NBA Big Shot Rob!!

NBA HOUSTON ROCKETSを中心にひっそりと書いていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Wake Me Up When September Ends

2016-09-19 13:16:27 | NBA

9月が終わったら起こして欲しい。


NBAクラスタの9月は眠い。

ただひたすらに、眠い。


Green Day 好きなわけだが、その中でもこの曲がぶっちぎりで1番だ。

なぜかは分らない。

嫁さんと付き合いだした頃だったというベタな理由もあって、Green Day不動の1位に君臨している。


Billie Joe Armstrong の名前のかっこよさはどうなってるのかと思う。

中学二年生が頭の中で繰り広げる、壮大なファンタジーの主人公の名前と言われても何の違和感もない。

その主人公はビリーなのか、アームストロングなのか、そこが問題だ。

 

 

いやどうでもいい。

 

 

NBAはシーズンが終わり、ドラフトもPOも終わり、サマーリーグも終わってFAも落ち着き、

今年はオリンピックのおまけも付いたがそれも終わった。

とはいえ、ファイナルが終わってからまだ3ヶ月しか経っていないらしい。

 

3ヶ月でドラフトとサマーリーグとFAとオリンピックがあって何が眠いだ。

NBAクラスタは欲張りさんか。

 

 

そろそろリーグパスの更新のご案内が来てもいい頃なんだがそれもまだ来ない。

キャンプもそろそろ始まるが、プレシーズンは10月からだ。

 

Summer has come and passed

The innocent can never last

Wake me up when September ends


である。

 

 

 

なーーどーーとーー、一人気持ちよく終わらせてる場合ではないのだ。

 

日本のバスケットボールの夜明けだ。

長い長い夜を越えて、日本のバスケットボールが遂に、眩しい朝日と共に目を覚ますときが来た。

 

1993年、Jリーグの誕生のときを覚えている人はどれくらいいるのだろうか。

日本が沸いた。興奮した。

分りやすい演出も、犬も熊も鹿もよくわからないイキモノも、全てが輝いて見えた。

あの、

おーーおーーおーーおーー おーーおおおおーーおおーおーおーーおーーおーーおおーー

という名も知らぬ曲も、全てが輝いて見てた。

 

自分の愛するスポーツが、新たなプロリーグとして、その第一歩を踏み出す瞬間に、地元京都に、トップリーグのチームがある。

23年前に経験したあの”キラキラ”をもう一度体験することができる。

胸が躍る。

 

観に行かない理由がない。

 

Wake Me Up When September Ends

 

大丈夫、もう起きた。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宇宙 | トップ |   

コメントを投稿

NBA」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL