はしご湯のすすめ

行った温泉の感想を、ただただアップする地味ブログ。

新樽ヶ橋温泉 胎内グランドホテル(閉館)

2016年02月29日 | 閉館・休業など【中部】
2009年1月をもって閉館しました


国民宿舎の「胎内グランドホテル」です。道の駅「胎内」を目印に行くと分かり易いでしょう。

受付後、浴室へ。タイル張りの内湯が一つ、湯温は激熱で48℃はあって触るのもやっと、仕方ないので加水後ようやく湯に浸かれた。無色透明の湯。あついのでよくわからんでした。分析所を見るとぬるすべ湯を想像するが特に感じなかった。源泉が41℃なので加熱などせずそのまんま利用して欲しいところだ。とにかく熱かったが浴後はさっぱりする湯であった。以前は源泉そのまんまで利用していたと言う情報もあり。
(三昧・2003年10月)

▼外観/館内

▼男性浴室/女性浴室

2009年1月をもって閉館しました
新潟県胎内市下赤谷387-1
8時~20時
300円
訪問:2003年10月

上野鉱泉 奥の湯(閉館)

2016年02月28日 | 閉館・休業など【中部】
この施設は2014年閉館しました


「湯治の宿」「湯元」という案内を目にしてしまい立ち寄らずにはいられなくなってしまいました。湯治の宿というとどうしても鄙びを想像してしまいますが、「奥の湯」は小奇麗な湯治宿です。受付をし廊下を進んだ一番奥にあるのが浴室です。浴室へ向う途中には炊事場があり、コイン式のガスコンロなどがあるのがいかにも湯治場。

浴室は桧の香りが漂っておりいい香り。仕切りで仕切られた男女別内湯が一つずつあり小さい丸タイル張りの4-5人の広さです。湯は無色透明、無味無臭。浴槽内にはジャグジーの装置がありますが未作動で静か。吸い込み口があり循環で鉱泉を利用です。また男女の隔てには冷たい源泉が竹筒より8L/minほど出ており飲泉可能です。枡が置いてあるので是非飲んでみたくなります。タマゴ味のする冷たい鉱泉でとても美味しくグイグイ飲ってしまいます。浴槽湯は特に特徴はないですが源泉は鉱泉ながらなかなか良いので気に入りました。
(三昧・2004年3月)



清津峡の帰りに立ち寄った上野鉱泉奥の湯です。「湯元」という言葉につられ入ってみました。湯治宿との事ですが、館内は最近リニュアルされたのか随分と綺麗です。炊事場に東北の湯治場お馴染みのコイン式ガス台が並んでいたので「ああ、自炊もできるんだな」と思いました。

男女別の浴室も、どうやら仕切り板を最近張り替えたらしく綺麗でピカピカ。新しい木の香りが浴室いっぱいに漂っています。浴室は洗い場、浴槽ともにスッキリとしたタイル造り。訪問時は作動していませんでしたが、ブクブク機能の付いた浴槽のようです。湯は無色透明、スベスベとした加熱湯です。男女の仕切り部分に非加熱の源泉があり、枡が置かれ飲泉できるようになっていました。ひと口飲んでみると、タマゴ味がします。浴槽内の湯もこれ程のタマゴ味があれば、さぞや気持ち良いと思いました。
(まぐぞー・2004年3月)

▼外観

▼フロントまわり/休憩スペース

▼コイン式ガス台/男性浴室

▼湯口(上の竹筒は未使用)/まだ新しい印象の浴室です

▼非加熱源泉はタマゴ味


この施設は2014年閉館しました
新潟県南魚沼郡塩沢町大字上野750
立寄り時間時間要問合せ
500円
訪問:2004年3月

泉質不明

月岡温泉 熊堂屋(廃業)

2016年02月27日 | 閉館・休業など【中部】


この施設は廃業しました

月岡温泉といえば温泉好きの方々に有名な湯治宿「熊堂屋」に立ち寄りしました。雪降る中、立ち寄りをお願いすると混雑している様子。一時間後に再度訪問しようやくOk。独特の雰囲気を漂わせる女将さんとしばし会話。浴室へ向かう廊下脇の本棚にはマニア向け?マニア好み?の温泉本がズラリとお客を釘付けにする。入湯前に立ち読みする。

浴室は円形石風呂と三角風呂の二種類。両方とも貸し切りで利用できるそう。当日は円形石風呂に入湯する。鄙び感はたっぷり、なんともそそられる自分好みだ。円形の浴槽は少し深い。きれいな黄緑色透明、硫黄と石油のミックス臭?がします。たまらず何度も香りを嗅いでしまいます。甘い塩味、硫黄味。湯はスベスベ感を伴います。体感43℃、源泉は約10L/min程度の投入量。一度訪れてみて下さいな。
(三昧・2004年1月)



月岡温泉のメイン通りに面した風情ある湯治宿。ここは大変人気がある上に、二ケ所ある浴室はいずれも貸し切り利用、時間制限もなく電話予約等も受付していないので「行って空いていたら入られる」という感じになります。電話で空きを確認した後訪問しても行くまでに別の人が入ってしまえば、またしばらく待つという事になります。また、長い人は2時間3時間も長湯するそう。そういう場合は囲炉裏端にて女将さんと楽しく雑談しながら待つといいかも。ここの女将さん、とても明るく気さくなのです。

