はしご湯のすすめ

行った温泉の感想を、ただただアップする地味ブログ。

伊東温泉 ケイズハウス伊東温泉(宿泊)

2017年03月31日 | 静岡県


一昨年に宿泊した際に快適で居心地がよく、すっかり気に入ったので再度泊まってみました。コンビニで夕飯を買い込んで訪問。チェックイン時、館内の一通りの案内説明を受けるのはお決まりの様です。なんと客室は前回と全く同じ部屋なのにはびっくり。勝手知っている部屋と館内なので居心地倍増でした。変化があったといえば浴室内は撮影禁止になっていた点です。なんだか最近よく目にする注意喚起で記録を残したい温泉ファンとしては残念です。宿泊客はアジアをはじめ海外のお客さんが目立っていました。お湯も変わらず良いもので充分満足です。また湯めぐりの拠点で再訪したいですね。
(三昧・2017年2月宿泊)



伊東温泉にあるケイズハウスに宿泊しました。場所は有名な東海館の隣に位置しています。素泊まり専門の温泉宿で、お宿建物自体が国の登録有形文化財となっており歴史ある旅館です。客の半数以上が海外からの外国人客で、当日もいろいろな国々からの客で賑わっておりました。受付時に宿泊料金は前払いで、その後は一通り館内設備などの案内のため従業員と一緒に宿内を歩き廻ります。宿泊客の客室、ゲストの共有スペース(炬燵・椅子・和室、読書コーナー、新聞・雑誌)、部屋にテレビは無いので共有のテレビ室、大浴場に自由利用可の家族風呂、共同キッチン(ガス台、電子レンジ、魚焼き台、電気ポット、食器、調理道具等々)の案内もあります。また、客室や共有スペースの館内全てでWi-Fiが無料利用可能です。自由利用可のパソコンも共有スペース一角に設置してありました。客室は各種あり、我が家は川沿いの和室を予約しました。部屋にはエアコン・冷蔵庫・洗面台があり、トイレは無く共有となります。布団は到着時、既に部屋の片隅に三つ折りで用意されています。全体の感想としてはとても快適で清潔、機能的で特に不自由はありません。朝は共同キッチンでチップ制のドリップコーヒーがいただけます。

一階大浴場は「文福茶釜の湯」という名称がつけられていて、それに因んでか湯口は文福茶釜のタヌキです。脱衣所から15段ほど下りた地下に浴室はあります。横長で8人サイズの石造り浴槽で、清潔で雰囲気良い浴室&浴槽です。茶釜湯口からは約20L/minほどの湯が浴槽投入されており、浴槽サイズに見合った投入量かと思います。湯は無色透明、薄塩、薄ニガリ味、ちょいキシの浴感があります。湯船手前の全面よりオーバーフローが確認でき、一目で掛け流されているのが分かります。湯温は熱すぎず温すぎずで快適にストレス無く浸かる事ができるのが良いです。この大浴場、24H入浴可能なのはとても有難いシステムです。

二階には家族風呂があり、「利用中」の札を掲げて使用するルールです。浴室にはMaxで2人入浴可能な小浴槽があるだけです。大浴場より若干温め調整の湯がこちらも存分に掛け流されていました。翌朝11時のチェックアウトまでに、大浴場・家族湯を合計5回ほど入浴しました。

ケイズハウスは伊東・熱海周辺の湯巡り拠点に便利で、快適で居心地の良い再訪してみたいと思わせるホステルでした。
(三昧・2015年1月宿泊)



二回目の宿泊となったケイズハウスです。今回は電話予約でお願いしたのですが、当日行ってみるとなんと何かの手違いか予約が通っていませんでした。「今夜は車中泊かぁ~」なんて思っていたのですが、急遽部屋を用意していただけ、前回とまったく同じ一階の奥の部屋へ案内いただきました。

