郵便局めぐり

郵便局めぐりの記録と雑多な記事

2017年JAL JGC修行を振り返る

2017-12-12 | テーマ別訪問

2014年の年末に2015年にJAL JGC修行を企てるも忙しくて断念。
http://blog.goo.ne.jp/yucho_jp/e/bbfaef32206de52fd871ecbfe3f2ca8d

今年2017年はなんとしてもJGC取得を目指し早々と修行しました(SFCは元々持っています)
2015年の修行妄想と違うのは何と言っても乗継割引の制度が廃止されたことで、沖縄発の海外航空券を作って沖縄からスタートするにしても先得などの通常の割引を使用する必要が生じました。
しかしながら各種キャンペーンによりボーナスFOPが付与されるものがあり、これらを十分に活用することでお手軽に解脱します。

そしてなによりも楽しく修行がしたいと考え、多少FOP単価を犠牲にしてもやむを得ない前提でこのような計画を立てました。

・OKA-SINタッチ 1回
・OKA-TPEビジネスタッチ 1回
・小松3往復(冬季の需要喚起+北陸新幹線対策で往復回数によってボーナスFOPが!)
・HND/OKA1往復+大東諸島訪問

 

搭乗日 便名 区間 シート マイル FOP
  JALカード初回搭乗FLYONポイント 5000
  りそなスマート口座特典ボーナスポイント 1000
2017年1月26日 JL0915 羽田-沖縄 国内線クラスJ 984 2072
2017年1月27日 JL0906 沖縄-羽田 エコノミークラス 984 2368
2017年1月27日 JL0711 TOKYO-SINGAPORE エコノミークラス 3,312 2884
2017年1月29日 JL0038 SINGAPORE-TOKYO エコノミークラス 3,312 2884
2017年1月30日 JL0903 羽田-沖縄 国内線クラスJ 984 2564
2017年1月30日 JL0904 沖縄-羽田 国内線クラスJ 984 2072
2017年2月17日 JL0921 羽田-沖縄 国内線クラスJ 984 2072
2017年2月17日 JL0920 沖縄-羽田 国内線クラスJ 984 2564
2017年2月18日 JL0809 TOKYO-TAIPEI ビジネスクラス 1,330 2894
2017年2月19日 JL0802 TAIPEI-TOKYO ビジネスクラス 1,330 2894
2017年2月19日 JL0923 羽田-沖縄 国内線クラスJ 984 2564
2017年2月21日 JL0902 沖縄-羽田 国内線ファーストクラス 984 2860
2017年3月14日 JL0191 羽田-小松 エコノミークラス 211 716
2017年3月15日 JL0192 小松-羽田 エコノミークラス 211 716
2017年3月27日 JL0183 羽田-小松 エコノミークラス 211 716
2017年3月27日 JL0186 小松-羽田 エコノミークラス 211 716
2017年3月29日 JL0183 羽田-小松 エコノミークラス 211 716
2017年3月30日 JL0192 小松-羽田 エコノミークラス 211 716
2017年4月4日 JL0923 羽田-沖縄 国内線クラスJ 984 2072
2017年4月5日 NU0861 沖縄-南大東 エコノミークラス 225 850
2017年4月5日 NU0835 南大東-北大東 エコノミークラス 0 0
2017年4月6日 NU0848 北大東-沖縄 エコノミークラス 229 858
2017年4月8日 JL0902 沖縄-羽田 国内線ファーストクラス 984 2860
  17早春羽田-小松ボーナスマイル&FOP 2500
合計FOP 50128

最後の大東諸島は完全に離島訪問趣味の一環です。沖縄那覇~南大東/北大東は往復運賃相当額に対し沖縄県からの補助が出るため、各種割引で搭乗するよりも定価で乗った方が安いという珍しい路線です。いずれ趣味活動において定価で搭乗するのであれば、今年の修行に組み込んだほうがお得、と考えたものであり、FOP単価的には全く修行向きではありません。
なお南大東-北大東が「0」なのは、当日乗り継ぎ制度を用いたためです。

