筑前の国からこんにちは!

北九州市を中心に、福岡県とその周辺の情報を発信していきます。

長い冬を超え、ロベリアがまた咲いた。・・・2017年筑前のガーデニング日記(2)

2017年05月19日 17時44分22秒 | 


ロベリアは昨年(2016年)花を次々に咲かせ、楽しませてくれた花です。


この時期になれば、花屋で新しいロベリアを容易に手に入れることが出来ますが、
2016年に楽しませてくれた花をもう一度世話したいいう思いが強く、
本体と挿し芽のどちらかで冬越し出来ないかトライしてみました。


先日、花屋で様々な色の元気いっぱいのロベリアをみました・・・、
こちらのほうが明らかに綺麗で欲しくなりましたが今がまだ決めていません。




昨日(5月18日)の本体と挿し芽で冬越しした状態です。
本体は枯れてはいませんが花が付きません、挿し芽の方は苗段階でぐんぐん成長し、
次々に花を咲かせてくています。


5月18日 挿し芽で冬越え 多くの花をつけてくれています。


5月18日 本体で冬越 枯れていないものの花はつかない。




***********************************************************

経過


本体のまま冬越                      挿し芽にて冬越   


2016年


 9月 3日 
十分楽しめるほど花がついています。                          

                                                                          

9月 16日
                             挿し芽 しっかり根付く。

                                                  

9月 23日
花落ち激しくなる。                     
                                                                                               

10月 15日
                                         挿し芽はしっかり成長中
                                   


10月 27日
  

                                                   

11月 29日
                          苗を植え替え
  
                                                      

12月 25日 
花はなお咲き続ける。           成長著しい。

      




*********************************

2017年

1月 29日 花はなくなった。        本体以上に大きく育つ  

  

2月 23日
   全体に縮小気味            伸びすぎ、どうしたら良いか思案中

    


3月 12日 
  姿勢を整形               葉が溢れてきた、困ります。

   


4月 18日 
 枯れて来出す。                姿勢整形  
   


5月 4日 
葉の枯れが目立つ              葉の枯れが目立つ

   


     5月 10日 手入れ前
                        花が咲きだした!。
     

 手入れ後 枯れ葉などを除去、整形手直し
  



最終
 5月 18日
  


挿し芽分は見事に成長し、日々花開き楽しませてくれています。

本体冬越し分も未だ枯れないのでこのまま様子を見ていきたいと思います。

ロベリアの花は、入手も容易で購入価格もリーズナブルなので
冬越しなどせず一年草扱いらしいのですが、

年を越してまた咲き出すと可愛さは一段と増すものですね。


人気ブログランキングへ

 






ジャンル:
ウェブログ
コメント (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 可愛い伝説の花「戸畑あやめ... | トップ | 神秘的なエメラルドグリーン... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
手塩に掛ける (大連三世)
2017-05-19 20:42:23
やはり手塩に掛けたものには情が移りますね。
やすいから買えばいいというものではなさそうです。
挿し芽でうまく育つものなんですね。
こんばんは☆ (ベル)
2017-05-19 23:08:14
自分で育てた花は愛しいよね(^O^)
うちにも育ててるのに花を付けてくれない植物が有ります。
去年の秋娘がホノルルに行った時、買い足ししたプルメリア、
10本買って来て、残ったのは2本だけでした。
後は全部、根腐れしたみたいです(ー。ー)
ガラス温室に入れて育てたけど、秋植えは弱いです(^^ゞ
ブーゲンビレアは、いくらでも挿し木が出来るので、
結構増えますが、これも中々花がつかない(T_T)
でも何とか頑張って育ててます(笑)
初めまして。 (八ヶ岳)
2017-05-19 23:21:57
ロベリアかわいいですね。 私も大好きです。
我が家のロベリアは、溢れ種が毎年出てきます。

