遊民画廊

趣味で書いている水彩画等と一言。

愛蘭土旅行シリーズ その30 モハーの断崖に建つオブライアンの塔

2017-02-09 10:15:43 | 水彩画

 アイルランド西部ゴールウェイの南、景勝地”モハーの断崖”に建つオブライアンの塔。モハーとは。ゲール語で、「廃墟になった崖」を意味するそうだ。断崖は、屋根瓦に出来るようなスレートが積み重なっているのが見れた。ここからの海は、当に大西洋。この塔は、要塞として作られたが、ナポレオンにより破壊され、その後物好きな領主が。観光客を楽しませるために再建したとのこと。当日は何故か閉鎖されており登ることは出来なかった。ビジターセンターは周りの風景を害さないように丘の中に造られ、自然に関する説明展示が興味深かった。
(画用紙:HOLBAINクレスター水彩紙F4(332×242mm2)、絵具:チューブ入り不透明水彩絵具&固形不透明絵具(HOLBEIN)))

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 愛蘭土旅行シリーズ その2... | トップ | 愛蘭土旅行シリーズ その3... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL