粟島・・・大好き 民宿与平

粟島の自然を満喫しませんか。人情味あふれる粟島。きっとあなたも大好きになりますよ。TEL0254-55-2110

刺し網情報

2016-05-19 10:19:16 | 釣り・お魚情報



与平の刺し網

5/18クロダイイシダイなど



5/19メバルアジなど





今日の夕方は鯛の塩焼きとアジの塩焼きどうしようかな

新鮮な魚を食していただく今これからの季節が粟島の魅力のひとつ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

粟島渡り鳥5/14

2016-05-17 09:37:26 | バートウォッチング


シベリアアオジ



コマミジロタヒバリ



【年月日】 2016年 5月 14日 (土)
【時 刻】 05:00〜15:30
【天 候】 晴れ
【観察種】
1 ウミウ 16 サンショウクイ 31 コサメビタキ
2 ヒメウ 17 ヒヨドリ 32 シジュウカラ
3 アオサギ 18 モズ 33 メジロ
4 カルガモ 19 コルリ 34 ホオジロ
5 ハチクマ 20 ジョウビタキ 35 カシラダカ
6 トビ 21 イソヒヨドリ 36 アオジ
7 ハヤブサ 22 アカハラ 37 アトリ
8 キアシシギ 23 ツグミ 38 カワラヒワ
9 イソシギ 24 ウグイス 39 シメ
10 ウミネコ 25 オオヨシキリ 40 スズメ
11 キジバト 26 メボソムシクイ 41 ムクドリ
12 ツツドリ 27 エゾムシクイ 42 ハシボソガラス
13 ツバメ 28 センダイムシクイ 43 ハシブトガラス
14 キセキレイ 29 キビタキ
15 ハクセキレイ 30 ムギマキ

【備 考】
☆今季初めてメボソムシクイの声を牧平で聞く。ムギマキの声も聞こえるが姿は
見せない。
☆鳥崎の海岸の岩の上で、ハヤブサが獲物を食べていた。後で写真で確かめると
、何度か見かけていたレース鳩だった。
☆これで、今季の粟島春の渡りの鳥見も終了。まだこれから渡ってくる鳥もいる
だろうが、周囲はすでに初夏の風景だ。粟島に入った頃はヤマザクラが満開だ
ったが、今はタニウツギも盛りを過ぎ、フジの花やキリの花に主役の座を渡し
ている。名残惜しいが、翌日のフェリーで島を離れる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

粟島渡り鳥5/11〜5/13

2016-05-17 09:33:24 | バートウォッチング


【年月日】 2016年 5月 11日 (水)
【時 刻】 09:00〜09:30
【天 候】 雨
【観察種】
1 ツバメ 4 カシラダカ 7 スズメ
2 ヒヨドリ 5 アオジ 8 ハシボソガラス
3 シマゴマ 6 カワラヒワ

【備 考】
☆いつも通り朝5時から朝食前の鳥見をするつもりが、あいにくの雨。食後、雨
が小降りになったのを見計らって、まずは八所神社に向かった。すると、その
脇の小さな神社のそばで変わった大きな鳴き声が聞こえた。しかし、姿は見え
ない。しばらくすると、少し先の木に飛んでいく姿が見え、遠くから聞こえて
きたのはシマゴマの声だった。それまではあまりに近くで聞こえたので、なん
だかわからなかったのだった。所在が分かったので、姿を表すのを待ったが、
そのうちに雨が激しくなり、声も止んでしまった。
☆結局雨は止まず、以後の鳥見は断念。雨は夜になっても降り続いていた。



【年月日】 2016年 5月 12日 (木)
【時 刻】 05:00〜16:30
【天 候】 晴れ
【観察種】
1 ウミウ 17 コマミジロタヒバリ 33 シジュウカラ
2 ヒメウ 18 サンショウクイ 34 メジロ
3 アオサギ 19 ヒヨドリ 35 ホオジロ
4 オシドリ 20 モズ 36 ホオアカ
5 カルガモ 21 コルリ 37 コホオアカ
6 トビ 22 ジョウビタキ 38 カシラダカ
7 ハヤブサ 23 イソヒヨドリ 39 アオジ
8 コチドリ 24 マミジロ 40 アトリ
9 イカルチドリ 25 アカハラ 41 カワラヒワ
10 ウミネコ 26 マミチャジナイ 42 シメ
11 キジバト 27 ツグミ 43 スズメ
12 ツツドリ 28 ウグイス 44 ムクドリ
13 ツバメ 29 オオヨシキリ 45 ハシボソガラス
14 ツメナガセキレイ 30 キビタキ 46 ハシブトガラス
15 キセキレイ 31 ムギマキ
16 ハクセキレイ 32 コサメビタキ

