はしご湯のすすめ

行った温泉の感想を、ただただアップする地味ブログ。

草津温泉 白嶺の湯(しらねの湯)

2017年04月29日 | 群馬県


白嶺の湯もお気に入りの草津の共同浴場である。今回訪問時は先客なしの貸切状態で利用できた。縦長浴槽に特に変化はない。塩ビバルブより湯畑源泉が惜しげもなく大量にされている。このバルブ、よく見てみたら湯量調整が出来ないように固定されている。以前はバルブ調整できたような気がしないでもないが。湯抜きして清掃直後のような湯汚れのない湯。体感で44℃ちょいはありそうな熱め湯が掛け流されているのも変わりはない。いつまでも観光客が入浴できるのを願って止まない。
(三昧・2017年4月)



訪問した時は、ちょうど祭りの前で共同浴場前には飾りがぶらさがっていた。路地からちょいと入ったとこにある住宅街の中の「白嶺の湯」です。少しばかり、わかりにくい所にあるので、観光客の利用はあまりないようだ。

御年輩の先客2名さまがおられて世間話で盛り上がる。ここの湯は飲むと歯がやられるが、目には効くらしい。先客の爺様に目を洗うようすすめられたが、草津の湯ではさすがにしみるような気がして何とかやり過ごした。

源泉は湯畑からの引き湯。湯口にて46℃、無色透明、弱タマゴ臭、強酸味、つるつる感があります。屋根裏の太い柱に黄色い硫黄成分?がコッテリと付着していた。
(三昧・2002年7月)



数多く点在する草津共同浴場の中でも何気に好きな白嶺の湯です。ここは比較的多く利用した気がしていましたが前回訪問時から、もう3年も経っていたようです。改装直後は真っ白だった浴室も、さすがに10年経ち年季が入ってきました。訪問時は相変わらずジャンジャンかけ流しで、ビリビリと熱く刺激的な草津の湯を鮮度抜群で楽しむ事ができました。数ある湯畑源泉利用の共同浴場の中でも、湯の状態がいつも良いところです。
(まぐぞー・2017年4月)



白嶺(しらね)の湯は観光客の利用はあまりないようで、湯畑源泉の湯を良い状態で楽しめる事が多い。3~4人サイズのシンプルなコンクリ浴槽がひとつのみという草津共同浴場の代表的造り。湯はソフトな酸味(といっても結構スッパイ)のヌルヌル湯。この湯畑源泉、単独で入ると結構強烈だけれど、万代鉱の後に入ると、草津の中でも「優しく入りやすい湯」という事がなんとな~くわかる。ふと上を見上げると天井の太い梁にゴッテリと黄色い「何か」が付着している。私は最初「カビか?」と思ったけれど、三昧は硫黄と信じきっている。この白い付着物の正体やいかに!?

白嶺の湯は草津の中でも特にお気に入りのひとつ。女性脱衣所には短冊やちょっとした飾りが施され、草津の数ある共同浴場の中でも「飾り付け度」ナンバーワン(男湯には飾りつけはない)。近隣は民家が密集している為、訪問時間には注意したいところ。
まぐぞー・(2004年5月)

2017年

▼改装から10年/入浴中の貴重品入れ

▼男性浴室/湯口

▼女性脱衣所/女性浴室

▼浴槽/湯口

▼掲示

2010年

▼改装から3年/男性脱衣所

▼掲示/男性浴室

2007年

▼改装しました(湯抜き部分が新しくなっています)/男性浴室

▼女性浴室/天井

2005年

▼外観/男性浴室

▼男性浴槽(別の角度から)/女性脱衣所

▼女性浴室/天井の梁


吾妻郡草津町
24時間
清掃時間/月・火・木・土8時20分頃~
地域の生活湯です。入浴の際は、「もらい湯」感謝の心で。
無料
訪問:2002年6月~2004年5月十数回利用・2005年10月・2006年2月・2007年3月・2009年5月・9月・2010年4月×2・7月・10月・12年6月・7月・2014年6月・2017年4月

湯畑 酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉(硫化水素型) 51.3℃ pH=2.1 溶存物質計=1.65g Na=56.0mg K=27.5 Mg=36.3 Ca=73.5 Fe2=17.5 Mn=1.8 Al=43.8(20.14mv%) H=8.9(36.54) F=9.9 Cl=311(35.63) SO4=640(54.16) HSO4=192 Br=1.3 H2SiO3=216 HBO2=8.2 H2SO4=4.3 CO2=36.7 H2S=7.1 As=0.1 (H25.4.24) ※温泉利用状況=全ての項目において該当なし

【以前の分析】湯畑 酸性-含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉(硫化水素型) 53.9℃ pH=2.0 湧出量測定せず(自然湧出) 溶存物質計=1720mg Na=61.2mg K=26.8 Mg=34.3 Ca=73.8 Fe2=19.0 Mn=1.23 Al=52.2(22.05mv%) H=10.0(37.73) F=11.4 Cl=381(41.22) SO4=606(48.44) HSO4=206 H2SiO3=230 HBO2=8.8 H2SO4=5.2 H2S=13.0 (H15.4.15)

白嶺の湯温(気が向いた時だけ計測)
07年3月湯口46℃/09年5月湯口48℃・浴槽44℃/10年4月湯口46.5℃・浴槽44℃/湯口48.5℃・浴槽45.4℃
ジャンル:
温泉
この記事についてブログを書く
« 草津温泉共同浴場利用要件 | トップ | 三千石浴場(閉館) »

群馬県」カテゴリの最新記事