差し芽をなさったりと色々楽しんでいられますね。
有る程度伸びたら上をカットすると、下から新しい芽が沢山
出てきます。 そうなるとこんもりします。
おはようございます (imaipo)
2017-05-20 08:04:35
色々とトライされてますね
挿し芽で冬越して開花とはすごいです
花づくりも奥が深いですね。
おはようございます (ヒューマン)
2017-05-20 09:02:24
詳細な成長記録はさすがですね
財務省や文科省 見習うべきです。でも記録は残っているはずですよね
こんにちは (ふーちゃん)
2017-05-20 11:12:10
良裕さん
花によって育てる違いもありますね。
水の加減なのも含め
一つひとつその持ち合わせによって
すくすくと花を大きくさせるのでしょうネ。

「愛情の深さ」に反し
時には期待を裏切ることも(>_<)

伸び伸びと育ちますように・・・(*^_^*)
大連三世さんへ (筑前の国良裕)
2017-05-20 12:08:27
我が家で咲くロベリアに比べ、販売しているロベリアは新鮮で生き生きして美しいですが、せっかく冬越したロベリアがあるので買う気が起きません。
挿し芽であまりにも生長が早いので処置に戸惑いましたが、なんとか昨年の時の咲き方をしてくれています、同じDNAなので功を奏したのでしょうね。
Unknown (Saas-Feeの風)
2017-05-20 15:56:18
いつも栽培記録をしっかり残されていて脱帽です。
挿し芽から生長してくれると、
次には花が咲いてくれ~と願います。
花の生長は嬉しいものですよね。
ベルさんへ (筑前の国良裕)
2017-05-20 18:11:25
花が咲いてくれて、世話を続けてよかったとつくづく思いました。
可愛いものですね、花が咲いているものを買ったものとは接し方が違います。
プレメリア、ブーゲンビレア、今ひとつ満足行かないようですね、継続は力なりといいますがガーデニングの世界でも通用する言葉ですね。
ブーゲンビレアは好きな花ですよ。
八ヶ岳さんへ (筑前の国良裕)
2017-05-20 18:21:27
昨年世話をして楽しめたので、できるだけ同じDNAのロベリアを育てたいと、挿し芽にトライしました。
いや~、見る見る間に成長してどうしょうか途方に暮れました。
結局、1m以上になって来たのでやむなくカットしました。
もう少し早いとこんもりしてきたかもしれないですね。来年もトライしてみようと思います。
ありがとうございます。
imaipoさんへ (筑前の国良裕)
2017-05-20 18:32:20
同じ花のお種類ではなくて、同じ花のDNAを持つ花を育てたいと思いました。
ネットで調べて挿し芽をしました、挿し芽をした後の育て方はネットには出ておらず我流でした。
いっぱい花がついています、良かった~。
本体はまだ花がついていませんが、枯れていません、しばらく継続して育ててみたいと思っています。
ヒューマンさんへ (筑前の国良裕)
2017-05-20 19:04:42
ブログ記事というより記録になってしまいました、お恥ずかしい限りです。
在職中、会議議事録の記録を良く取らされました(笑)。
保管期間は決まっていて、財務省や文科省の言っていることが信じられません。
出席者に記事内容に異議がないことを確認して正式発行をしたものです。
ふーちゃんへ (筑前の国良裕)
2017-05-21 00:20:57
花によって育て方が違いますが、中々品種ごとに分けて守れません。
とにかく、どの花も日に当てる、水・肥料を定期的にやる、朽ちた花や葉は気が付き次第取り除くくらいしか出来ません。
数少ないうまくいった例だけをUPしています、失敗例は数多くありますがその経験もまた役に立つと思います。
Saas-Feeの風さんへ (筑前の国良裕)
2017-05-21 01:10:21
挿し芽は中々楽しめますね。
根付くか、成長するか、花がつくかとそれぞれ期待をしながら見守るようになりますね。
成長の過程を見ることは何事も楽しいですね、花や蕾がついた苗を買って育てるのは山場から様子を見るので生長の感動は味わえないですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL