主婦&薬剤師ゆうこの ワガママにっき

主婦&薬剤師のふたつの顔を持つ
変なおばちゃんの日常を気の向くままに綴ります。 

母の日に

2017年05月14日 10時13分04秒 | できごと

テレビをみていたら母の日に旦那様から何をプレゼントして欲しいですか。という特集を放送していた。

アクセサリーとかいろいろな答えが出ていたけど、

母の日は子供が母親に感謝の気持ちをあらわす日じゃないのかなあ。

去年ばばにミニ胡蝶蘭の鉢植えを送ったらとても喜んでいた。
でもそのあとに、「これ、お誕生日のプレゼントでしょ?あなたに母の日の贈り物をしないとね。」
たしかにばばの誕生日は5月15日。母の日と近いので勘違いしてもおかしくはない。
が、しかし、どうやら私のことを母親だと思い込んでるみたいで。ごはんも用意してくれるし身の回りの世話もやいてくれる「おかあさん」と。
複雑な心境だったのを鮮明に覚えてる。

ところで、母の日に何をプレゼントされたら嬉しいか。
母親にとって我が子からの贈り物はどんなものでも嬉しいものだ。
だからこどもからもらったものは大切でいとおしくて捨てられない。
(小さい頃しかもらえなかったりするんだけど。しかも幼稚園とか小学校でのイベントの一環だったり…。)

もしも母の日にプレゼントがもらえるとしたら何が欲しいか考えてみた。

テニスのラケットは去年買った。
自分で稼いでるので、結構欲しいものは買っちゃってる。

何がいいかなー。

そういえばもうすぐ誕生日だ。
誕生日プレゼント何がいいかなー。

思いを巡らせてみる。

でも残念なことに、旦那君も息子も仕事が忙しすぎて、娘は自分のことでいっぱいで、

たぶんこのまま忘れられて過ぎ行く気がする。

娘がすみっこぐらしのフェアに行きたいというので、一緒に東京へ。

仕方がないから母の日記念にと、自分で買いました。



ぺんぎん?のパスケース



ぐでちゃんのトミカ

精神年齢12歳なものですから。

そのあと娘の家に寄り、災難の後片付けをして、夜遅くに帰宅。
学校というものが心底嫌いになりました。
ほとぼりがさめたら全面的に撤収するのですが、まだまだ心の整理がつきそうにありません。

明日はばばのバースデーなので仕事はお休みをいただき、久しぶりにグループホームにばばに会いに行こうと思います。

と、いうわけで、やっぱりひとのために時間を使うことがほとんどのようで…。

自由になりたい。ゆっくり寝たい。

欲しいものは睡眠時間かな。それとも余暇?

お金稼いでるからよしとするか。
余暇に恵まれるということは仕事が少ないかないってこと。
それはそれで嫌かも。

主婦にとって自由に使えるお金は最高の宝物。大事に使いたいのに、なかなか状況が許さなかったり…。

せめてものぜいたくでお風呂にゆっくりはいるとするか。

お風呂の中で居眠りしてしまうほど疲れる今日この頃。
結局娘の学生生活はいばらの道しかなかったし、卒業後も将来見えないし。

不安と不満とストレスで劇太り。健康診断がヤバイっ。

あと2週間の間に少しでも痩せないと「メタボ」のレッテルが貼られてしまう。

が、しかし、ストレスたまってるときって甘いものほしくなるのよねー。
糖尿病予備軍から糖尿病になる危険大。

なんとかせねば。

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 薬剤師の立ち位置はどこなのか | トップ | 89歳のバースデー »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
うちの母の日 (さよこ)
2017-05-15 11:20:01
私は別居嫁なので、プレゼントを持って、夫の母に会いに行きました。
夫の母は、数年前家を建て、夫の姉一家と同居しています。
おかげで私は、長男のヨメなのに、ラクさせてもらっていて、ありがたく思ってるのですが。