予約の件ではちょっとヒヤヒヤしましたが、久々のケイズハウスは相変わらず雰囲気よく、清潔感もあり、快適に過ごすことができました。温泉も相変わらずの掛け流しで湯の状態も良く、浴室の薄暗い雰囲気も落ち着く感じで、一泊の間に5回くらいは通ったかなぁ。ただ「今回は文福茶釜の湯口をもっと綺麗に画像に収めよう」と張り切って行ったのですが、なんと浴室内が撮影禁止となっていました。
(まぐぞー・2017年2月宿泊)



伊豆湯巡りの際に宿泊した伊東温泉街にあるゲストハウスです。廃業した「いな葉」という歴史ある宿を利用したもので、その建物は文化財に指定、すぐ隣にはやはり文化財の東海館が並んでいます。この重厚な建築美を誇る二軒の並ぶ様が圧巻で、この一角だけ別次元にタイムスリップしたかのような感じがします。

そんなケイズハウスですが、古い昔ながらのよき部分は残しつつ、共有スペースや浴室など綺麗で洒落た雰囲気に改装されていました。こういう場合、新しい部分が変に浮いてしまいアンバランスになってしまう事もあるのですが、ここではその境が自然で改装に成功した例かなと素人ながら感じました。

通された部屋は一階の六畳和室で風呂場に近く、温泉目当ての我家には好都合でした。すぐ目の前を川が流れ、柳が揺れ、コイが泳いでいます。部屋にはエアコン、冷蔵庫、洗面台、耳栓があり、布団はセルフで敷きます。清掃が隅々まで綺麗にされ、洗面台などは昨日新品を入れたかのようにピカピカでした。トイレは共用ですが、一階に綺麗な男女別様式トイレがあります。

共有スペースも充実していて、座敷スペース、椅子とテーブルスペース、コタツスペースなどが造られていました。テレビルームもありましたが、覗きに行くといつも同じ若いスタッフがいて、どうやら彼の部屋になっているのかな?キッチンは清潔で使い勝手よく、調理に必要なものほぼ全てが揃っています。ただ実際に自炊している人は少ない印象で、我家も夕食は温泉街の食堂で、朝食はコンビニの惣菜をチンして共有スペースでいただきました。驚くべきは共有スペースやキッチンの清潔さです。ここは本当に清掃に力を入れているんだと思います。

肝心の浴室は一階に男女別、二階に貸し切り風呂があります。三階にも貸し切り風呂がありますが、浴槽の湯は抜かれシャワールームとして利用されていました。先ずは男女別内湯ですが、脱衣所から階段を下がり浴室は半地下のような場所に位置します。窓は一切無く薄暗い照明の中の浴室ですが、綺麗に清掃がなされ清潔感があり、瞑想室にでもいるかのような不思議な魅力があります。浴室には6人サイズの長方形浴槽がひとつあり、無色透明の適温湯がサラサラと掛け流されています。洗い場部分に向かって漣のように掛け流す気持ちのいい掛け流しです。この掛け流し部分(トド寝ポイント)で外国のお客さんがヨガをしていたのには驚きましたが・・。ぶんぶく茶釜の湯口から流し込まれる湯は、ごく薄い塩気と苦味があり、キシキシとした浴感があります。湯汚れのない気持ちのいい湯で滞在中は何度も浸かりこんでしまいました。また二階の貸し切り風呂は一人サイズの小さな浴槽に適温湯が掛け流され、人が浸かると物凄いオーバーフローで洗い場が完全に湯没します。男女別浴室よりもぬるめ設定で、こちらも気持ちの良い湯でした。

初めて利用したケイズハウスですが、東北や別府などに多い自炊宿の若者バージョンといった印象で、更に設備に関する説明やルールもしっかりしているので、これから湯治宿にトライしてみたい人の入門編にも最適かと思いました。文化財である宿の雰囲気も良く、ここは再訪したいと思いました。
(まぐぞー・2015年1月宿泊)

