主婦&薬剤師ゆうこの ワガママにっき

主婦&薬剤師のふたつの顔を持つ
変なおばちゃんの日常を気の向くままに綴ります。 

初老期うつ病

2017年07月16日 13時37分31秒 | できごと

トドのように横たわる。
なんだか疲れた。やる気がでない。 娘の家から持ち帰った荷物もそのまま、宅急便の箱もそのまま。

辛うじて朝ごはんは娘と一緒に食べた。

仕事にいかない日だから?

こないだおばちゃん(←固有名詞です)が「今朝ね、どうしても仕事にいかきたくなくて、うだうだしてたらギリギリになっちゃって。」と。
ふたりでやる気のでない日の話題になった。

もしかして初老期うつ病?

どんな辛いことがあっても乗り越えてきたふたり。でもなぜかここのところボーッとすることが増え…。
休憩時間に電池が切れたロボットみたいにフリーズ状態。

閉経後にホルモンバランスのいたずらでイライラしたりクヨクヨ したりすることはどこかで読んだ。

今朝はゆっくりしようともくろんだけど回覧板と洗濯物が気になり結局早起き。もう東京に行く必要ないのにね。

回覧板を置きにいって裏のおばちゃんとおしゃべり。

「ねえ、すぐにとは言わないけど民生委員引き受けてもらえないかしら?」と打診が。

物心ついたときから跡取りとしての自覚を植え付けられてきた。町内会のお役もいずれは引き受けないと、と思ってはいた。

キターーーっ

今の状況では到底不可能だけど、今の民生委員が年老いる頃には状況が改善しそうな気配。

「でね、ゆくゆくはご主人に町内会長をお願いしようかと…。」
やっぱり来たかっ。

「おばちゃん、残念なことに主人は定年になったら九州に引っ込みたいみたいなことを言ってたよ。やりたいことがあるみたい。」

「あら残念。でもゆうこちゃんはここに残るわよねえ。」す、鋭く読まれてる。

ある程度の年齢になったらそれなりのお役を引き受けないといけないのが田舎のならわし。それが面倒だから町内会に入らない人も増えてきた。

今までばばがお世話になり、小さい頃からご近所さんとしてお付き合いさせていただいてきた人々だから…。
と、いいたいところだけど、なぜか広範囲に面倒をみないといけないそうで。

よーく考えよ~♪

とりあえず引き伸ばせるだけ引き伸ばして覚悟を決めるしかないかな。
お役も順送り、人のお世話も順送り。

これからの人生をどう過ごすか。
少しずつ見えてきたかもしれないな。

が、しかし、やる気がでないのは暑さのせい?それとも疲れたのかしら。

少し昼寝しようかな。(←しばらくおあずけたった。)

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 変わりゆく時代のなかで | トップ | すみっこ列車 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ゆうこさんへ (なみこ)
2017-07-16 23:44:20
こんばんは。

やる気が出ないのは、暑さと年令のせいじゃないですか?
熟睡できなから疲れがたまる一方。
体力も気力も免疫力も低下する一方。
60歳過ぎたら、今までテキパキ出来てた事が出来なくなって愕然とするばかりです。

休みの日は何もしないで過ごしたいけど、それすら許されないのが主婦。
私は、洗濯と晩御飯を作るだけと決めてます。
それ以外は、我慢出来なくなった時か気が向いた時にしかやらない。

うつは、やっかいです。
元気にしてても、夕立前後の気圧の変化で急に座っているのも辛くなるし、
台風だと寝てるしかない状態になります。
仕事を休んでしまったら、また引きこもりになるんじゃないかと不安になったり。

まだまだ仕事は辞められないので、とにかく頑張ります。
なみこさんへ (ゆうこ)
2017-07-17 16:51:03
心は歳をとらないけれど着実に身体は朽ちていくようで、鏡をみるたびにがっかりします。
でも素敵に歳を重ねていってる方を見ると勇気が湧いてきますよね。気を落とさず可能な範囲で頑張ればよいかと。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む