FOP単価を出すためには費用を出す必要がありますが当日UPGなどをしたためよくわかりません。とは言え全てJALカード決済したのでこんつめて調べれば分かるはず?30万以上使いましたが40万はかかっていないと思います。
4月下旬に小松3往復に対するボーナスFOPが付与され、翌週には晴れてJGCカードと通称亀タグが我が家に届きました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JALどこかにマイルメモ

2017-11-17 | 妄想局めぐ

先日JALの「どこかにマイル」(どこか"へ"マイルではありません。蟹と覚えて下さい)を使用して羽田から宮崎へ往復6000マイルを使用して行って参りました。空席利用とはいえ「超」が付く程非常にコストパフォーマンスがよく、おそらくすぐに廃止/制度改正されてしまうのではないかと思い、是非皆様も早めにご使用頂く事をお勧めします。

 

羽田、ないしは伊丹を発として日付と時間帯を選択、選ばれた4箇所の候補の中から了承すれば便と行き先は日本航空が決めると言うものです。4箇所の候補はリロードすれば選び直すのが出来るので、予め自分の中で目的地の空港に対してランク付けをしておいて、4空港とも全て「○」(=すなわちどこの空港に決まっても良い)になったら申込みに進む、という算段を取るのが精神安定上最も良いかと思います。リロード数は制限があるようですが、未だに達した事がありません。私のように「日本全国どこに行っても構わない、ただし既に訪問し尽くしている地域は除く」という人間にとってはこれ以上ない素晴らしいシステムです。今後の旅はしばらくこれを標準としたいと思います。

 

言いたいのはここまでで、以下は完全個人的なメモです。羽田発日本航空(下の3空港は日本トランスオーシャン航空)の就航表でもあるので、エクセルに貼り付けてランクをご自身の物に替えて、空港選択リロードのお供にご使用下さい。

 

目的地

個人的ランク

コメント
女満別 × 行く局が無い
旭川 × 旭川郊外に未訪多数。LCC無し
釧路 × 行く局が無い
帯広 × 1.5日で回る位の局が残っている
札幌(新千歳) × 行く局が無い。LCCが充実
函館 市街地は終わっているがそれ以外未訪多数、奥尻アクセス用?
青森 津軽半島と弘前郊外が未訪
三沢 空港周辺未訪多数
秋田 大仙市に数局のみ。JRで周遊した方が良い?
山形 × 行く局が無い
名古屋(中部) × 行く局が無い
小松 × 行く局が無い。白山登山の拠点とした。
大阪(伊丹) レガシーのみのドル箱路線だが、地域的に他空港に比べると訪問方法は多数あり...
大阪(関西) × LCCが充実
南紀白浜 独占路線。空港周辺は訪問済みだがそれ以外未訪多数
岡山 空港周辺未訪多数
広島 × 行く局が無い。春秋就航
山口宇部 空港周辺未訪多数。山陰側は殆ど手つかず
出雲 大田市以西完全未訪地帯
徳島 そこそこ未訪
高松 × 行く局が無い。GK就航、以前は春秋もあった。
松山 空港周辺以外未訪多数
高知 未訪多数
北九州 未訪多数
福岡 周辺は訪問済み。LCC充実
長崎 × ほぼ訪問済み
大分 × GK就航
熊本 GK就航だが未訪多数
宮崎 × 先日どこかにマイル初使用はここだった→完訪しました。
鹿児島 GK就航。空港周辺は終わっているが、多すぎていつまでも終わらない。
奄美 バニラ就航。奄美本島は終わっているが、加計呂麻島が残っている
沖縄(那覇) × 行く局が無い。LCC充実。マイル使うくらいなら修行目的で有償フライトした方が良い。
宮古 × 行く局が無い。出れば当たり。
石垣 × 行く局が無い。出れば当たり。
久米島 × 行く局が無い。季節就航

 

 

(追記)

羽田発時間別就航表

時間帯は5つにわけられており、その中から選択出来ることになっていますが、毎時1本が確保されている伊丹便などはともかく、1日1本しか無いようなローカル線ではその便が就航していない時間を選んだところでいつまでたっても候補に出るはずがありません。また、うざいほど出てくるタコ就航地もある程度見極めれば排除できる可能性も考え、表にしてみました。