▼外観

▼受付まわり

▼宿泊した部屋/洗面台と冷蔵庫、耳栓もあります

▼共有スペース

▼パソコン部屋/テレビ部屋

▼大広間/館内のお飾り

▼展望室

▼共有キッチンはとても清潔でいろいろ揃っています

▼男性浴室/湯口は文福茶釜でした

▼女性浴室

▼貸し切り風呂

2017年訪問時、浴室は撮影不可になっていました。当ブログの浴室画像は全て2015年のものです。

静岡県伊東市東松原町12-13
0557359444
宿泊しました:一泊素泊まり5100円
8時~20時30分
※11時~13時(火曜~15時)は清掃のため不可
500円
訪問:2015年1月(宿泊)・2017年2月(宿泊)

岡84号泉 カルシウム・ナトリウム-塩化物泉 51.6℃ pH=7.8 121L/min(動力)溶存物質計=3.57g=l Na=534.2mg(42.48mv%) K=9.7 Mg=35.9 Ca=566.3(51.65) Cl= 1816(81.74) Br=6.6 SO4=525.3(17.46) HCO3=24.3 CO3=0.7 H2SiO3=47.8 HBO2=2.9 CO2=9.7 (H22.5.20) ※温泉利用状況=掲示見当たらず(HPに源泉かけ流し、の記述あり)

伊東温泉 源氏湯

2017年03月14日 | 静岡県
伊東にある共同浴場の一つ。住宅街にひっそりとあってジモかと思いきやそうでも無い。看板もなく入口には「男」「女」の文字が扉に表示してあるだけ。また、営業時間がおよそ18時20分頃から19時頃でとても短い。というのは番台のおじさん曰く、利用者は毎日くるのは4人でたまに5人来るとの事。その方々が入浴を終えれば営業終了となるそうだ。

今回、伊東での宿泊先が源氏湯から徒歩3分ほどの距離でもあり18時30頃にドンピシャで到着。ちょうど組合員が来て電気が灯り営業開始のようだ。

番台のおじさんに200円を支払いカーテン向うの脱衣所へ移動。浴室内はかなりシンプルな造りとなっている。縦長の4人サイズタイル浴槽があり、浴室隅には別府ではお馴染みの湯溜め槽もありこれを上がり湯として利用している。洗い場にはシャワーどころかカランも無い。当日は結果的に自分が一番初めの客だったが、湯船の湯が7-8分目ほどだった。同浴の組合員によると「帰るころには溜まっているよ」との事。

お湯は無色透明、つるつるとする感じ。塩ビ管が加温源泉を湯船内に注入する仕組みで浴槽温度は40℃ちょうどくらいの温めになっていました。浴槽よりオーバーフロー状態前にはおそらく営業終了すると思われるが、湯使いは加温掛け流し。また伊東に来たら寄ってみようと思う。
(三昧・2017年2月)



宿泊したゲストハウスから歩いて近くの共同浴場「源氏湯」に散歩がてら行ってみました。こちらはジモ専ですが外来も可能の隠れた浴場です。管理人さんによると利用客は男女合わせて通常4人、多くて5人とのこと。地域の共同浴場というより、ごく限られた世帯の家風呂のような存在かと思います。よって営業時間は18:30~19時と大変短いです。

ちょうど18:30分頃到着すると、浴場には電気がついていました。昔ながらのレトロな浴場で、簡素な脱衣所にこぢんまりとした男女別浴室という造りです。浴室には3~4人サイズの長方形タイル浴槽がひとつあり、無色透明湯が掛け流されています。訪問時は湯溜め中で8割ほどの入りでした。ここのお湯が熱すぎずぬるすぎずの絶妙湯加減で、とても優しいつるつるとした肌さわりがあります。一番湯だったので鮮度の良さは言うまでもありません。

