柳美里の今日のできごと

小説家、劇作家の柳美里のブログ

篠田さんは、嘘つきです。

2014年10月31日 17時44分08秒 | 日記

本日発行の業界紙 『メディア クリティーク』に、『創』篠田博之編集長のインタビューが載っていました。

「2012年6月に『創出版30周年記念&ジャーナリズムを語る会』を開催し、柳さんも参加されましたが、そのときに私個人で雑誌を1冊支えるというのは 無理なことなので、みんなで支えて続けていく方法はないかという提案があり、原稿料を出資という形に回していただくなど、いろいろなお願いをしました。だ から100万円単位で出資をしてくれている方もいるし、連載陣以外でもカンパや出資をいただきました。出資者は50人くらいになっています。いろいろな人 にサポートしていただいて雑誌を継続することにしたのですが、ただ、そのサポートのしかたはそれぞれ人によって違います。」

わたしは、業界関係者が集まる場所が嫌いなので、この手の会合やパーティーには出席しません。

それを篠田さんもよく知っているので、わたしには声を掛けません。

『創』編集部が主催するシンポジウムにも、わたしは一度も参加していません。

パネラーをやってくれ、とお願いされたこともありません。

『創』編集部とは、連載原稿を依頼され、執筆する、という関係のみでした。

篠田さんは、『創出版30周年記念&ジャーナリズムを語る会』に柳美里も出席したのだから、柳美里も『創』のサポートメンバーの一員だった、だから無料で書くことでサポートしてもらっていたと思ってしまった、と言い訳したいのでしょうが、これは、真っ赤な嘘です。

篠田さん、嘘をまき散らすのはやめてください。

2012年6月18日『創出版30周年記念&ジャーナリズムを語る会』についての『創』ブログに、わたしの名前は出てきません。 http://www.tsukuru.co.jp/tsukuru_blog/2012/06/3018.html

これは、わたしのTwitterです。http://twilog.org/yu_miri_0622/date-120618/asc-nort

「単なる二日酔いかと思ったら、頭蓋骨と顔面の骨にカミナリが走るような激痛。痛みで目を開けられない。吐く。去年、救急車で運ばれ、1ヶ月寝たきりになっ た痛みと同じだと気付き、鍼灸の先生に電話するも今日は予約いっぱい。とりあえずバファリン飲んで、明日の治療時間まで堪える」

6月18日、わたしは具合が悪くて、起き上がれなかったのです。

篠田さんは、業界紙だから、柳美里の目に触れることはないだろうと高を括り、自分の立場を取り繕うために様々な嘘を吐いています。
 
そして、わたしはこんなチラシに顔写真と名前を使用することを許可したおぼえはありません。
無許可でこんなチラシを作っていいんですか? http://dmm-news.com/article/895759/
 
篠田さん、『創』で「稿料未払い問題」を取り上げるらしいけど、嘘はやめてね。
 
嘘は、バレるよ。
 
わたしが全部暴くからね。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« PCの陰から覗くのは…… | トップ | 『創』篠田博之編集長に送る歌 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む