ソースは執筆した2017/7/28の羽田空港発着リストです。夏ダイヤなので冬ダイヤなどに比べると全体的に本数が多く特にリゾート路線に臨時便が多く就航しています。後日使用の際には気をつけて下さい。

 

出発   到着
A B C D E   A B C D E
    女満別    
  旭川    
    釧路    
  帯広  
札幌(新千歳)  
    函館    
青森
    三沢    
  秋田  
      山形      
      名古屋(中部)      
小松
大阪(伊丹)
    大阪(関西)    
    南紀白浜    
岡山
広島  
  山口宇部    
  出雲  
徳島
高松
松山  
  高知
北九州
福岡
長崎  
大分  
  熊本  
宮崎  
鹿児島  
        奄美        
沖縄(那覇)  
        宮古        
        石垣        
        久米島        

 

 時間帯の凡例

A・・・05:00~08:59

B・・・09:00~11:59

C・・・12:00~15:59

D・・・16:00~18:59

E・・・19:00~23:59

 

 裏技?

先得とは違い、通常の特典航空券と同様に当日予約より前の便に空きがあれば変更ができる。
このことを利用して敢えて後の時間を予約しておいて当日前の便に変更することも候補に入れよう。

例えばどうしても「行き」はA時間帯やB時間帯が人気になり、タコ路線しか出てこないことがある。
あえて昼間で余裕のあるC時間帯や現地での滞在時間が短くなるE時間帯を取って希望候補を出しておいて当日変更してしまえばいいのだ。

この技は多用されたのか、11/16搭乗分からできなくなりました(涙)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

郵便局、廃止と開局のバーター

2017-11-17 | 局めぐDB

2014年~2015年は近年になく開局が多い反面、微妙に近い局が廃止になっていてどうもペアが出来そうな感じである。
反面つくばエクスプレス沿線局など、人気エリアで単純に人口が増えつつあるエリアは予算と人出の都合が付くのかそう言うわけでもない。

・八潮駅前郵便局 2013(H25)年11月19日開設
・流山おおたかの森郵便局 2014(H26)年3月7日開設
・柏の葉キャンパス郵便局 2013(H25)年8月1日開設

それでも終点つくば駅の一つ手前、研究学園駅前に出来るつくば研究学園郵便局(2015(H27)年6月1日開設)は筑波農林研究団地内郵便局を潰しての開局となる。

昭和末期以降、この様に廃止と開局がバーターとなっている局を集めてみた。郵政事業庁化以降は開局自体が少ないので多分全て網羅していると思うが、郵政省時代は狂ったように局が出来ていたので、漏れが多数と思われる。それらしきペアがあればご教示願いたい。

ご覧の通り1980年代中頃より、近畿郵政局管内で頻発している。同時期の他郵政局を調べてみたが、ここまで露骨な事例は見られない。
この時期の近畿郵政の局舎担当・労務担当に相当のキレ者がいたのだろう。特定局長会や労働組合を絡めないと出来ない事象なので、当時の文献を漁れば具体的な施策が出てくると思うのだが、私の実力ではまだ探し出せていない。