【備 考】
☆朝から暑い日。内浦の畑には鳥が少なそうなので、午前中は牧平へ。
☆内浦に比べると牧平はまだ鳥が多く、姿は見せないもののムギマキやコルリの
声もしっかり聞こえる。マミチャジナイは姿を見せ、イカルチドリやオオヨシ
キリのように、田んぼのない粟島には縁のないような鳥も出てきた。コマミジ
ロタヒバリの出現はうれしかったが、全体的に見ると春の渡りが終わりに近づ
いたことを感じる。

【年月日】 2016年 5月 13日 (金)
【時 刻】 05:00〜16:30
【天 候】 晴れ
【観察種】
1 ウミウ 15 モズ 29 ホオジロ
2 ヒメウ 16 イソヒヨドリ 30 ホオアカ
3 アオサギ 17 アカハラ 31 カシラダカ
4 カルガモ 18 マミチャジナイ 32 アオジ
5 トビ 19 ツグミ 33 アトリ
6 ハヤブサ 20 ウグイス 34 カワラヒワ
7 ウミネコ 21 オオヨシキリ 35 イカル
8 キジバト 22 エゾムシクイ 36 シメ
9 ツツドリ 23 センダイムシクイ 37 スズメ
10 ツバメ 24 キビタキ 38 ムクドリ
11 コシアカツバメ 25 ムギマキ 39 ハシボソガラス
12 キセキレイ 26 コサメビタキ 40 ハシブトガラス
13 ハクセキレイ 27 シジュウカラ
14 ヒヨドリ 28 メジロ

【備 考】
☆牧平の鳥もまだ声はするもののだいぶ減ってきた。
☆オオミズナギドリの繁殖地の立島の水際にアザラシがいるのを発見。2m級の
シマヘビも見つけた。鳥に関してはぼんやりした日だった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

粟島渡り鳥5/8〜5/10

2016-05-17 09:29:31 | バートウォッチング
【年月日】 2016年 5月 8日 (日)
【時 刻】 05:00〜16:00
【天 候】 快晴
【観察種】
1 ウミウ 19 ヒヨドリ 37 シジュウカラ
2 ササゴイ 20 モズ 38 メジロ
3 アオサギ 21 シマゴマ 39 ホオジロ
4 カルガモ 22 コルリ 40 シロハラホオジロ
5 トビ 23 ジョウビタキ 41 ホオアカ
6 ハヤブサ 24 セグロサバクヒタキ 42 コホオアカ
7 キアシシギ 25 イソヒヨドリ 43 カシラダカ
8 タシギ 26 アカハラ 44 アオジ
9 オオジシギ 27 ツグミ 45 アトリ
10 ウミネコ 28 ウグイス 46 カワラヒワ
11 キジバト 29 カラフトムジセッカ 47 スズメ
12 ツツドリ 30 キマユムシクイ 48 コムクドリ
13 ツバメ 31 エゾムシクイ 49 ムクドリ
14 コシアカツバメ 32 センダイムシクイ 50 オウチュウ
15 ツメナガセキレイ 33 キビタキ 51 ハシボソガラス
16 キセキレイ 34 ムギマキ 52 ハシブトガラス
17 ハクセキレイ 35 エゾビタキ
18 ビンズイ 36 コサメビタキ

【備 考】
☆朝から雲一つない青空が広がった。しかし心は晴れない。内浦の畑には全く鳥
の声がない。新たな鳥は渡ってきていないのか。これで牧平の鳥が抜けてしま
っていたら……。
☆牧平の鳥はオウチュウをはじめ、そこそこ残っていた。ツグミ、カシラダカ、
アオジは出発のために集結しているのか、増えている。いよいよ春の渡りも終
幕が近づいた感じだ。
☆島にいたバードウオッチャーもほとんどが岩船に渡って行った。夕刻になって
もまだ同じ場所にいたセグロサバクヒタキが、観客もなく寂しそうに見えた。


