主婦&薬剤師ゆうこの ワガママにっき

主婦&薬剤師のふたつの顔を持つ
変なおばちゃんの日常を気の向くままに綴ります。 

ピアノ

2016年11月25日 20時57分05秒 | できごと

ピアノのレッスンは嫌いじゃなかったけど、練習は近所に丸聞こえだから恥ずかしくてほとんど初見に近い状態でレッスンを受けていた気がする。
先生ごめんなさい。

でも、仁王立ちで練習したのかと何度も何度も聞いてくる母親のことが嫌で嫌で仕方なかった。

やろうとしてるときにやれと言われるとやりたくなくなる。

ツンデレかもしれないけど…。

やる気になってるときに、ダメだしされてる感満載で声を聞くだけでドキドキするし、なかなかやらないことを責められてる気がしてダークに。

大切なピアノ。
それは母親にとってピアノを習わせている、高級なピアノを買ってあげたという満足感と周りへのいい母親だというアピールに他ならないのではないだろうか。なんて思ったり。

洗脳されて大切なピアノと思い込んでいたのにふたを開けてみたら



フエルトの部分を中心に錆が来てて、ピアノ線が数ヶ所切れていて。

修理できなくはないけど経年劣化で他も切れるだろうし、音合わせで締め上げるから耐えられないかもと。
1本あたり数十キロの力がかかってると。
ほら、ギターの弦も切れると弦が暴れたり凶器と化すじゃん。(っていうかギターも弾くんかいっ)。

修理できなくはないけど高額に。
昔のピアノでばばがメンテナンスしていたから鍵盤も健在。ふただけつやがなくなってるけど、塗ればなんとかなりそう。

もしもピアノが上手に弾けるのならば思いきって修理頼むけど(←費用はばばが)。

ソナチネどまりのゆうこにはそこまで気合いれる由縁がない。

それともゆうこがいなくなったときにデカ過ぎて処分に困る。
今家を建て直すにはまずは中のものを撤去してから壊さないとダメなんだ。
廃棄物処理法ってやつ?

タケモトピアノはいんちきらしいよ。
テレビを信じちゃいけないよっ(←山本リンダ風)。

ご近所さんの紹介でプロの方に見てもらい、金かけて修理と思いきって処分のふたつにひとつと。
ちなみに替わりのピアノはなんぼでもてに入るみたいです。
でも邪魔だから…。

電子ピアノあるから練習できるし。
別れの曲が弾けたら嬉しいかも。
自動演奏に入ってるけどね。

なぜか寂しさよりも解放された感が。

そうか。ピアノは母親そのものだったのか。

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
« ボジョレー・ヌーボー | トップ | 紅葉狩り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む