西葛城郵便局【廃止】 1985(S60)-4-30(代替簡易局有)
岸和田天神山郵便局 1985(S60)年4月30日開設

多賀栗栖郵便局【廃止】 1985(S60)-7-8
彦根松原郵便局 1985(S60)年7月8日開設

舞鶴吉田郵便局【廃止】 1985(S60)-9-30 ※場所不明。住所は京都府舞鶴市吉田570の1の1
舞鶴倉谷郵便局 1985(S60)年9月30日開設

三田小野郵便局【廃止】 1985(S60)-10-28(代替簡易局有)
三田武庫が丘郵便局 1985(S60)年10月28日開設

大土郵便局【廃止】 1987(S62)-3-23(代替簡易局有) 
熊取ニュータウン郵便局 1987(S62)年3月23日開設

加茂古敷谷郵便局【廃止】 1989(H元)-3-26(代替簡易有)
市原君塚郵便局 1989(H元)年4月17日開設

妙見山郵便局【廃止】 1990(H2)-7-2(代替簡易有)
豊能東ときわ台郵便局 1990(H2)年7月2日開設

榛原比布郵便局【廃止】 1990(H2)-10-1(代替簡易有)
榛原新町郵便局 1990(H2)年10月1日開設

永治郵便局【廃止】 1991(H3)-8-25(代替簡易有)
木下駅前郵便局 1991(H3)年9月17日開設

天見郵便局【廃止】 1993(H5)-1-18(代替簡易有)
河内長野美加の台郵便局 1993(H5)年1月18日開設

百済郵便局【廃止】 1993(H5)-6-7(代替簡易有)
広陵真美ケ丘北郵便局 1993(H5)年6月7日開設

多羅尾郵便局【廃止】 1993(H5)-6-7(代替簡易局有)
草津若草郵便局 1993(H5)年6月7日開設

鮎河郵便局【廃止】 1993(H5)-6-7(代替簡易局有)
甲西大池郵便局 1993(H5)年6月7日開設

奈佐郵便局【廃止】 1993(H5)-7-26(代替簡易局有)
豊岡高屋郵便局 1993(H5)年7月26日開設

岡山馬屋上郵便局【廃止】 1994(H6)-3-21※場所不明 住所は岡山市(北区)富吉2625-3
岡山吉宗郵便局 1994(H6)年3月22日開設

大沢郵便局【廃止】 1996(H8)-9-29
大子池田郵便局 1996(H8)年10月14日開設

君津下湯江郵便局【廃止】 1998(H10)-6-28
君津外箕輪郵便局 1998(H10)年7月13日開設

上総中郷郵便局【廃止】 1998(H10)-6-28(代替簡易有)
木更津請西郵便局 1998(H10)年7月13日開設

種平郵便局【廃止】 1999(H11)-6-30(代替簡易有)
秋田外旭川郵便局 1999(H11)年7月12日開設(廃止簡易有)

中渚滑郵便局【廃止】 1999(H11)-6-26(代替簡易有)
紋別大山郵便局 1999(H11)年11月15日開設

川崎扇町郵便局【廃止】 1999(H11)-11-1(代替集普有)
川崎ブレーメン通郵便局 1999(H11)年11月15日開設

甲府伊勢一郵便局【廃止】 2001(H13)-3-31
甲府大国郵便局 2001(H13)年4月16日開設

エミフルMASAKI郵便局 2008(H20)年4月23日開設
津和地郵便局【廃止】 2008(H20)-8-4(代替簡易有)

富谷明石台郵便局 2013(H25)年3月12日開設(震災で閉鎖中局多数)
仙台SS30内郵便局【廃止】 2013(H25)-3-30

広島NTT基町ビル内郵便局【廃止】 2013(H25)-3-30
広島県庁内郵便局 2013(H25)年4月1日開設(廃止分室有)

国際通り郵便局【廃止】 2014(H26)-1-14
真嘉比郵便局 2014(H26)年1月20日開設(廃止分室有)

浜松成子郵便局【廃止】 2014(H26)-3-21
浜松新都田郵便局 2014(H26)年3月24日開設

新潟旭町郵便局【廃止】 2014(H26)-4-19
イオンモール新潟南郵便局 2014(H26)年4月21日開設

和歌山宇治郵便局【廃止】 2015(H27)-2-28
ふじと台郵便局 2015(H27)年3月16日開設(県境越えすぐに廃止簡易有)

大山郵便局【廃止】 2015(H27)-2-7
南上原郵便局 2015(H27)年2月9日開設

知花郵便局【廃止】 2015(H27)-3-21
江洲郵便局 2015(H27)年3月23日開設

伊勢大世古郵便局 【廃止】 2015(H27)-3-7
伊勢御薗長屋郵便局 2015(H27)年3月23日開設(廃止簡易有)

函館高砂郵便局【廃止】 2015(H27)-3-14
函館石川郵便局 2015(H27)年4月1日開設

筑波農林研究団地内郵便局【廃止】 2015(H27)-5-1
つくば研究学園郵便局 2015(H27)年6月1日開設

旭川一条東郵便局【廃止】 2015(H27)-10-1
ひじり野郵便局 2015(H27)年11月2日開設

八戸常泉下郵便局【廃止】 2016(H28)-1-30
八戸田向郵便局 2016(H28)年2月22日開設

長岡殿町郵便局【廃止】 2016(H28)-3-12
リバーサイド千秋郵便局 2016(H28)年3月22日開設

船穂郵便局【廃止】 2016(H28)-4-29
印西牧の原郵便局 2016(H28)年6月1日開設

伊勢崎大手町郵便局【廃止】 2016(H28)-7-9
伊勢崎宮郷郵便局 2016(H28)年8月8日開設

 

