ぼわき

動画視聴の雑感

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ダラスバイヤーズクラブ

2017-03-06 21:05:53 | 日記

この映画を見た後に健康なマシューマコノヒー見ると、転生したんだなって思ってしまうくらい死の淵で生き切っていたと思います。

殺伐としてグレーな部分もたくさんあって、社会的な面の情報も多い中で、
ロマンチックで、言葉ですべてを表さない部分もしっかりあって、
胸の熱くなる事何度か。

特にレストランで主人公の母親が描いたという絵を贈るシーンが素晴らしかったです。

利権者の作った常識を生きるために打ち壊していく主人公と、
医者としての立場、常識と実際とのずれに悩みながらできる事を模索していくヒロインの心の変化や、
お互いのコミュニケーションがとても繊細に描かれていたとおもいます。

生きる事への貪欲さがだんだんと生きる事に意味を持たせてくれて状況が変わっていくところもとても素敵でした。

とても好きな映画。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« セッション | トップ | ラリーフリント »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。