ロクデナシダイアリー

日々足掻き続ける1青年の独り言です

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

GW

2006-05-10 23:12:20 | Weblog
OHLA!!
久々の更新です
最近mixiなぞ始めてみました

さて
GWは故郷のTOKYOに帰っておりました。

そのときのスケジュールでも羅列しますわあ。

5/3 福岡空港より羽田IN
  実家に直帰し親にごますりすり
  夜11:00より友人の外人社長と六本木に直行
  オールナイト

5/4昼過ぎ起床
 部屋の整理整頓をする
 夕方より元同期と新宿でアポ
 相変わらずマイペース変わり者
 飽きない人でした
 夜11:00より再び六本木に直行
 のはずが何故か吉祥寺へ
 昔の知り合いの悪友達と再会
 キャバ梯子

5/5大学時代の不動産証券化ビジネスに従事する大親友と六本木でアポ
 昔話と将来について語り合いながらクラブに新規開拓へ
 終電にて親友帰宅 本日は5TELL番GET!!
 外人からTELL 六本木にいるとのことなので合流
 オール

5/6元々元カノと恵比寿で再会
 その後また外人からTELLあり
 六本木へ
 翌日帰九州なので終電で帰宅

  そんな六本木三昧なGWでした 
     

 ひでぶ!!!
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ぶらじーりあ

2006-04-24 00:07:11 | Weblog
ういー げーっぷ 脳みそぱっぱらぱー

ども更新してみました。半ばやっつけです

さて

「あるタイプの奴隷は自らの行為を強制されているのではなく自ら
望んでやっていることと思い込むことで奴隷でないと考える。しかも
そのような行為はほとんど無意識に行われ、自分で自分を欺いている
ことすら気がつかないのである。」

思い出は優しいし、裏切りませんが過度な甘えや依存は不毛でつよんよん
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

怠惰

2006-04-20 21:37:41 | Weblog
ブログの更新が滞る昨今
もうマスタベも飽きたのかもしれません

仕事に嵌る
女に嵌る
スポーツに嵌る
スロに嵌る
南の島に嵌る
バイクに嵌る


そう嵌る!!

この1年これがない!!

修行僧のような日々はもうええです
おかげで開眼できました

go go go!!

じゃ
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

WILLCOM

2006-04-16 20:38:54 | Weblog
今日WILLCOMを買ってみました。
何と月額2,900円でWILLCOM同士かけ放題!!とのことです
もちっと早く買ってれば100千円ほど浮いていたでしょう・・・
それにしてもこれほど安いなら、大半の国民がドコモなぞ解約して
WILLCOMに切り替えるのが当然の流れかと思われますが、意外とそう
でもない。

宣伝が悪いのか?
変化を恐れる日本人の国民性か?
WILLCOMにはデメリットがあるのか?
単に皆知らないのか?

どれが真相かは知らんが、中々新規参入組が世に認知されるのは
難しいみたいですね

なはっ


コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

今が一番辛い時

2006-04-08 23:59:03 | Weblog
ども!!!
特に書くことないけど更新してみました
(てか書きたい心境じゃない)

さて人生よほど恵まれた星の元に生まれた人
でなければ何かしらのリスクは取らねばリターン
は得られません

私はリスクをTAKEしたので今更ひけまへんが
まあ後はリターンを掴むだけですが人間弱い
生き物であることと、決してPOSITIVETHINKER
とは言えない自分なので今は精神的に辛いところ
ですが、まあ男の美学、あるいは信念とでも
言いますか、まだ生きる為の奴隷になるには
若い!!という結論に至りましたので・・・

まあ人生人それぞれです
自分が納得できる人生を送れればそれで
ええんちゃいますか(強引に思い込むことで
自己洗脳するのもええと思います)
ただ欝になったりSUICIDEするのは馬鹿らしいので
まあそうならないようにしたいですねえ

今日は証券化についてのお勉強で終わりそうです
普段頭使わないから難いわあ・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

固定資産売却損

2006-04-02 21:09:37 | Weblog
   
――――――――――――― 
車両運搬具 │ 現金
1、000、000  │ 1,000,000
        │
        │
        │ 


―――――――――――――――
未収金   │ 車両運搬具
722,000   │  1,000,000
        │
固定資産  │
売却損   │
278,000   │
コメント (1)   トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加

3/31

2006-03-31 00:56:18 | Weblog
ボナセーラ!!
皆さんオネムな時間中に書きコするナポレオンです
うひゃひゃ

さて3/31
明後日から新年度が始まります
新入社員になるもの
新入生になるもの
NEETになるもの!!