さて、訪問時は二ケ所ある浴室のうち「丸浴槽」の方へ入る事ができました。少し深めのまん丸浴槽に、やや熱めの綺麗な緑色の湯が掛け流しになっています。スベスベとした浴感で、湯面に油膜が漂い、湯の中には油湯花。体には黒い油粒が付着します。飲むと苦タマゴ味甘塩味。同じ月岡温泉のさかえ屋よりもマイルドな湯。ここで出たり入ったりを繰り返し、たっぷりと月岡の湯を満喫する事ができました。

もう一方の湯は三角浴槽。私が丸浴槽に入浴中に三角浴槽の方から男性の「メガネがっっ!メガネがーーーッッ!!」という絶叫が。なんでも掛け流しの湯と共に、浴槽縁に置いておいたメガネが排水されちゃったそうな。
(まぐぞー・2004年1月)

▼外観


▼館内

▼柱の懐かしいシール


▼脱衣所/丸浴槽浴室

この施設は廃業しました
新潟県新発田市大字月岡609-8
立寄り時間用問合せ
600円
訪問:2004年1月

含硫黄-ナトリウム-塩化物泉(硫化水素型)? 源泉井で51℃(浴場出口で49℃) K=208.1mg(8.33mv%) Na=1137.3(17.35) Ca=121.4(4.55) Cl=1709.0(75.35) SO4=527.9(17.17) HS=28.4 H2S=35.8

出湯温泉 露天風呂(閉鎖)

2016年02月26日 | 閉館・休業など【中部】
この施設は2006年10月29日をもって閉鎖しました

温泉組合の方々?の手作り露天風呂。建物も雪対策のためか三角屋根です。自販機で入湯券を購入し料金箱にチケットを入れて入湯です。男女別露天風呂が一つずつあり。当日は男湯が岩風呂で女湯は木風呂だったようです。

男湯の岩風呂は大小2つあり、無色透明の源泉は浴槽内に注入されていて温度からして加熱している模様です。手作り露天風呂は良いのですが、希望とすれば加熱せずに源泉そのまんまでいってほしいです。冬場の露天では寒くて加熱しないときびしいのかな。お湯も少々疲れ気味。
(三昧・2004年1月)



観光用に手作りされたという露天風呂です。入口にある券売機で料金を支払い、向かって右側の通路を進みます。(最初間違って左側の方へ行ってしまい、民家の玄関に入ってしまった^^;)男女別の浴室は、岩造りと木造の各々違った造り。定期的に入替えになるようで、訪問時は木造の方が女性用でした。

脱衣所を抜けると、角々とした丸い浴槽が縦にふたつ仲良く並んでいます。ホースより源泉が投入され、浴槽内からは熱めに加熱された湯も流し込まれています。露天風呂の為共同浴場の湯より更に加熱されていて、源泉の良さが殆ど失われてしまっているのが残念。当然ながら泡付きもありません。脱衣所寄りがやや温め、もうひとつが熱めとなっていました。ここでは石鹸類の使用禁止なのですが、何故か石鹸が転がっていた。目の前に高い竹壁があるので景色は望めませんが、木々に積もった雪が見え、誰も居ない貸しきり状態の中で雪見風呂を楽しむ事ができました。
(まぐぞー・2004年1月)

▼外観

▼券売機/ふきのとう・・ではなく「せり」が売られていました

▼木風呂

▼閉鎖のお知らせ


この施設は2006年10月29日をもって閉鎖しました
阿賀野市出湯
7時~19時
水曜日休み→土日祝日のみ営業
300円
訪問:2004年1月

湯田上温泉 かつみ荘(閉館)

2016年02月25日 | 閉館・休業など【中部】
この施設は閉館しました

新潟の湯巡り中、地図に湯田上という温泉マークがあったので事前情報無しに寄ってみた。なにやら歴史ある温泉らしいが詳細は不明。雪降るなか目に入ったのが「かつみ荘」。看板が無ければ普通の民家風にしか見えない。

浴室は男女別の内湯がひとつずつ。浴室は湯気で真っ白状態、ポツンと長方形のタイル製5-6人浴槽がそこにはある。たっぷりと掛け湯後、湯にひっそりと身を沈める。冷えきった体にはなんともありがたい温泉だ。湯は無色透明、微塩素臭。分析値から多少の塩味を感じられると思うが全く塩味は無し。完全循環?かも、ジャグジーが作動中、柚子が湯面に浮いていて柚子湯であった。また、湯田上温泉の各旅館で使用できる湯巡りチケットというのもあるので利用してみても良いかも。
(三昧・2004年1月)

▼外観/男性浴室

▼女性浴室/湯口

この施設は閉館しました
新潟県南蒲原郡田上町大字田上乙643
立寄り時間要問合せ
500円
訪問:2004年1月

田上ごまどう温泉 ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉 37.2℃ pH=9.1 300L/min 溶存物質計=4045mg Na=1307mg(86.82mv%) Ca=166.5(12.69) Cl=1827(78.52) Br=7.0 I=1.2 HS=0.7 SO4=634.4(20.13) HCO3=26.2 CO3=7.2