心 に 落書き

絵だったり
写真だったり

生きるってどういうこと?

2017-05-20 | 生物


気にかかる迷子が発生して私の方にも貼らせていただこうと思います


札幌市東区東苗穂13条2丁目 三角点通り スーパービック周辺。名前(てんちゃん)


あの天売島の猫問題(私個人は意味があまり良くわからない案件ですが・・)

あの島の猫の一匹ですね・・こんなキレイになって見違えるようです

引っ越しのときにドアを開け放してて脱走してしまったようです

私にも経験があります


ポッチ・・娘の制服を窓を開けてブラシを掛けてその場を離れた うかつにも外に興味があるポッチは脱走した

野良猫が産んだ二匹の姉妹を半ミルクで育て13年後のことだった

ポッチも家育ちだけど環境が自宅だったため4匹はリードをつけて庭を散歩させることが出来た 外にも犬にも興味が強かったポッチ

新聞にも載せたけれどあれから11年になる・・私の責任だ死ぬ時も持っていかなければいけない罪だと思ってる

てんちゃんは、島しか知らない猫だろう里親さんに手渡されるまで捕獲器からキャリーにケージから またキャリーの移動で外をよく知らないだろう

落ち着いてきた・・そう思っても動物の本能は意外な行動を起こさせる 今どうやってどこにどんな気持ちで見知らぬ風景を見てるのか・・心が痛む


動物の幸せは現代の人間には推し量れない 何かあるたびに「生き物ってなんだろうか」と段々考えが形を変えていく

愛玩動物、半野生化、野生、カテゴリーで分けてもその一つ一つに特徴があり人社会からの目や扱いが変わる

本当に守るべきコトとは 何か

このところ無い頭で難しいこと考えてたせいか今の私は自分が感じる矛盾と納得いくものへの違いが鮮明になってきてる

もちろん正しいかどうか分からない、それは素人でなくても肩書がある財団だろうが何省であろうが正しさなんて分からない

昨年だったろうか預かりさん宅から逃げた二匹の猫の記憶があるけれど見つかったのかその後のことが分からない

網戸越しに外猫が唸り喧嘩になり網戸は抜け落ちた 逃げた二匹はどんな経緯の猫かは分からないけれど

これはよくあることだと飼ってる人には分かるかもしれない 網戸は抜けやすい

猫は興奮すると殺気立つ 緊張状態にあるとパニックおこす 姉は腕に30センチほどの傷がある自分になついてた猫なのに

大きな猫に唸られてるのを守ろうとして掴んだところパニックになった猫が姉の腕を引き裂いた

それが飼い猫だろうと半野生であろうと共通してる猫の気質だと思われる(私の見解だけど)

里親さんに愛情とお金があれば申し分はない もう一つ猫というものを知ることが不可欠だと思える

迎えるにあたって家を改装しました」となったとして「なんていい人なのかしら」そう思いがちだけど

私は僻みでも何でも無く「猫にとってはどうでもいいこと」でしかないと思う 引き渡す側の安心バロメーターであっても

知らない場所、落ち着かない場所、じろじろ見られる場所、自分に置き換えても耐え難いのじゃないかと想像できないだろうか

捕獲してきた猫を「こんな子です」と言い切ることはできない 個性以前に「猫とはこんな生態です」そういう説明が必須になるべきじゃないかと思ってきた

ポッチを逃したこの馬鹿者のように何年何十年経とうと猫は猫である それを肝に銘じてたら「うかつ」なんてことなかっただろう 私の言い訳だ


北国もボチボチ暑い日が多くなってるキッチンに使うステンレスの網を繋いで二重にして窓に高く(タカラは長いのだ)取り付けた

独身のお隣のお姉さんもそうしてる 網戸を破っちゃいけないのも勿論あるけど 修復できるものは借金してでもできる 命はできない

今年も仔猫が殺処分率を上げたのだろうか・・迷子ブログ更新してる割に見ていない 辛い

タカラは保護主さんの敷地内で産まれた 産むまでそっと見守り産んだら保護し親猫と一緒に過ごさせた

猫のことはあまり良く知らないという犬派の方のようだけど ちゃんとしてるのは知らないから知ろうと一生懸命だからだとも思える

仔猫にしっかり初乳を飲ませるため二ヶ月母親と一緒の部屋に置いた 猫用の部屋なのでケージは開け放しストレスが掛かりづらく

何より猫は特に授乳期間人の目に晒すことや人が多く接することは絶対良くはない 母親はじっとしてるけど不安とストレスを抱える

保護した後なら尚更のこと出来るだけ世話の時間だけ 人間が短くとっても二ヶ月の期間接してれば十分慣れていくと思われる

そっと暗い所で子育てをさせ母親は子どもがかわいくてかわいくてしかたないのだから そういう思いをさせて上げて欲しいと思う

保護主さんは敷地内や良い環境や期間を保ってくれたのだと思う そのおかげでちゃんと誕生日も分かってる(娘と同じ)

何より「貧乏ですよー」とお招きしたこの部屋の狭さ粗末さを目にしても「良かったですー」と喜んでくれたことに感謝をしたい

誰でもいいから出したかったそんな人柄ではない方だから私の方もタカラの噛み癖や躍動に一生懸命模索する気持ちになる

今や とうとう1R暮らしのようになってしまったのは寝室は暮らせない判断をしたから もう駄目だ

かといって自宅は5LDKだったけれどその分猫達は走り回ったかと言えばそうじゃなかった

猫たちの部屋と居間の階段を昇り降りするくらいなものだった 人間の暮らしに順化してくれるこれも動物だからしてくれるのだ有難う

しおんの会さん、はぴねすさん、みなしご隊、しっぽの会さん、よく目を通します 勉強になります

しっぽの会さんの記事は様々な事が書いてあるため勉強になります 昨日の猫を飼うことに関する記事は大きく頷きました(参考にできました

みなしご隊は・・もう心意気が違います 大きいだけじゃなく生類すべてを尊ぶ 桁が違います パフォーマーではない覚悟です

動物たちの今日一日の幸せを考える ストレスになるから見学不可です 写真やブログ 殆どが終生飼養です

出来るだけ猫は猫らしく 犬は犬らしく 馬は 猿は 元々が譲渡目的じゃないのもあるからでしょうか (里親になる人もいます

「この子達が今日幸せだと感じ生きることが大事じゃけぇ」・・


そう そうなんです それを今噛み締める自分がいて 歴代たちに「すまないねすまないね」という自分が・・

半世紀飼ってても何もわからんかった自分だと思うから

そして人間も失敗する生き物だということや、背景や裏側に必ず原因があることも 何を見て信用するのが愛護や保護の社会なのかとか

だから 私は愛護家じゃないと ハッキリ言えます ただ動物や自然が好きなだけです

学も知識も乏しい分 あてにならない勘や 自分が信じることを見て聞いて学んでく それでやっと今9ヶ月のタカラ一匹を幸せにできるかどうかがかかってる


てんちゃん帰ってきておくれ・・島に帰る道はないんだよ 正義(自然保護)という名のもとにただ生きてきたあなた達がチリチリバラバラになったことは

少なくても「私はわすれない」



ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 古の干物 | トップ | 真の愛 »
最近の画像もっと見る