンター整備の計上などがあります。北秋田市の交付金への期待は観光開発に重きを置いたものになっています。地方創生政策で地域がより潤うのかは別の問題です。市民の暮らしが第一ですから、市民の生活向上のための強化策はどうなっていくか今後の政策を注視する必要があります。

 

 地方創生拠点整備交付金でクウィンス森吉の簡易宿泊施設が整備されます

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

阿仁合駅改築に1億2千万円強・・・6月議会一般会計補正予算案

2017年06月16日 | 北秋田市政について

 北秋田市議会6月定例会、一般会計補正予算には「秋田内陸線阿仁合駅観光拠点施設整備事業」として1億2666万9千円が計上されています。秋田内陸線の誘客のため「観光拠点整備事業として地方創生拠点整備交付金を活用し、阿仁合駅のリニューアルに取り組む」としています。

 

 リニューアルする予定の秋田内陸線阿仁合駅

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どぶろく工房整備に質問多く・・・北秋田市議会6月定例会開く

2017年06月15日 | 北秋田市政について

 北秋田市議会6月定例会は15日開会しました。提出議案等は22件と少ないです。一般質問通告者は20議員中10議員で2日間で行われます。よしみ議員は第1日目(19日)2番目に登壇です。①地域公共交通について②鳥獣被害防止計画について③北秋田市史編纂についての3点を問いただします。ところで、今日の大綱質疑で質問が多かったのは、打当温泉マタギの湯にどぶろく醸造工場を設置するために5000万円余を予算化していることに集中しました。採算は取れるのか。販売網はどうなのか。累積債務が2億円近いのに事業計画、財政計画はどうなっているのかなどがありました。常任委員会の細部にわたる審査が必要だと感じました。27日まで13日間の会期です。

 

 議案のなかで質問が多かった打当温泉マタギの湯

コメント
この記事をはてなブックマークに追加