主婦&薬剤師ゆうこの ワガママにっき

主婦&薬剤師のふたつの顔を持つ
変なおばちゃんの日常を気の向くままに綴ります。 

人生の決着をつけるときがまた来たってか

2017年03月20日 10時26分45秒 | できごと

家の中も頭の中も混沌としすぎていて、仕事以外は支離滅裂。

待ちに待った学校との縁切れの日が来たのだからもう我が家には学生はいないのだ。

さあ、新しい人生を始めよう。
あれこれ言う人もいるけれど、生き方も生きざまも人それぞれ。

人生にピリオドを打ちたい気持ちでいっぱいだけど、

せっかくばはを預ける先がみつかり家とお金を父に残してもらえたのだから、気持ちを切り替えて生きてみようか。

仕事に穴をあけると同僚にも薬局長にも迷惑かけるし、患者様に失礼だから。サカイ引っ越しセンターのように、

「仕事キッチリっ!」

たまにはNGもあるけれど、ちゃんと反省して次につなげてる。
わからないことはちゃんと調べてる。

真面目にしか生きられないことがわかったから、自分らしく生きていきたい。

でも、雑音には敏感に反応しオドオドしてる弱気な私…。

性格ってさ、死ぬまでかわらないんだよね。で、死人に口なしだから幸せな人生かどうかはわからない。

戻ってくる人がいないからあの世は平穏なのかな。

さて、お彼岸の中日だから墓参りとお施餓鬼料とお塔婆代払ってこようっと。

おはぎ、一人で食べるのは寂しいけど仏様と食べてると思おう。
父は写真のなかで優しく微笑んでるから。

一番の心の支えを失ってしまったけれど、家族がいて良かった。

心のなかで父は生きている。魂も心のなかで生きているから、がんばろうと自分に言い聞かせてる。

旦那君は多忙なのに合間を縫って九州へ。生きてるうちに母親に親孝行、父親のお墓参りも行くようだ。

どんな親でもこどもにとってはかけがえのないもの。うるさく言われて腹が立ったことも今では役に立つことばかり。

ありがとうと気づいたときは父は墓の中で母は認知症が進み、ワケワカラナイ。そんなものかもね。

なみこさんのおかげで少しだけ親孝行できたかも。今年は桜を見せてあげることはできないけれど、グループホームの方が花見につれていってくれると。

春なのに涙があふれます。

うれしいことより後悔だらけ。

身辺整理しながら心の整理もしないとね。

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
« 3日も休むと…。 | トップ | 嵐が »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

できごと」カテゴリの最新記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています