はしご湯のすすめ

行った温泉の感想を、ただただアップする地味ブログ。

鉄輪温泉 みゆき屋

2017年10月04日 | 大分県

以前、露天風呂に浸かったことがあるので今回は内湯目当てで訪れてみました。お昼過ぎの訪問で偶然にも内湯が空いており貸切利用することができました。当宿はお客さん単位の貸切利用が基本なので今回もそうなった次第です。

浴槽は石板張りの4人サイズで雰囲気としては鉄輪に多いタイプの浴室です。湯口の源泉バルブからは常時チョロリン程度の投入があります。これは激熱なので火傷に注意です。無色透明、芒硝薬臭に金気臭味、加えて弱く塩味を感じます。加水用と思われるホースも浴槽まで伸びていて利用者の好みにで自由のようです。鮮度的には鉄輪においては比較的保たれていると思うお宿です。鉄輪お約束の蒸し湯も併設されています。個人的に鉄輪の蒸し湯は好みなのでこれは気に入りました。
(三昧・2016年3月)



双葉荘の道路を挟んだ隣、旅館・かしまを兼ねる宿「みゆき屋」。浴室は数箇所あるが、基本的には家族湯のような貸切で利用されています。今回利用したのは岩風呂風露天風呂です。大小の岩で浴槽を囲った造りです。正月明けなのでまだまだザボンが湯面にプカプカ状態です。湯は無色透明、旨みのある弱塩味で41℃で浸かりやすい温度で少しザボンの香りもします。肌にまとわりつくような浴感、浴後はしっとり肌になります。湯口は赤茶色の析出物で見事に染まっていたのが印象的です。
(三昧・2008年1月)



過去2回訪問した際の印象がよく、またいつか再訪したいと思っていたお宿です。そして今回念願叶ったわけですが、なんと前回の訪問から8年も時が過ぎていました。お宿の雰囲気は以前と変わった感じはありません。ただ今回は柴ワンコの姿は見えませんでした。みゆき屋では露天風呂2と内湯1があり、それぞれを貸し切り利用するのですが、今回は内湯を利用してみる事にしました。

使い込まれ味わいのある浴室には4人サイズの扇形浴槽がひとつあり、鉄輪ならではの激熱源泉を少量投入の掛け流し利用しています。金気と芒硝薬臭の香る湯は少量投入ながら鮮度も良好で、ここ「みゆき屋」は数ある鉄輪温泉の中でも特に湯の状態が良いように感じます。また、浴室内には蒸し湯も設置されているのですが、これがセキショウも敷かれ高温の湯気に包まれる本格派。この内湯が気に入り、いつか宿泊してじっくり楽しみたいと思ってしまいました。
(まぐぞー・2016年3月)



宿泊した双葉荘から道路を挟んで向かいにあるお宿です。「貸間」でもあるようですが、鉄輪でイメージするちょっと鄙びの安アパート風ではなく、女性ウケしそうなこぢんまりとした和風旅館といった雰囲気があります。前回訪問時の印象が良く「また再訪したいな~」と思っていました。

みゆき屋の館内には、貸切利用の露天風呂がふたつと、内湯(セキショウを敷いた蒸し湯付)ひとつがあります。今回訪問時は、前回も利用した石造りの露天風呂を貸切利用させていただきました。庭木の植えられた庭園風の小スペースに4人サイズ浴槽がひとつ。湯口より激熱源泉が少量投入されての掛け流し。ダシ塩、金気風味の透明湯です。源泉が高温のため投入量は多くないものの貸切なので湯の鮮度よく、気持ちのよい湯浴みが楽しめます。約4年振りの訪問でしたが相変わらずお宿の印象よく、柴犬も元気で、ここはまた再訪したいとこです。
(まぐぞー・2008年1月)

▼館内

▼内湯脱衣所/内湯

▼内湯湯口/浸かった様子

▼内湯の蒸し湯

▼2008年に利用した露天風呂/湯口

▼もうひとつの露天風呂は見学のみ/元気いっぱいのワンコ(2008年)

大分県別府市鉄輪東6組
0977660360
10時~21時(休前日16時まで)
500円
訪問:2004年1月・2008年1月・2016年3月

井田サカエ家 ナトリウム-塩化物泉 80.2℃ pH=3.4 溶存物質計=3439g Na=991.0mg(89.01mv%) K=126.2 Mg=4.2 Ca=32.6 Fe2=1.0 Fe3=0.7 Mn=1.0 Al=0.1 Cl=1437(82.82) SO4=403.9 H2SiO3=374.5 HBO2=66.1 CO2=110.1 H2S=0.3 As=1.3 (H16.10.25)
ジャンル:
温泉
この記事についてブログを書く
« 日景温泉 | トップ | 上牧温泉 大峰館 »

大分県」カテゴリの最新記事