NOW!!
日々作業と数字に追われながらそこそこな給料だけは定期的に
与えられる毎日
BUT!
それと同時に自らのビジネスマン、しいては人間としてのレベルアップ
を犠牲にさせるような労働環境、居住環境

果たしてそれは幸せなのか?

人生死ぬために生きるのか?
人生楽しむために生きるのか?

分岐点 分岐点 じゃんじゃんじゃじゃんじゃん LET`S GO!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

年度末

2006-03-25 14:51:03 | Weblog
ども
春です
年度末です
花粉うざいです
会社・・・です

さて!!
私の属する企業は典型的な日本企業です
過去の成功例、経験則に基づく思い込みがビジネスモデルを未だに
支配しております
いわゆる思いつきを解決策と称して実行しようとします
更に!!
あれもやれ!これもやれ!全部やらねばならんのよ!!と全てに
対して頑張れという無茶な経営方針
他社商品と比較して遜色あるモノを高値で売ろうとする傲慢さ
できないのは営業が悪い!!!

そう
何が言いたいのかと言うと

Mou Damepoooooooooooooooooooooooooooo



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

陸の離島より

2006-03-18 20:21:19 | Weblog
 ども!!
最近仕事が楽しくて仕方の無い日々を過ごしております。

 さてしばらく滞っておった旅行記・・・
今巷でポピュラーなハードゲイと言えば「フォー!!」
「フォー」と言えばベトナムの麺料理
ってことでベトナム編行きます。

 そう
あれはタイのドンムアン空港からハノイのノイバイ空港へ飛ぶこと
1時間半
空港からバスで市内へ1時間
なのですがこの空港バスと市内の某カフェ(いわゆる宿兼旅行代理店)
と結託しており、全てのトラベラをここにぶち込もうとする。
私はすでに泊まりたい宿が決まっていたので(予約はしてないが)
しつこい勧誘を断固拒否し、歩いて目的の宿へ(1泊600円朝飯付き)

 宿も決まったところで翌日は市内観光へ
(前日の夜は同じ宿に居合わせた一橋大卒の三菱地所勤務の社会人1年
目の人と談笑していたので観光できず。その日はちょうど9月の連休期
間でした。彼は品川のマンションに家賃全額会社負担で住んでるとか言
ってました。)
 ハノイと言えば政治の町。社会主義国らしい建物や軍事施設及びアーミ
ーがわんさかな町であり、軍事オタクな人にはおそらくたまらない町かと
思われます。ところどころにあるホーチミン関係の建物や博物館を散策
しながら、ベトナムの歴史的背景を漠然とイメージできればもはやこの町
はつまらんので用なしです。
 後は適当にベトナムの小物等を物色しつつ、安くて旨いベトナム料理
(麺、炒飯、焼売ね)を堪能し、ハノイを去る準備に取り掛かります。
 さあ明日からホーチミンです。


 ちなみにこの町の夜の楽しみは知りません。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Amazing

2006-03-15 23:34:09 | Weblog
お問い合わせの件です。

1.第二新卒について(以下の第二新卒は、就業3年未満を前提
としておきます)ここ数年間で就業3年未満の案件が顕著に増加
してきているのは事実です。金融機関ですら、異業界の第二新卒
を受け入れるような時代になりました。(私が銀行に入社した頃
には信じられない事ですが...)決して誇大広告ではないと思
いますよ。但し、一概に3年未満であれば、等しく転職の機会が
あるかと言えばそんな訳でもありません。つまりは、就業半年、
1年、1年半、2年、2年半といったように、3年未満なりの就業期間
がありますよね?私はAさんの就業年数(1年弱)を第一前提にして
私見を述べてきましたので、その点はご理解ください。例をあげて
申し上げると、住友信託銀行は2年以上の就業経験、過去存在した
みずほコーポレート銀行の投資銀行部門案件もも2年以上です。
2年未満でも挑戦的に推薦することもありますが、実際のところ在
職中で1年6~7ヶ月くらいの就業期間のある方であれば、通過する
ケースもあります。(そういった場合は、書類選考のみより、セミ
ナー経由の方がより面接機会を得られるチャンスが多い感があります)
加えて、転職希望者の問題もあるのではないでしょうか?業界、職種
、規模、年収、勤務地といった諸希望により、選択肢が必然的に減る
のもまた事実です。