長距離移転改称との区別が付きにくいのですけどね。

最近は金融庁からの指導?により長距離移転改称は不可能のようで、またこの様に新規開設すると歳入代理店の絡みで色々厄介のようですけど。

(初出 2015-04-13 02:13:07)

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

簡易郵便局における国際郵便取扱 その2

2017-09-13 | 局めぐDB

以前弊ブログ簡易郵便局における国際郵便取扱にて、かつて1999年の官報にて一度だけ国際郵便を取り扱う郵便局が公表されたことがある、と記した。

現在郵便局会社のサイトでは各取扱の有無が記載されているが、直営局が基本的に国際郵便を取り扱うためか、どの簡易局で国際郵便を取り扱うのかどうかは分からない。

ところで2017/9/6に、2016年より試行されていた国際eパケットライトが2017年10月より全国展開するにあたって「全国の郵便局(簡易郵便局16局を含みます。)で引受けを開始します」として、取り扱う簡易郵便局が公表された。

16局の内訳は以下の通り。

旭川医大病院内簡易郵便局
山形大学病院内簡易郵便局
富山大学病院内簡易郵便局
金沢医科大学病院内簡易郵便局
石川県立中央病院内簡易郵便局
金沢工業大学内簡易郵便局
藤田保健衛生大学病院内簡易郵便局
愛知医大病院内簡易郵便局
中部大学内簡易郵便局
岐阜大学病院内簡易郵便局
島大医学部病院内簡易郵便局
山口大学内簡易郵便局
大分医大ヶ丘簡易郵便局
宮崎大学医学部内簡易郵便局
鹿児島大学医学部内簡易郵便局
琉球大学病院内簡易郵便局

※これら簡易郵便局は簡易郵便局でありながら欧文日附印が配備されているものと思われる。

出典)
http://www.post.japanpost.jp/notification/pressrelease/2017/00_honsha/0906_02.html
http://www.post.japanpost.jp/notification/pressrelease/2017/00_honsha/0906_02_02.pdf


ところで冒頭で掲げた記事内の局と比較してみよう。
・国立大学法人化等で改称した局では継続使用
・岐阜大学病院内簡易郵便局が増えている(2004(H16)年6月1日設置
・中央大学内簡易郵便局と創価大学内簡易郵便局は廃止されたので当然無い。
・別府国立簡易郵便局が何故か取扱対象でなくなっている。

大学内には留学生も多いだろうから国際郵便を取り扱う需要があると判断されたのだろう。
病院内はよくわからないが、海外の医療機関と頻繁に郵便物をやり取りしているのだろうか?
中央大学内簡易郵便局は2003年に特定局に昇格することにより廃止された。一方創価大学内簡易郵便局は2007年に廃止されているが特に代替局はない。

 

ところで、
https://plaza.rakuten.co.jp/kawaratadasuke/diary/201002110001/
おそらく創価学会員の方が開設されているであろうブログに創価大学内簡易郵便局設置に関する顛末が紹介されている。原典は聖教新聞の連載記事と思われる。

一九七六年(昭和五十一年)の三月十五日には、通信教育棟が竣工した。
>事務室や会議室、教室などからなる、鉄筋コンクリート四階建ての校舎である。
>また、三月三十一日には、大学内に簡易郵便局が開局した。
>通信教育部の開設によって、大学から発送する多大な郵便物に、対応する必要があったからである。
>また、寮生をはじめとする学生や、地域に住む人たちの利便性を考慮してのことでもあった。

通信教育部の存在が簡易郵便局設置の根拠になったというのは興味深い。
ただ「多大な郵便物」対応において、封入などは郵便局の仕事ではないし、料金計算などは八王子郵便局の担当者が出向けば済む話である。「寮生をはじめとする学生や、地域に住む人たちの利便性」については強いて言えば1997年に近隣に八王子丹木郵便局が設置されているので、廃止時点においてはそれで事足りると判断されたのではないか。

