結夢の気ままにおしゃべり

結夢の気ままで、まったりな日常から徒然に…。

からくさ図書館第6集~冥官小野篁と雪解けの歌~

2016-10-29 06:30:21 | 読書日誌
シリーズ最終回…


小野篁と賀茂二代斎院時子の冥官コンビの最終章。
時子の冥官としての成長が著しい。
関わった道なしや道なしに憑かれた人との関わりの深さやあたたかさが伝わる一冊

この作家仲町六絵さんの作品は、道なしとかあやかしとかがでるが、人と人ならざる者との関わりがあたたかい
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雨の中で | トップ | 荒木幸史『秋櫻』の世界2016 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

読書日誌」カテゴリの最新記事