久しぶりに会ったので、義母と話に花が咲いていると『一緒に暮らしてると、色々ある』と義母が言うので、『でもおかあさん、実の娘と暮らしてるんやから』と、ついとりなすように私が言うと
いきなり
『娘は実の子やけど、その婿は他人なんよ!』と
食って掛かるような言い方になり、びっくり。
色々不満が溜まっていたんでしょうね。
あまりに怒っているので、何も言えず。
すると続いて『息子の嫁も他人なんよ!』と、嫁の私に言い放つので、ますますびっくり。

でも私、数年前は、『さよこちゃんのことはヨメと思ってない。ムスメと思ってるから、私ズケズケ言うのよ』と言われたんですけど?

ついでに言うと、そばで今黙って新聞ばかり読んでるあなたのかわいい息子は、母の日も、誕生日もあなたへのプレゼント選びなんかしないですよ?
全部、その他人のヨメの私が考えて用意してるんですけど?

家に帰ると、夫からねぎらいの言葉もなく、こどもからのサプライズもなく。
現在更年期で不安やイライラが強いので、また不眠。
母って、まわりの人に色々気遣いするばかりで、自分のことは、中々家族から気遣ってもらえないね。

と思っていたら、今朝、息子が
『おかあさん、いつもありがとう』って言ってくれました。
それだけで、気分はパーっと明るくなり。
我ながら単純なものです。

長々と失礼しました。(苦笑)
来年は、『母の日』仕事の予定入れようかな。ここ数年は仕事が休めず、今年は久しぶりに日曜日休みがとれたんですが。
さよこさんへ (ゆうこ)
2017-05-15 15:12:25
おひさしぶりです。お元気ですか?
更年期の時って身体が思うように動かないのにやらなければならないことだらけ。その上気持ちも浮き沈みが激しくて、自分が自分でなくなってしまいそうなほどですよね。
あのあと娘は恥ずかしそうに、「まだ仕事見つからないから何もプレゼントできなくてごめんなさい。おかあさん、いつもありがとう。あきらめないで頑張って生きてみるからね。ずっと見守っててね。」と。
じーんと来ました。
照れくさくてなかなか言えないけど生きているうちに気持ちは伝えたほうがいいかなーと思い、ばばの誕生日にグループホームに会いに行くことにしました。詳細はブログにて。
家族との時間を大切にしましょうね。お互いに。ついつい気忙しくてイライラしてしまって八つ当たりしちゃうけど、

自分のことをよくわかってくれてるのは家族なんだけど、普段はお互いにめんどくさいとか思ってて。でもいないと寂しい。
いざというときに助けてくれればそれでいいんじゃないかな。なんて思う今日この頃、別れの時は必ず来ることに気がついてしまったから、なおさら家族との時間を大切にしたいのかも。
もうすぐ57歳、人生のピリオドはすぐそこかもしれないし、はるか彼方かもしれない。
終わる頃になって大切さがわかることだらけで戸惑っています。
返信ありがとうございます (さよこ)
2017-05-16 09:55:53
ゆうこさんの娘さんの言葉読んで、
私までじーんとしちゃいました。(涙)
すてきな娘さんですね。

私は48歳ぐらいから更年期の症状が出始めて、今も、長いトンネルの中にいます。

職場は、平日休みで、土日祝日勤務のところなので、祝日がなければ、普段は週末2日しか働いていないのに、それだけで精一杯。
それなのに、昨年、突発性難聴を発症し、それすらもしんどくなりました。難聴と耳鳴り、耳閉感はそのままなので。

>(家族は)いざというとき助けてくれればいいんじゃないかな

そうですね。
突発性難聴で入院したとき、夫がずいぶん心配して、トイレ、シャワー付の個室に入ることをすすめてくれたのを思い出しました。
(突難はリラックスして過ごすことが大事ということで。)

中々自分で気持ちをコントロールするのが難しいけれど、できるだけ、色んなことに感謝して日々を過ごしたいです。
60歳ぐらいには元気になってるかなあ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む