暮しを楽しむアイディアノート

2012年の引越しを契機に新しい暮らしを楽しむためのアイディアをメモしています

最初の一歩を踏み出すためにはまず「形から入る」

2017年05月19日 04時40分33秒 | アイディア

暮らし方や楽しみ方を新しく始めるための「最初の一歩を踏み出す」時、まず最初に材料や道後を揃えたりして、「形から入る」というのが私たち夫婦共通の特徴かもしれません。

特に夫はあまり物を持たない人なのになぜか「用途に応じたバッグ」を持つのは好きみたいです。現役時代は「海外出張用大型スーツケース」「書類用アタッシュケース」、町内会役員をしていた頃は「町内会会議専用バッグ」をもって会議に出席、今は東日本大震災の影響もあって「防災グッズ用リュック」元の家を人に貸しているので大家業の為の「貸家のメンテナンス用バッグ」などがあります。

私も負けずに(?)「水彩画用バッグ」「ミシン道具まとめ用バッグ」「パソコン関連小物用バッグ」「図書館用バッグ」「ベッド近くの必需品をまとめたミニバスケット」と、実に細かく専用のバッグを決めています。(^^;

今は家計簿をまとめ付けする悪習を何とか改め、もっと効率のいいやり方を身に着けるための「最初の一歩」を踏み出すために準備しています。

どうしてレシート記入を溜め込んでしまうかと言うと、理由は簡単。パソコンの近くにレシートが入ったバッグがないとつい面倒になって後回しにしてしまうからです。パソコンを開いた時に最初に家計簿を付ける事を習慣にしてしまえばいいのですが、先に好きな事とか興味のある事をしていると時間が無くなってパソコンを閉じてしまう、と言うのが私の陥りやすいパターンだからです。だからレシートはいつもパソコンのそばに置く「パソコン関連小物用バッグ」に入れておくのが正解だと気が付きました。

レシートは紙とかビニール袋程度の柔らかな袋に入れたぐらいでは嵩張って固いコード類と一緒に入れるとグチャグチャになってしまい扱いが面倒になります。それでもっとハードなケースに入れておけばいいのだと気が付いて、机の中をあちこち探してみたら、100円ショップで買ったノート型に開くファスナーが付いている適度に固いプラケースが出てきました。これならレシートだけでなくメモ帳や鉛筆、クリップ、電卓なども一緒に収納出来るし、専用バッグにもぴったりと収まります。

これで家計簿記入を溜め込むことはなくなるはずですが、今朝もまた、このようにブログ記入しているうちに時間が来てしまいました。(~~;

 

更新の励みにランキングに参加しています。 

 

 応援クリックして頂けると嬉しいです。

 

     にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「過ぎたるは・・・・・」な... | トップ | 花粉症と盆地の暮らし »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む