主婦&薬剤師ゆうこの ワガママにっき

主婦&薬剤師のふたつの顔を持つ
変なおばちゃんの日常を気の向くままに綴ります。 

切なすぎる自分の人生

2017年07月12日 03時17分42秒 | できごと

りんぐさんとの会話で思ったこと。
振り返れば振り返るほど切なすぎる自分の人生。

なぜ親の言いなりにしか行動できなかったのか。

なぜあんなにも真面目に生きてきたのか。

つんでれればよかったのに。

他にも生き方があったのに。

今日は主婦業を半分放棄して娘とカラオケにゆき、家族でお寿司を食べた。

洗濯はしたけど掃除はさぼった。
料理もさぼった。
でも何も支障はきたさなかった。

せっかくのオフなのになぜか主婦業をちゃんとこなそうとする。
完璧主義が仇になってる?
そのくせ結果は中途半端。
モヤモヤしてスッキリしない。

どうせ片付かないのだからあきらめればいいのに。

ばばはグループホームで穏やかに暮らしてる。
だいぶ認知症が進みもはや昔の姿はみられない。
だからもうチェックを入れられることもないし、どうってことないのに、

母親の影に怯えてる。

仕事中はブレイン君に怯えてる。

テニスでは自分自身に負け、自信が持てずにオドオドしてしまってる。

もう誰にも縛られずに生きていいのだから怯える必要はないし、面倒なことには首を突っ込まなければいいのに、周りに気を使って疲れてる。

バカみたい。りんぐさんのいう通りだ。

もっとやることあるでしょ~。
ぐでたまにも言われた。(←サンリオピューロランドにて)

自分のなかに眠ってる才能が引き出されてない気がする。
もっとなにかができるはずだ。
自分の知らない自分がいる。
封印を解かないと。

しばられたままではつまらない。
自由に生きるためには人に気兼ねしないことが大事だ。

でも永年後ろ指さされないように生きてきたから…。

自由に生きることに慣れてない。

でも残された人生を楽しむためにも目をつぶるところは目をつぶろう。

それが次の目標かもね。

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« いま思えばなつかしい思い出... | トップ | 価値観の相違 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
免許の奴隷、呪いを解け (りんぐ)
2017-07-12 12:27:18
底辺私大は、一般家庭では到底支払えないような高額な学費を親が出す。薬剤師免許は「親の思い」だから、やめられない。免許の奴隷。

共通一次でビビるほど勉強ができない。だから、薬剤師国家試験も苦労する。苦労して取った免許だから、やめられない。

男性や正社員でキャリア積んでる人から見ると、失笑モノのパートの時給比べの「勝ち組」の座を捨てられない。

親と大学で呪いをかけられて、免許の奴隷。目を覚ませ






りんぐさんへ (ゆうこ)
2017-07-12 21:21:55
なるほどなあと思いながら読ませていただきました。ある意味もやもやが晴れたかもしれません。高い学費を払ってもらって、苦労して資格を取得したから資格を活かして元を取らなければと躍起になっていたのかも。
免許の奴隷は親の奴隷 (りんぐ)
2017-07-14 12:38:40
底辺私大の薬剤師は、高い学費を払ってくれた親のため、「薬剤師やってる自慢の娘」を老いぼれるまでやり続ける。

「うちの娘は薬剤師。ただのOLじゃないのよ」
「うちの娘は薬剤師。ただの主婦じゃないのよ」
「うちの娘は薬剤師。年を取っても働ける」

旦那や子供に目もくれず、「免許のおかげでは働ける。ありがたーい」と叫びながら、へとへとになって働く。体にムチ打って働く。

親の奴隷。

底辺私大卒の薬剤師免許は呪われている。使わないと「もったいないお化け」が出てしまう。

呪いを解いて、奴隷解放。

Unknown (Unknown)
2017-07-14 18:23:17
まっ、病院勤務の40代未婚子無しに自由を語れても相手するの困るわな。

コメントを投稿

できごと」カテゴリの最新記事