主婦&薬剤師ゆうこの ワガママにっき

主婦&薬剤師のふたつの顔を持つ
変なおばちゃんの日常を気の向くままに綴ります。 

飛騨古川~あの名作の郷

2017年04月20日 07時53分47秒 | できごと

4月21日は息子の24歳の誕生日。

男の子はこれくらいの年齢で華々しく散ることが多いらしい。

誕生日なので週末にあの名作の郷「飛騨古川」に3人で行ってきます。
旦那君は相変わらずブラック全開で先日は家の滞在時間4時間。夜中の1時に帰宅し、5時に出勤。

でも息子の友達よりはまし。
憧れのIT企業のSEになれたものの寝袋持ち込みで家に帰るのは月に数回。

時間に追われ人に気を使う日々だからこそたまにはのんびりと。
息子が日曜日に休めるのは滅多にないし、娘が仕事に就く前に想い出を作りにいこう!

が、しかし…。

お金かかるから頑張って働かねば。

ふと気がつけばもうすぐ57歳、定年まであとわずか。
当たり前のように働いてるけどもうすぐ全てが終わる。

THE END になるよりも、フィニッシュを決めたいっ。
それには日々を後悔のないように過ごすこと。
できることならば花束を抱いて引退したいけど、体力がそこまで続くだろうか。

あと3年。

稼いでるうちに行きたいところに行こうと思う。息子や娘から誘われるうちが花だから。

最期は夫婦ふたり、そしてどちらかが先に天に召される。

別れは必ず来るのだから後悔のないように生きていきたい。

話題の映画、何度観ても感動する。
息子は7回観たらしい。

今の日本で忘れられ失われたものがそこにはあるから。

君の名は…。

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
« 介護とか在宅とか | トップ | このイライラをどこにぶつけ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む