主婦&薬剤師ゆうこの ワガママにっき

主婦&薬剤師のふたつの顔を持つ
変なおばちゃんの日常を気の向くままに綴ります。 

自分がやりたいことはなんなのか

2017年04月18日 19時19分05秒 | できごと

日曜日に町内会の総会があった。

4月といえば新旧役員交代の季節。
会社の分譲住宅なのでまるで社宅みたいな感じだから、輪番制で回っていたのにいつしかおかしなことに…。

高齢化でみな均等に年を取り誰かの手を借りなければ生活できなくなる人が増えてきた。

こどものところへ身を寄せる人も増えてきて、売りに出して新しい人が引っ越してきたり、二代目さんが帰ってきて同居したり、近所に新築した若い人も増えてきて…。

今年の総会は若い人が多かった。

質疑応答でわかったこと。それは規約がいつのまにかすり替えられていて、会長の任期が2年になってたり、他にもいろいろあって。

様々な意味で見直しが必要なようだ。

町会費を払いに行ったら、「われわれ若いもの同士協力して住みやすいまちづくりをしませんか?」と。

町内会長の任期の件で黙ってられなくなり、まるで父が乗り移ったかのように手をあげて正当論を述べてみた。
心の中の正義感がスルーを許さなかったのか…。

それが他の若い人の心に響き、世代交代のこの時期にお互い協力しあおうじゃないかと。

ここの地に家をたてて移り住んで46年の年月が経過した。

こどもの頃からの付き合いなので「ゆうこちゃん」と呼んでもらってる。
かなり強気な発言をしてしまったけれど、目くじらたてる人はいない。
なぜならみんな2年間は長くてお役が回ってきたらどうしようと思っていたから…。

退職してからなら時間的な融通をつけられるけど、現役世代はかなり厳しい。なぜなら周りの町内会とのお付き合いや様々なイベントへの協力等々昼間の用事も結構あるから。

だから社宅の時は三役は管理職と暗黙の了解があった。管理職ならば中抜けも可能だし、上司へのお伺いも不要。

おせっかいゆうこの老後の仕事、みいつけた。

やっぱ人のために生きるのが落ち着くみたいだね。

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
« おとうさん | トップ | 愛すべき人々 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む