古都と高原の花旅人

風に吹かれて、京都から信濃路へ

師走の小夜の中山を歩く ・・・ 静岡県掛川市・島田市

2016-12-26 23:02:31 | 静岡県.2012年~

2016年12月25日(日)

今まで何度も歩いたことのある旧東海道の「小夜の中山」コースですが、この日は実に十数年ぶりに歩くことになりました。

いつもは金谷から掛川方向に歩くことが多いのですが、今回はバス時刻の関係で掛川から金谷方向へ歩きましたが、逆方向はこれが2度目となります。

 掛川駅から20分程度バスに乗り、事任(ことのまま)八幡宮で降り歩き始めました。この辺りのマンホールの蓋はこんなに可愛いデザインです。

 復元された高札場が見られるこの辺りからが旧東海道の日坂宿です。

 途中には安藤広重が描いた「東海道五十三次日坂宿」などの浮世絵の碑がいくつか見られます。

 日坂宿本陣跡ですが門しか残っていません。

 日坂宿を過ぎると沓掛のもの凄い急勾配となります。乗用車ならばほぼ登ることは不可能です。いつも掛川から歩きたくないのはこの急勾配が嫌だからです。急勾配を過ぎてからもだらだらと登りは続きますが、しだいに道の両側に茶畑が現われてきます。

 山肌に「茶」の文字が見られます。

 まだまだだらだら登りは続きますが、落葉した木々と空の青さに心和みます。

 途中には松尾芭蕉などの句碑がいくつも立っています。

 正面に見えるのは一里塚です。

 登りが終わると久延寺が見えてきます。

 久延寺には最近珍しい二宮金次郎像がありました。

 こちらは久延寺夜泣石(小石姫供養塔)です。

 間の宿(あいのしゅく)菊川では道の端にこのような絵が飾られていました。

 菊川坂の石畳の入口です。一部江戸時代後期の石畳が残っています。

 諏訪原城跡を過ぎると平成3年に復元された金谷坂の石畳です。

 合格祈願に訪れる人の多いすべらず地蔵です。

 古い民家風の石畳茶屋です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 師走の浜松城公園 ・・・ ... | トップ | 新春の北野天満宮 ・・・ 京都 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。