よしみの北秋田市議会だより

合併して3期目の当選を果たした“福岡よしみ”が北秋田市の議会や市民の日常などを紹介します

待ち遠しい29日運行再開・・・秋田内陸線

2017年04月26日 | 秋田内陸線

 報道によると、崩落個所があり区間運休していた秋田内陸線は復旧工事にめどがつき29日に全面運行再開すると発表されました。28日までは軌道整備や車両走行の安全確認などを行い29日、運行再開となります。今後、乗車率が向上するよう地域住民こぞって協力していきたいものと考えます。

 

 秋田内陸線の崩落箇所の復旧工事

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

全議案等賛成多数可決・・・北秋田市臨時議会

2017年04月25日 | 北秋田市議会

 北秋田市臨時議会が今日開かれました。提案されたのは専決処分の承認9件、専決処分の報告2件、人事の同意7件、議案2件の計20件で全議案等が賛成多数で可決、承認、同意されました。平成29年度一般会計補正予算案(第1号)では、、移住体験ツアー業務委託、秋田内陸線乗車促進事業貸切車輌補助金、地域医療確保促進事業補助金、住宅リフォーム支援事業補助金、工事請負費(防災ラジオ)等の予算が盛られて可決されました。住宅リフォーム支援事業補助金は4000万円、防災ラジオ工事請負費は1億5472万1千円が計上されています。市長が今回市長選に備えて訴えた「市民ファースト」に沿った予算であったかと感じました。

 

 移住体験ツアーのために準備された阿仁合にある住宅

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花を生かした政策を充実しよう・・・北秋田市の花、あじさいも重視して

2017年04月24日 | 北秋田市政について

 北秋田市はこれからが桜の見ごろを迎えます。桜前線がようやく北秋田市に到着したという感じです。これからゴールデンウィークまで十分に花見で満喫したいものと考えています。ところで北秋田市内ではどこでどんな花が咲いているか、解説したチラシやパンフレットなどはあまり見かけません。フラワーマップは早急に作成すべきです。花の百名山である森吉山の花については、マップや書籍もあるように他の花々についても訪れた人たちにすぐわかるようにしたいものと考えます。北秋田市は、阿仁の菖蒲園をなくしてしまいました。市の花あじさい公園の「あじさいまつり」は中止したままです。北秋田市は、もっと花に愛情を注いだ政策を掲げてほしいものです。桜マップも緊急にHPに掲げてはいかがでしょうか。1本桜でも立派なものがありますのでそれらを含めてぜひ要望したいものです。今後、桜並木をどうするか、市の花あじさいをどのように普及するか、秋田内陸線沿線をどのように花で飾るか、休耕田、休耕地をどうするかなど検討してほしいものです。花の効果は絶大です。

 

 福島県三春町の滝桜です。町内にはこの子や孫の木が数千本(聞きましたが忘れました)植えられています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

次から次と安倍政権の暴言・問題行動・・・国民はこれにあきれかえる

2017年04月23日 | 国会の動きについて

 安倍政権の閣僚らの暴言や問題行動が次から次と明らかになっています。つい最近は、週刊誌で女性問題が報じられ辞任した経産政務官がいました。そして、「一番のがんは学芸員だ。この連中は一掃しないとだめ」、「長靴業界はもうかった」福島原発事故自主避難者に対する暴言、沖縄県の辺野古新基地建設反対に対する侮蔑発言、そして、稲田朋美防衛相の虚偽答弁、金田勝利法相の質問封じの文書を配布等々あまりにも多すぎます。多すぎる状況から国民も呆れすぎて声も出ない感じです。しかし、冷静に考えると、このような政権に託せるかと怒りさへ感じます。このままでは済まされないと痛感します。

 

 首相自ら野次を飛ばすのも目立ちます。(NHKTV)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成33年度末まで正職員8名減・・・北秋田市職員定員適正化第2次計画発表

2017年04月22日 | 北秋田市政について

平成28年度末に、北秋田市は「職員定員適正化計画(第2次)」を発表しました。期間は、平成29年4月1日~平成34年3月31日の5年間です。平成33年度末までの退職見込み数が78名ですが採用見込み数を70名にして8名を減じるという計画になっています。これにより職員数は480名となりますが、県内の同じ類型の団体の職員数と比較すればまだ多いようです。みまさんの計画を注視していきたいと思います。

 

 この3月31日も多くの職員が退職していきました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

防災ラジオ整備事業費に1億5千万円・・・29年度一般会計補正予算案に盛り込む

2017年04月21日 | 北秋田市政について

 北秋田市は臨時議会を25日に招集すると告示しましたが、提案される議案等の一つに平成29年度一般会計補正予算(第1号)がありますが、その歳出の一つに防災ラジオ整備事業費として1億5472万円が計上されています。合併以来整備されていなかった防災無線が、新たに防災ラジオとして北秋田市全体の防災体制が整備されることになります。円滑な活用がなされるか、今後適宜改善されていくと思いますが、災害に対する情報を共有するために有効に活用されるものと期待します。日常的に活用していかないと忘れさられる可能性がありますので、災害情報伝達以外に活用できるよう期待したいものです。

 

 総務文教常任委員会では昨年、防災ラジオについて茅ヶ崎市(神奈川県)へ所管事務調査を行いました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日も病院・・・新たに診てもらう

2017年04月20日 | よしみの生活

2ヶ月ごとに通院していますが、その間に月1回薬だけもらいに行っています。今日はその薬だけの日。今日は、プラスして心配な点があったの診察してもらいました。心配ないと言われて一安心。「加齢だから」とも言われませんでした。まあ良かったです。

 

 正午になってもこの混みようです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北秋田市長選後初の臨時議会・・・人事案件など20件

2017年04月19日 | 北秋田市内の観光

 北秋田市は18日、臨時議会を25日に招集すると告示しました。当日は津谷市長の所信表明、平成29年度一般会計補正予算、教育長や監査委員の人事同意案件など20件が提案されます。人事同意案件の教育長や監査委員はいずれも新任となります。また、一般会計補正予算案には、防災ラジオ整備事業費、住宅リフォーム支援事業補助金、移住体験ツアー業務委託料などが計上されています。

 

 平成29年第1回臨時議会の議案が入っています。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

豪風関の応援体制できる・・・「豪風旭関を応援する会」設立

2017年04月18日 | よしみ議員と文化・スポーツ

 大相撲の現役力士として、秋田県では唯一の関取である北秋田市出身の豪風関の応援する会がこのたび北秋田市に設立されました。よしみ議員も一般質問で、地元出身力士の後援会組織設立を強く訴えていましたがようやく実りました。今後、豪風関の活躍を期待し市民一丸となって側面から応援していきたいものです。

 

 昨年、豪風関が県民栄誉賞を受賞された時の祝賀横断幕

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まず一人採用・・・北秋田市地域おこし協力隊5月から着任

2017年04月17日 | 北秋田市政について

 一昨日、このブログに、「北秋田市に地域おこし協力隊何故いない」ということを述べましたが、報道によると、不在となっている北秋田市地域おこし協力隊が1人の採用が決まり5月から着任するとのことです。まず、よかったです。北秋田市の評価にもつながりかねない事態と考えていましたので一安心です。担当は「移住・定住」だそうですがまず頑張りを期待したいと思います。ほかに、「観光振興」、「内陸線沿線活性化」担当隊員も募集していましたが応募者がなく平成29年度も再募集しているとのことです。

 「移住・定住」の活動ということですが、難しいのではないかと思いますが、自分のイメージを生かしながら着実前進を期待しています。

 

 駅前でも目立つ更地、「移住・定住」は切実な課題です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加