くわずいものつぶやき from USA

アメリカ駐在生活、子供のこと、日常を紹介します♪
英語・運転コンプレックス克服したい!

トイレのリペア

2017-07-11 08:33:42 | アメリカ生活
賃貸で住んでいる戸建ての我が家には、トイレが3つあります。
バスタブ付き浴室が1つ、シャワールームが1つ。
…というと、豪邸のように聞こえますが、これが割と一般的なアメリカの戸建ての設備なようです。何でトイレが3つもあるかというと、理由の1つは、いっこがこわれても大丈夫なように。すぐに修理できなくても困らないように(°▽°)…

実際、住み始めて1ヶ月を過ぎた頃、メインで使っている一階のトイレが壊れました。
今思えば自力でも簡単に直せたなと…
タンクの中のフラッパーというと水の流れを止めるチェーンが切れただけでした。
けど、それも大家さんに知らせるものだと思い、すぐに連絡したら修理の人をよこしてくださいましたが、この程度の修理代だと借主の負担になるので150ドル(一万五千円か…)ほどこちらで負担することに。部品代だけだと5ドルぐらいで済んだのに人件費で…(T-T)

その後すぐに、半地下階のトイレのフラッパーもボロボロであることに気づき、またタンクの調子が悪くなりめんどくさくて修理せず使わないことにしたまま一年以上経過しました。

ですが、お客さんや友達が来た時、業者さんが来た時に使ってもらうトイレがメインのバスルームしかないのが何となく不便だと日頃から感じていたので、急に思い立ち自力でも直してみました。(残りの一つは寝室を通って奥にあるため、来客にはなるべく使ってほしくない…)



ボロボロのフラッパー。実は以前も直そうと思い、Home Depotという大型ホームセンターでそれっぽい部品を買って来たものの、型が合わず、しかも水につけてしまったので返品を躊躇して放置…

半年後のリトライでした。今度は家の近所のミニHome Depotみたいなところに行き、今度は合いそうなフラッパーを購入!ないなぁーと諦めかけていたところを一緒に行った下の7歳が見つけてくれました!

タンクの水道の栓を締めてからタンクの水を流し、古いボロボロを外して新しいものにリプレイスして、



うまく流れるようになりました(汚い写真ですみません)!

それこそ5ドルほどの部品代で済んだので早く直せばよかった。トイレのタンクの構造もわかったし、変なところで勉強になりました。

『海外』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エリック・カール・ミュージ... | トップ | 夏のカーニバルと一時帰国 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む