【年月日】 2016年 5月 9日 (月)
【時 刻】 ‪05:00〜16:00‬
【天 候】 晴れ
【観察種】
1 ウミウ 20 ヒヨドリ 39 ヒガラ
2 ヒメウ 21 モズ 40 シジュウカラ
3 アオサギ 22 ノゴマ 41 メジロ
4 カルガモ 23 コルリ 42 ホオジロ
5 ミサゴ 24 イソヒヨドリ 43 シロハラホオジロ
6 トビ 25 マミジロ 44 ホオアカ
7 ウミネコ 26 トラツグミ 45 コホオアカ
8 キジバト 27 クロツグミ 46 カシラダカ
9 アオバト 28 アカハラ 47 アオジ
10 ジュウイチ 29 シロハラ 48 アトリ
11 ツツドリ 30 マミチャジナイ 49 カワラヒワ
12 アオバズク 31 ツグミ 50 イカル
13 ブッポウソウ 32 ウグイス 51 スズメ
14 ツバメ 33 オオヨシキリ 52 コムクドリ
15 ツメナガセキレイ 34 エゾムシクイ 53 ムクドリ
16 キセキレイ 35 センダイムシクイ 54 ハシボソガラス
17 ハクセキレイ 36 キビタキ 55 ハシブトガラス
18 ビンズイ 37 ムギマキ
19 ムネアカタヒバリ 38 コサメビタキ

【備 考】
☆残念ながら、オウチュウもセグロサバクヒタキも姿が見られなくなった。セグ
ロサバクヒタキはまだ島のどこかにいるかもしれないが、牧平にいたオウチュ
ウは抜けてしまった可能性が大きい。
☆その代わりと言ってはなんだが、今まで出ていなかったブッポウソウの出現は
ありがたい。ただほとんどの鳥が牧平に集中しているので、新たな鳥が入って
こなければ、数日のうちにまさに閑古鳥が鳴くことになってしまうだろう。
☆観察情報協力:東京のS夫妻、同じく東京のH氏、神奈川のK氏に感謝。

【年月日】 2016年 5月 10日 (火)
【時 刻】 05:00〜15:00
【天 候】 曇りのち雨
【観察種】
1 ウミウ 18 サンショウクイ 35 シロハラホオジロ
2 ヒメウ 19 ヒヨドリ 36 ホオアカ
3 アオサギ 20 モズ 37 コホオアカ
4 カルガモ 21 ジョウビタキ 38 キマユホオジロ
5 トビ 22 ノビタキ 39 カシラダカ
6 キアシシギ 23 イソヒヨドリ 40 アオジ
7 タシギ 24 クロツグミ 41 アトリ
8 オオジシギ 25 アカハラ 42 カワラヒワ
9 ウミネコ 26 マミチャジナイ 43 イカル
10 キジバト 27 ツグミ 44 ニュウナイスズメ
11 ツツドリ 28 ウグイス 45 スズメ
12 ツバメ 29 キビタキ 46 コムクドリ
13 ツメナガセキレイ 30 ムギマキ 47 ムクドリ
14 キセキレイ 31 エゾビタキ 48 ハシボソガラス
15 ハクセキレイ 32 シジュウカラ 49 ハシブトガラス
16 ビンズイ 33 メジロ
17 ムネアカタヒバリ 34 ホオジロ

【備 考】
☆朝食前の内浦の畑での収穫は、数羽のムギマキの声とコホオアカ1羽の姿だけ
。朝食後は、前日にブッポウソウが現れた旗崎と渡っていく鳥たちの集結地牧
平の探鳥に集中。同宿の4人は午後の便で島を出るので、午前中に賭けるしか
ない。
☆牧平には思ったよりも多くの鳥が残っていたが、お目当てのオウチュウ、セグ
ロサバクヒタキ、それにブッポウソウの姿は見られなかった。ムシクイの声も
全く聞こえなくなって寂しい限りだが、ツメナガホオジロやシロハラホオジロ
、コホオアカ、キマユホオジロがいたのがせめてもの救いか。
☆夕刻から少し強い雨になった。明日は夕方までは雨の予報。鳥見は無理かもし
れない。
☆観察情報協力:東京のS夫妻、同じく東京のH氏、神奈川のK氏に感謝。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

刺し網料理

2016-05-13 20:00:10 | 民宿料理


福与丸

今が旬タナゴとアジの塩焼き



宿一番のおすすめ
メバルの煮付け

コメント
この記事をはてなブックマークに追加