うつ病を経験して

うつ病は人に理解されにくい病気です

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

うつ病を経験して

2017-06-22 21:09:30 | 日記
発達障がいやうつ病は現代病の代表格と言っていいです。老若男女誰でもなってしまい長期間患ってしまいます。生活の為に仕事をしないといけないですが、かなり影響が出ました。
まず朝起きたくても寝ている間に仕事のことを考えたり、恐怖心など色々あり身体が重く気分が乗らないのでなかなか起きれないのです。遅刻や欠勤をすることが多くなり仕事をしていてもミスが続き上司や先輩に指摘されて悩んでしまい何故か孤独感を感じたこともありました。
こんな感じで日々過ごしていたので自分でもおかしいと思い精神科を受診しました。薬の処方とカウンセリングを行って心の中に思っていることを吐き出して仕事と通院を続けていました。外に出てウォーキングなど簡単なものでいいので運動するのも気分転換になります。以前よりも症状が軽くなったのでこれは自分に合っていたのかなと感じました。
今は就職転職支援サイトを見るくらいにまでなりました。うつ病は人に理解されにくい病気ですが長期的に考えてあまり無理せず過ごすのが最善なのかと思います。



◎ある日突然訪れた病

私はある精神的な病を今も抱えています。

それはある日突然訪れました。
私には年子の子供がいます。二人の入園、入学が重なり、あれもしないと、これもしないと、とバタバタしていました。
旦那は仕事が多忙なため寝不足もあり、疲れてるだろうと思いできる事は一人でしようと決めていました。

そして、入園式が間近になった、ある日の晩、子供の入園準備をしている最中、突然息苦しくなり、過呼吸状態になり、このままだと私死んでしまうと考えてしまいました。
そして、父親を呼びそのまま病院へ行きました。
脈も、血圧も異常無し、だけど何故か苦しい。
病院で看護士さんとお話しをしていると、だんだんと落ち着いてきました。
私はその時初めて看護士さんに今自分が思ってる事を話しました。
それから私は実家に帰り、家事や育児何もやる気が出なくなり、外には出たくなくなり、ひたすら寝る日々を2週間ほど過ごしました。

どうあるの?と体調を聞かれても、どこか痛いわけじゃない。何て伝えてよいのかわからず、聞かれる事自体もストレスになってました。

気持ちも落ち着いてきて、少しずつ動けるようになり、病院へ再度行く日になりました。
そこで先生にいわれたのが、不安障害、適応障害でした。

その日から戦いは始まりました。
頭痛がはじまり、理由もなく息が苦しくなる、薬を飲んで落ち着く、負担の掛からない転職支援サイトを覗く、そんな日々を今も毎日すごしています。

発達障害者 就職
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 考えさせられました。 | トップ |   

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。