2.成功例
大手金融(若手のAG営業)からの成功例です。

みずほコーポレート銀行(入社後配属先決定)
住友信託銀行(個人営業)
りそな銀行(法人営業)
ジョンソンエンドジョンソン(営業)
タイコヘルスケアジャパン(営業)
ファーマネットワーク(営業)
住商ファーマインターナショナル(貿易事務)
拓人(営業)
エデュケーショナルネットワーク(広告営業)
三井住商建材(営業)
サイバーエージェント(営業)
楽天(営業)
カワタ(営業)
フォーバル(営業)
レジェンダコーポレーション(営業)
ブリヂストン(海外営業)
等々

英語や資格に顕著な強みがあるという人ばかりという訳ではありません。
むしろTOIECは500点レベル、業務上取得する
レベルの資格しか有さない方が大半です。
どの業界、どんな経験を積んでいる方でも同じなのですが、
やはり目的意識と志望理由が重要ですね。
過去にもお話したかと思いますが、企業が第二新卒を採用するメリッ
トを考える必要があります。つまりは、新卒と第二新卒の「差」です。
新卒は夢と希望を打ち出せば入社できる可能性はあります。然乍ら、
第二新卒は違います。
少ないながらも社会人経験は積んでいる訳ですから、夢や希望ではなく、
知った現実を加味した上での目的意識、その企業を志望する理由とその
裏づけ(自分なりの論理)を述べる必要があります。
転職をすること(現職から離脱すること)だけを目的とし、漠然とした
意見しか述べることができないのであれば、企業としても採用するメリ
ットはありません(新卒との差がないからです)私個人としては、正直
あまり過去の例は意味がないと思います。それぞれ一人一人の意見・考
えがある訳です。まねをできるものではありませんし、すべきでもあり
ません。


3.
「今いる企業がヤバそうなので転職したい」という理由だけでは当然
無理です。肯定的(同情的)に捉えてくれる訳がありません。
昨年、私がお手伝いした25歳の方で、同社からある投資顧問会社へ
転職した方がいます。その方はもともとアナリストになるのが終局的
な目的だった為、同社の災難は転職を早めるだけの一要因に過ぎませ
んでした。大事なのは、2と一緒でその方の目的意識と志望理由です。


4.現職中の転職活動
土日セミナーへの参加、無理やり有給取得、風邪を引いたことにして
休む、家族の事情という嘘で休む、といった感じです。
土日セミナーは、たとえ希望の業界でなくても参加機会があれば受け
るように薦めてはいます。
本当に興味が持てないのか?先入観だけの判断でないのか?という確
認、結果として興味が持てないという結論に至っても、先入観だけで
なく事実を知る事できちんとした判断をする材料を得られた事、
異業界への見識を広めることができた事、もともと希望する業界への
動機をより強固にする事に役立つことも多いからです。
(加えて、個別面接機会があれば面接の練習として...)
また、強い興味を持ち、当初の希望から転換してしまうようなケース
も多々あります。
私としては、それはそれで良いと思うのですけどね。
当初の希望が、イメージというか、漠然とした希望にすぎなかったと
いう証明でもあります。

辞めることは止めることはできませんし、最終的な判断はご自身次第です。
先般申し上げたのは、あくまでもアドバイスです。
それはご理解ください。

私は金融業界出身者を一人で担当していますが、感覚的に在職中の転職
活動が一番難しそうなのは証券会社です。
昨年一人だけ、現職を辞して転職活動に臨んだ若い証券マンがいました。
最終的には決まりましたが、途中はもう手当たりの応募になってしまい、
本人としては当初の希望とは乖離している選択をしてしまったのでは.
..と私としては複雑な気持ちでした(無論、ご本人が望んで入社され
たのですが)


5.今後
それなら現職で頑張って東京への栄転を目指してください。
結果として残された高い実績、その為の創意工夫の経験は、次の転職に
必ず生きます。




コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加