メイのお散歩ー日々是好日ー

ジャックラッセルのメイとの日常を綴っています。

穀雨の季節である、家内の診療に付き添って

2017年04月20日 | Weblog

   もう穀雨の季節がやって来たのである。春の季節中の最後である。世界の天候不順と政情の不安定の為に、ゆっくり24節気の季節感を味わう暇もなかったこの春であった。この頃の春雨は良く百穀を潤してその成長を助けると物の本には書いてある。不順な天候が果たしてその通り真面になってほしいと願っている。今日はまた川崎まで家内の歯の治療に共に行ってくる。もう一息であり頑張ろうと思う。親切丁寧な診療に感謝有るのみである。木曜日は午前中の診療なので一緒に世田谷方面まで帰ってきて、田園調布で別れた。弟子だからと言って全て好意に寄りかかって、甘えているばかりではいけないと、気持ちを引き締め、反省注意し受診している積りである。有り難き幸せ頻りである。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昨日の担当医と昔日を語る、... | トップ | 穀雨を過ぎて、又もや厚い曇... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

あわせて読む