山野颯想

山野走、山野歩、山野逍遥など、山野にかかわる事柄を中心に記載しています。

美空ひばり(ひばりの佐渡情話)

2016年10月19日 | 音楽
2016年9月16日(金) 
『美空ひばり』
<ひばりの佐渡情話>
先日、亡き義兄のクラッシックCDを20枚近く、上さんが実家から持ち帰った。今日はその中から「シューベルト作曲・ピアノ五重奏曲 イ長調 作品114 ≪ます≫」を聴いた。食事時のみだが相変わらずほぼ毎日、クラシックを、朝、昼、夕、と3度聴いている。小学校と保育園に通う近くに住む孫達(一男二女)は、朝食と夕食を我が家で済ませるので、嫌でも聴かされ、食事時には好きなテレビを見させてもらえない彼等は、どのように思っているのだろうか。
美空ひばりが逝ったときに、美空ひばりファンであった僕が購入した「今日の我れに明日は勝つ、美空ひばり大全集・~さよなら、そしてありがとう…~」というタイトルのCD(35枚組)も久し振りに毎日欠かさず聴いている。それを聴くのは食事時ではなく、我が部屋で独り居るときに楽しむのが常だ。「ひばりの佐渡情話」などは如何にも美空ひばりらしく、心に沁み入り懐旧の情に浸ってしまうのだが、ひばりの若い歌声が流れる「すてきな今夜」「落葉」「東京は恋する街」「東京デイト」などにも聴き入ってしまった。そのとき僕の脳裏に映ったのは、雪村いずみと江利チエミの姿だ。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 上山谷(沢登りを満喫) | トップ | 左上腹部の痛み(至極軽微な痛み) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。