主婦&薬剤師ゆうこの ワガママにっき

主婦&薬剤師のふたつの顔を持つ
変なおばちゃんの日常を気の向くままに綴ります。 

89歳のバースデー

2017年05月16日 02時01分13秒 | できごと

5月15日はばばのバースデー。
お休みをいただいたのでセントケアのグループホームに滞在しているばばに会いに行った。

午後からのバースデーパーティーに一緒に参加しませんか、と誘われたけど、あえて午前中に行き、ふたりきりの時間を過ごしたかった。

前もって準備すればいいのに、当日になってメロディー入りのバースデーかカードを買いに行き、プレゼントを選ぶ。もっと早く買い物すればいいんだけど、まだまだ専門学校騒動の余韻が残っていて…。

サプライズで、前もって係のかたに行くことは伝えたけど、本人には内緒。サプライズってやつ?

「自分の誕生日忘れていたのよー。」とばば。「88歳になったのねー。」

いえいえ89歳ですから。来年は90歳、まだまだ元気で長生きしそうな勢いだけど…。

着実に老衰は進んでいて、脳細胞も半分程度しか働かないのかもしれない。いや、1/3かも。

変わり果てた姿。あんなに大切にしていたものとか人との関係とかだいぶ忘れてしまってる。

会話もところどころしかなりたたなくて、いろいろな話がごちゃ混ぜ状態。
でも私が忙しくて大変なことは理解できてる感じかな。

季節ごとにみんなで作品をつくって展示するみたい。
折り紙で作った藤の花とみんなの手形を集めて作ったこいのぼり。手形はうろこなわけ。

様々な工夫で脳細胞を刺激し、活性化を促す。認知症の治療には薬よりも愛情たっぷりの介護と同時になにかしらの生き甲斐や役割を与えることが必要なんだなーと思ってみたり。

小さく丸まってしまったばばはもはや教育ママゴンとか、厳しい人の片鱗など全くなくて、なんだか切なくなった。

やがて自分も老いてひからびて行くのだろう。みんなが通る道なんだけど、胸がしめつけられるような不思議な感情に戸惑う。

午後は娘の人生初の車の運転。ハラハラドキドキ…。
教官の先生おじさんがいいなーと言ってたけど若い先生だったみたい。
自分が教習所に通っていた頃の記憶はほとんどないけど、山梨県の岳麓自動車学校で教習を受けたから路上が河口湖コースと山中湖コースで…。
昔はパワステなんてなかったし、シフトレバーはハンドルに付いていて…。

時代の流れですかね。

でも娘は慎重派で怖がり。
「あんなに大きいものを動かすこと自体奇跡に近いと思う。」と。
ちなみに車種はマツダ アクセラ。
バカ息子の愛車と同じサイズ。
確かにデカイわ。

ゆうこのときはセドリック。
デカすぎてクランクとかS字とか四苦八苦。よくぞクリアできたものだと思うわ。

ちなみに教習所はばばの家から近くて通うのには便利。
どうか無事に卒業できて、運転免許試験受かりますように。

ベッドタウン化が急速に進み、街中の風景も変わりつつあります。
落ち込んでばかりいないで前を向いて歩んでいかないと。ね、なみこさん。
名古屋が近いことがわかりました。そのうち会えるかもしれませんね。

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
« 母の日に | トップ | 疲れが出やすい時期だから »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む