遊々青森

むつ湾をメインに釣り三昧!青森の自然を満喫してます。

オリチュン

2013年09月20日 13時51分32秒 | ハンドメイドルアー
青森のマダイ釣り師達はこう呼びます・・・「オリチュン」
既製のリグを、自己流にアレンジ、チューンナップする事をオリチュンと呼び、当地青森では結構流行っているようです?(って、本当はかなり前から流行っている・・・
やってみると楽しくて、ノーマルだと物足りなくなります!
エアーブラシ始めました。
何回か挑戦して、思ったよりも楽しくて「何にでもペイントしたくなる病」に掛かってしましました
多分、一番安いクラスのエアーブラシとコンプレッサーだと思うんですが、結構使えます。(もちろん個人的な意見、感想です!他は使った事が無い

</object>

YouTube: スプーン(ルアー)オリチュン(オリジナルチューン)


楽しさが伝わると良いんですけど・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エアーブラシ

2013年09月16日 20時11分13秒 | ハンドメイドルアー
なんだか楽しそうな「エアーブラシ」(*^□^*)v~☆
やってみましたよ~♪
完成度なんか後回し!・・・楽しいー?
やってみて、絶対に後悔無し!!!!!
P9160010


P9160017

初挑戦!こんなもんでしょう・・・v
これにセルロースで分厚いコーティングしてOK!
しなくても良いかー!?(今回は、釣れる釣れないは度外視!)

後日ドブ浸け!
分厚くはないですが、2度ドブ浸けしました。
赤が流れてしまいました~!(色止めしなかった・・・)

P9180012


P9180040


P9180009


P9180026


P9180044_2


P9180029

何やらザラツキがありますねー
塗料の薄め方にバラツキがあるようです。
でも自分で使うんだから OKです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

薄貝・作り方

2013年09月07日 16時51分01秒 | ハンドメイドルアー
第1段階
「薄貝の作り方」で検索すると、ほとんどは貝を削って薄く加工すると説明してあります。
私の言う「薄貝」とは、「真珠層を何らかの方法で薄く剥がして作るもの。」と言う意味なんです。
そんな方法があるのか調べたら、かつて何処かの職人が特殊な方法で真珠層を剥がして「薄貝」なる物を作っていたのは確からしい事が分かったんです。
その方法とは、貝を煮る!と言うものでした。
煮るったって、煮方が半端じゃないんです。
記憶が定かではありませんが、確か2週間とか、そんな単位じゃなかったでしょうか!?
とてもじゃないけど、そんな暇無いです!かりにやるとしたら、何人かで交代で火の番しないと出来ないですよね!
かなり無理があるし、現実的じゃないので却下!!
それで、その次に引っかかったのが、バーナーで焼くと剥がれやすくなる!と言うやり方でした。
「バーナーで焼いて直ぐに(60℃位だったかな~?)お湯の中でスライドするように力を加えてやる。」
すると、あーら不思議!真珠層がハラハラと剥がれてお湯の中に沈んで行きます。
ただねー、この方法だと真珠層の光沢がかなり損なわれるんですね!(残ねーん!)
第2段階
ここまでで分かった事は、煮るにしろ焼くにしろ熱を加えると真珠層の結合力に何らかの変化が生じる!と言う事です。
それから、多分ですが高熱を加えると真珠層の光沢が損なわれる!
真珠層が剥がれやすくなり、光沢を損なわない方法が長時間掛けて煮るなんでしょうね。
でも、先にものべたように、そんな非現実的な事をやっている根性も暇も持ち合わせていませんので他の方法を探しましょう。
そこで考えたのが、直火で加熱するんじゃなくて、間接的に加熱すれば良いんじゃないのかな?
あとは、加熱時間で加減を調節する(データを取りながら)。
一度だけ試して作ったのが、「YouTubeチャンネル」のタイトルバックの写真です。
大きいのは500円玉より一回り程大きいです。
貝の光沢も前よりは損なわれてはいませんでした。
あとは、焼く時間とか火加減を変えてデータを取れば何かが見えて来る筈なんです。
しかーし、根性の無い私にはそこから先が、不毛の砂漠を行く道に見えてしまうんですね
生来、時間のかかる事が大っ嫌いなんです(^^ゞ
ある程度は我慢するんですけど、「データを取る」って考えたら、「オレの仕事じゃねェ!」そんな言葉が脳を支配したんですねー(@_@;)
あれからもうすぐ1年・・・情けネー
「薄貝の作り方」で検索してここに来た方達に申し訳ないです。「ごめんなさいm(__)m」お詫びの気持ちから今までで分かった事を公開しました。
「そんなの知っていたよ!」と言う方はごめんなさい。
「へー、知らなかった!」と言う方は参考になれば幸いです。
疑問点がありましたらコメント下さい。(分かった範囲でしか答えられない私も初心者ですけど)
Pc220026

写真があったので1枚・・・
ちなみに、これはアコヤ貝です。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エアーブラシ&セルロース

2013年09月04日 21時29分19秒 | ハンドメイドルアー
チマタに出回るメーカーのジグやらミノー、・・・やたら綺麗だね!
素人は真似すんじゃねー!・・・くらいのインパクトあるよねー(≧▼≦)
完成度高いし!
でも、出来んじゃネ!・・・オレにも・・・(超安易だけどww)
とりあえずやってみようぜ~?
必要に駆られたわけじゃ無いんだけど・・・綺麗なの作るの好きだし
たのしそうだし!(^m^)v
と言う訳で、実は今日注文しちゃいました!
その分野では老舗のTAMIYAなんだけど、初心者向けのリーズナブルやつ!
初めてのエアーブラシ・・・大丈夫かな~(´Д`)
素人向けのキッドなんか販売しているわけだから、出来ないこと無いよね!(楽観!!)
セルロースセメントのコーティングも綺麗ですね!
セルロースセメントでキッチリコーティングしたルアーはピカピカで宝石のようです。
魚にはそんなの関係ないんでしょうか(^^ゞ

後日到着
P9050011_2

コンプレッサー小さいです。
この値段じゃ仕方ないですねー(´Д`)

P9050003

とりあえず説明書しっかり読んで・・・

P9050009

でもスイッチ入れてみると、ちゃんと動くゾッ!(うれしい!ハハッ(^^ゞ)
ラッカーが来る前にスプレーブース作らないと・・・無くてもいいかなー?
長時間作業する訳じゃないんだけど、でも体に良くないから換気がキッチリ出来るようなブース作れって・・・
先輩方の教え守らないとダメかな?
やっぱり作ります


コメント
この記事をはてなブックマークに追加