知的成長戦略論-クールに生きる

かっこよく生きるためのメモ。
知的に成長し、どんな状況でも平静を保てる力を身につける。

人の出会いが人生を決める。

2016年10月14日 | スキルアップ
平穏に生きるこつは、
 人を見極める
ということにつきると思います。

いい人に恵まれれば、幸せに生きられる。
変な人に捕まれば、人生を台無しにされる。

特に重要なのが、
 仕事

 家庭。

親は選べないので、ちょっとまずいなと思ったら、
 早めに独立。

自分で家庭を築く際に注意。

この会社やばいなと思ったら、
 スキルを身につけて、早めに転職。

自分で事業をするもよし。

自分で事業を始めても、
 取引先や客を選ぶ。

従業員で変なのにあたると、
 事業がつぶれる恐れ
があるので、注意する。


いい友達に出会えれば、人生を楽しめるようになる。

いい先輩に出会えれば、自分を磨くきっかけになる。

いいライバルに出会えれば、自分の限界を超えられるようになる。

いい先生に出会えれば、早く自分を成長させることができる。


結局、出会いによって、自分が変わっていく。
良い方向にも、悪い方向にも。



個人的に好きな番組で、THE カラオケバトルという番組があります
http://www.tv-tokyo.co.jp/kb/
テレビ東京系の企画力は、他を圧倒していると思います。
カンブリアやビジネスサテライトなど質の高い番組も多い。
予算がなくても、いいものは作れるというお手本です。

最近テレビを見ないですが、カラオケバトルは見ています。
要は、カラオケの機械の採点で、勝敗をつけていくという「バトル番組」です。

 オペラ、演歌、民謡、ジャズ、ミュージカル、ポップス
など様々なジャンルの歌い手とアマチュアが、
 カラオケの採点で戦う
というシンプルな番組ですが、出場者が魅力的なのが特徴。

それぞれにストーリーがあるので、見ていて面白い。
歌のうまさ(主観)ではなく、
 「採点(客観)」というルールが絶対
なので、それぞれの歌手がいかにいい点が出るかを研究して出場してくる。
 点が高く、しかも魅了できる
というのが理想ですが、
 優勝は採点結果のみで決まる。

毎回、出演者が採点を研究して、練習しまくって参戦するため、
 当初98点台でも優勝できたレベルから100点を出さないと優勝できないレベル
にまで上がっている。
今回は、
 100点満点が7回も出て、ルールとして成り立たないレベル(優勝者を一人に決められない)
にまでなってしまいました。

体操で10点満点では成り立たなくなってしまったような感じです。

今後は、採点が出にくい機械を業者と開発しないことには、
トップレベルの判定はできないと思います。


このケースは、ライバルで自分が磨かれるという良い例です。

出場者は、どんどん点数が上がり、練習の成果で、歌自体もうまくなっていく。
勝負の世界ではなかった「歌」の世界に、バトルを持ち込むことで、
 負けて悔しい。練習しなければ。
という思いを抱かせる。

その結果、
 歌手デビューしたり、地元のイベントで呼ばれるようになったり、
 歌手としてのチャンスも生まれてくる。

民謡などあまり知られていないジャンルも人の目につくようになり、
 そのジャンルの発展にも貢献できる。

競い合い、人の目に触れるようになる中で、自分の成長のみならず、様々な波及効果が生まれている。
特に若い世代にチャンスを提供するきっかけになっているという点で、いい番組だなと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« たくましく生きる。 | トップ | 今できることをやる。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。