旅と宝塚と写真好きジジ

日々起きる様々な出来事や過去未来の旅や写真&宝塚について、特に60-80代の方々との交流を、勿論お若い方々も大歓迎です。

奈良県・葛城高原へ山つつじを見に行った

2017-05-17 10:07:53 | 国内旅行

稀勢の里の攻防が気になりつつ、昨日お天気は今一でしたが奈良県の葛城山へ「ひと目百万本の山つつじ」群落を見に行ってきました。と言っても登山では無くラクチンロープウエーで。麓近くの葛城市と言うより「御所市」が近づくと平日なのに渋滞が始まり坂道を登ってロープウエーの乗り場まで漸く到着。

その乗り場もまあ人人人!ナント1時間待ちの11時28分発の整理券を渡される。待つ事久し、50名毎に区切られて待機、結局1時間半位待って漸く乗車。乗って見ればたった8分で山上駅に着いてしまう。着いたら平原にツツジが咲いていて直ぐ見られると勝手に想像していたらナント30分近く最初は急坂、後はだらだらとした登りで最高峰959.7m近くまで登り更に西南端の傾斜地まで平坦な道をと歩くと、アッとオドロク「朱色に染まった山つつじ」の絶景が広がる展望台に到着。

皆さんほぼ90%は中高年者なのに元気に歩いて来ます。展望台上は写真を撮る人、一杯飲みつつ早速弁当食べる人、ただウットリと景色に見入っている人と様々。斜面から対面一面に広がる今を盛りの山つつじに満足。ジジは麓での待ち時間に弁当は食べたので早速行動開始、急斜面を木の枝にすがりつつ、写真も撮りつつヤット下まで降りたら何のことは無いもっと楽な広い回遊道路があった。

帰途頂上駅集合が出発が遅れたので14時半に延長。それまでに葛城山頂上に寄り、ソフトクリームも食べ駅へ着いてアッ!当然ながら下りも待ち時間は1時間以上。予定時間より大分遅れて帰途に就き、柿の葉寿司のお店で買い物。ココにはトイレが1か所しかなく又渋滞。途中も渋滞だとガイドさんは到着時間が2時間遅れると煙幕張り。でも途中渋滞もなくほぼ時間通りに帰着。インド出身のガイドさんもビックリ。お疲れさまでした。

歩いた距離は10㎞、15324歩。いや人間って遊ぶ時は「別足」になるのか、普段チョット歩くのにも気を付けて足痛が再発しないようにしてるのに、こんなに歩いても今朝起きたらどこも痛くない。これって勝手何とかやね間違いなく。久し振りの遠出とプチ山歩きで気分爽快。目の法楽と心身のリフレッシュが出来ました。稀勢の里も辛勝でヤレヤレ。ポケモンも少しいましたが珍品は出ず。

ようこそ今が旬の葛城高原「ひと目100万本山つつじ!」へようこそ!!

葛城公園朱色に染まる山つつじの絨毯。後ろは金剛山遠望。

近くで見てもヤハリ山つつじでした。

まずツツジよりお弁当組。

今が盛りの山つつじ群落

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブルガリア(バラ祭)&ルー... | トップ | コワーイ ウイルス防御?+... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。