この日は浴場がやっている日は必ず来るというお婆ちゃん二人に加え、めったに来ないお婆ちゃんひとりもやってきて、私も含めかなりの賑わいとなったようです。
(まぐぞー・2017年2月)

▼外観/掲示/男性浴室

静岡県伊東市
18時30分頃~19時頃
基本的には月・金曜休み
200円
訪問:2017年2月

松原温泉170号泉 単純温泉 35.0℃ pH=8.3 成分総計=0.770g Na=199.6mg K=3.1 Mg=3.0 Ca=44.8 Cl=276.7 Br=0.2 I=0.6 SO4=121.0 HCO3=55.8 CO3=6.8 H2SiO3=56.0 HBO2=2.7 HAsO2=0.1 (H21.12.28)※温泉利用状況=加温あり

谷津温泉 共同浴場

2017年03月13日 | 静岡県
川沿いに佇む共同浴場です。二階には足湯があり、一階が共同浴場となっていました。ここの共同浴場は普段は一般外来入浴は不可なのですが、河津さくら祭り開催期間中の10時より15時まで一般開放されるというのです。「湯桶の無い者の入浴は禁止」という決まり事?があるようで、一般外来入浴者のために「貸し湯桶」までも用意されている親切さです。

その湯桶をお借りして入場します。脱衣所にいた近所の方にご挨拶、服を脱ぎ浴室へ。浴室内に入ると右手にシャワーカランが3台、左手には浴槽があります。タイル張りの4人サイズ、一般的なシンプルな湯船が一つあります。十分な掛け湯後に浸かります。体感で42℃、オーバーフロー湯は対面するシャワーカラン側に全量が排湯される仕組み。多少とろみのある食塩泉でクセがなく浸かるに抵抗は感じません。投入湯量は「お湯」と書かれた蛇口より約5-7L/min、加水ありの掛け流し。
(三昧・2017年2月)



谷津温泉の川沿いにある地元民専用の共同浴場です。「河津桜まつり」の期間中は特別に一般開放されるので立ち寄ってみました。普段は外から羨ましく建物を眺めるだけですが、この期間だけは堂々と入る事ができるのが嬉しいです。二階は観光客も楽しめる足湯となっていて、訪問時は多くの人で賑わっていました。

川沿いに面した入口に行くと木の湯桶が数個置いてあります。この湯桶を持って入るのが入浴可の証となるようです。扉を開けるとこぢんまりとした脱衣所があり、鍵付きロッカーが設置されていました。外はあれほど花見客や足湯の人で賑わっているのに、ここには誰も居ません。

浴室はシンプルなタイルばりで、使い勝手のよいシャワーが三つ並んでいます。浴室には4人サイズの長方形浴槽がひとつ。浴槽内にさしこまれたホースより、無色透明の熱い源泉が投入され、サラサラと静かに掛け流されています。さらに追加で源泉投入できる蛇口と加水用の蛇口もあり、好みで温度調整ができるようです。

肝心の湯は浴槽内でやや熱め寄りの適温、塩化物泉ならではの優しい肌当たりに加え、芒哨系のスッキリとした香りが漂います。湯汚れとは無縁の鮮度抜群で、いつまでも入っていたい気持ちの良い湯でした。
(まぐぞー・2017年2月)

▼周囲は河津桜まつりの会場です/共同浴場外観(上は足湯です)

▼掲示/この湯桶をもって入ります

▼男性浴室

▼女性浴室

▼別の角度から/湯口

河津町谷津
10時~15時(さくら祭期間中)
訪問:2017年2月

混合泉(峰1号・2号・20号・28号、谷津6号・38号・29号) ナトリウム-塩化物泉 62.1℃ pH=8.0 成分総計=1.07g Na=279.4mg K=22.2 Mg=1.4 Ca=45.2 Fe2=0.2 Cl=401.7 SO4=134.5 HPO4=0.6 HCO3=60.1 H2SiO3=122.9 BO2=2.2 CO2=6.2 (H18.1.19) ※温泉利用状況=加水あり