「大学内に簡易郵便局が開局」とあるが、肝心な話として当時簡易郵便局の受託は個人や農協、市町村などの一部法人に限られており「学校法人」や「宗教法人」は簡易郵便局を受託できなかった。そのため中央大学内簡易郵便局、創価大学内簡易郵便局のいずれも個人受託(おそらく大学の職員だと思われる)の簡易郵便局であった。その確保もなかなか一筋縄では行かなかったであろう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

沖縄・大東島局めぐ妄想

2017-06-27 | 妄想局めぐ

南大東島~北大東島巡り案を考える

★行程案
案1.北大東一泊コース
那覇発火水木のみ。
那覇9:35~10:40南大東15:20~15:35北大東
(泊)
北大東15:20(16:00)~17:15那覇

案2.日帰りチャーターめぐ
マイルを使う場合、北大東→那覇直行便である必要があるので火水木のみ可能。
那覇9:35~10:40南大東
(漁船で南大東→北大東移動※1)
北大東15:20(16:00)~17:15那覇

※1「だいとう」が南大東島先行航路で3日目に当たった場合、
南大東14:00→15:00北大東
で「だいとう」が利用出来るが、北大東島での行程がかなりタイトになる。

漁船チャーターは2万程度らしい。

案3.片道飛行機、片道船
那覇9:35~10:40南大東
南大東14:00→15:00北大東16:00→那覇7:30

「だいとう」が南大東島先行航路で3日目に当たる場合のみ可能
北大東島での行程がかなりタイトになる。多分無理。

案4.全て船。1泊4日コース。
・南大東先行航路の場合
那覇17:30→10:00北大東
北大東16:00→17:00南大東
(泊)
南大東14:00→4日目の7:30那覇

・北大東先行航路の場合
那覇17:30→10:00南大東
南大東16:00→17:00北大東
(泊)
北大東14:00→4日目の7:30那覇

案5.片道船、片道飛行機。1泊3日コース。
・南大東先行航路の場合
那覇17:30→10:00北大東
北大東16:00→17:00南大東
(泊)
南大東11:20~12:25那覇

・北大東先行航路の場合
那覇17:30→10:00南大東
南大東16:00→17:00北大東
(泊)
北大東15:20(16:00)~17:15那覇



★費用考察
1.正規往復割引運賃で行く

○メリット
・案1が可能
×デメリット
・県補助金が2015/3/31で切れるからそれまで(→以降その都度制度は維持されています。ただしいつ廃止になるか)。それ以降はべらぼうに高くなる。

結局JALのJGC修行を兼ねて、この方法で2017年に訪問しました。

2.マイルを使う
一昨年位から大東便も特典航空券対象になった。
○メリット
・マイルがあるのなら少なくとも大東までは一番安い
JALカード会員なら2014年度は10000マイル、2015年度は9500マイル。
・無理に大東往復で使わなくても片道航空の案3、案5で東京→那覇→大東といった使い方も出来る。
×デメリット
・制度上案1が不可能。
・マイル枠が無ければダメ。漁船チャーターめぐが前提になるので、同好者を集うと同好者の間で枠の奪い合いになるかも。
・そもそもマイルが無ければダメ

3.株主割引券を使う
旧JALではRAC便は使えなかったが、再上場時から使用可能になった
○メリット
・航空を使う全ての案で可能。
・運賃が半額になる
・金券屋で4~5000円くらいで入手可能。期限切れ間近の投げ売り(次はGW明け)に期待
×デメリット
・自らの株主割引券にこだわるのなら3月or9月までに権利確定して6月or12月からでないと使用出来ない。

4.「だいとう」を使う
○メリット
・費用は航空に比べ安い。往復割引10830+島間850=11680
×デメリット
・年間70航海しかない。日程調整が面倒。危険物搭載の場合は泊港でなく那覇新港からでるのでアクセスを考える必要もある。
・日数がかかる。
・船が欠航したらアウト



他の沖縄県内の未訪局についてはこちら

コメント
この記事をはてなブックマークに追加