日々是好日ーメイとのお散歩ー

ジャックラッセルのメイとの日常を綴っています。

文月も三分の一が過ぎ行く

2017年07月10日 | Weblog

   今日で文月の3分の1が過ぎて行く。いつも書くことであるが、月日の経過は慎に早いものであるとつくづく思う。従って、うっかりして居ると、いつの間にか暦を忘れて、このブログを記述しないと、書くことを忘却してしまう。今日は家内の健康診断である。今朝早く息子の車で病院へと急いだところである。天候は晴れ、屋上一杯に洗濯物を干してから学校へ出かけるとしよう。メイも今朝は早く起きて、すでに大小を済ませ、朝の食事も終えた。これでゆっくり寝んでくれると、学校への勤務が気楽で助かる。会議を終えて夕刻近く、男子の事務局員それから次に女子の事務局員が、揃って挨拶に見えたのには吃驚した訳である。満腔の感謝の気持ちで一杯だった。私のこの学院の10年間にわたる学院長、理事長の仕事の敢闘振りを10ページの中冊子に纏めて、写真版で表装して私に寄贈恵与して呉れた事実は、私にとり真に喜び以外の何ものでも無かった。生涯を通じての記念になる、確かな喜びであったのである。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏の風物詩が通り過ぎて行く | トップ | 退任間際の整理が愈々最終段... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

あわせて読む