伊東温泉 松原大黒天神の湯

2017年03月11日 | 静岡県
宿泊先での夕食後、歩いてふらっと宿から比較的至近な公衆浴場へ行ってみました。土曜夜間の訪問でお客さんは地元客が殆どです。

券売機で利用券を購入して番台へ。脱衣所壁には残念ながら「浴室・脱衣所にての撮影禁止」的な掲示がありました。浴室にはざっと6-7人ほどのお客さんの数です。浴室中央にタイル造りの長方形10人ちょいサイズの浴槽があります。浴槽内底部より源泉と思われる湯を湯船内に吐きだしています。常時湯船よりのオーバーフローがあり注入量も相当あるように推測できます。無色透明、クセなく熱くなく温くなく体感で43℃ほどでしょうか。鮮度も良くてこの類の泉質、浴場の雰囲気は好みなのでとても気にいりました。再訪したい浴場です。
(三昧・2017年2月)


撮影禁止のため浴室画像はありません。

静岡県伊東市松原本町13-3
0557‐38‐8926
14時~22時30分(受付22時10分)
火曜日休み・臨時休業あり
300円
訪問:2017年2月

混合泉(採水地・貯湯槽) アルカリ性単純温泉 43.0℃ pH=9.0 溶存物質計=0.410g Na=84.2mg(68.16mv%) K=1.6 Mg=0.6 Ca=32.0(?) HCO3=31.7 CO3=3.6 OH=0.2 Cl=61.1(32.03) SO4=144.2(55.87) HAsO2=0.2 H2SiO3=48.1 HBO2=2.1 (H20.2.18) ※温泉利用状況=掲示見当たらず


かんぽの宿 熱海 別館

2017年02月28日 | 静岡県
訪問後の2016年7月にリニュアルし、浴場などがすっかり変わった様子です。このページの情報はリニュアル以前の古いものです。

熱海の高台に位置する「かんぽの宿」です。建ってから年数が経つのか、やや年季が入っています。館内には男女別浴場がひとつづつ。建物同様に浴場も年季が入り、20年くらい前の健康ランド的古さがあります。

女性浴室は広々とした内湯に10人サイズの円形浴槽がひとつあり、湯口より無色透明のぬるい源泉を入れつつ浴槽内で循環使用の半循環と思われます。浴槽湯は塩素臭が目立ち、既に大勢の人が浸かった後なのか、湯はだいぶくたびれていました。

続く露天風呂は4人サイズの四角いもので、少しばかりの溢れ出しも見られますが、鮮度の良くない循環湯と塩素臭がします。露天風呂には常に数人が浸かっていたので、誰かが出ると当然浴槽湯は減るのですが、その都度ドーッと自動的に湯を追加するシステムでした。露天風呂からは、目隠しの隙間から熱海の町並みを眺める事ができました。

今回は近くで梅祭りが行われ、たまたま入浴客が大勢来ていた事もあり、湯の状態がベストではなかったと思います。また日を改めて、空いている時期を狙って再訪問したいと思います。
(まぐぞー・2015年1月)

▼外観/浴場入口

▼三昧の利用した男性浴室(内湯の造りが女性浴室と違うようです)

静岡県熱海市水口町2-13-77
0557-83-6111
12時(水曜15時)~19時(受付18時30分)
1500円※リニュアル後の料金です
訪問:2015年1月

混合栓(熱海141号、熱海272号)カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉 46.7℃ pH=8.0 成分総計=1836mg Na=254.0mg K=7.6 Mg=3.0 Ca=336.4 Fe2=0.2 Cl=395.0 Br=0.1 SO4=788.8 HCO3=31.8 H2SiO3=13.1 HBO2=4.6 HAsO2=0.2 (H24.11.12) ※温泉利用状況=加水あり、加温あり、循環ろ過あり、塩素系薬剤の使用あり