勇気を持って明るく「生きる」! -B型肝炎ウィルスキャリアの肝臓がん闘病記

  「あと半年、生きているかどうかわかりませんよ!」と医師に宣告され、がん(癌)を克服し「生きる」ことを考える。

悪いのは、私じゃない。 ~完全再現!B型肝炎裁判の真実~

2016年03月09日 11時13分46秒 | B型肝炎 真相究明・再発防止

 

B型肝炎訴訟の活動のドキュメンタリー番組

願いかなうまで2


悪いのは、私じゃない。
~完全再現!B型肝炎裁判の真実~


昨年テレビ東京・大阪・北海道で放送されました「願いかなうまで」続編が、3月13日(日)に放送されます。
今のところローカルで関西・徳島地域限定のようですが見る環境の方はぜひ、ご覧ください。


3月13日(日)
14:00~14:54
テレビ大阪

B型肝炎訴訟の活動のドキュメンタリー番組


■この番組は
 去年、TXNドキュメンタリー大賞を受賞した「願いかなうまで」の第2弾です。
国が実施した集団予防接種における注射の回し打ちで広がったB型肝炎ウイルス。感
染者は少なくとも45万人とも言われ、発症すると慢性肝炎、肝硬変、肝がんと命に関
わる病気になることも…
 そしてあなたも感染しているかも知れません…
取材に基づき世紀の裁判と言われた法廷を完全ドラマ化。さらに今も闘い続ける患者
たちを取材した新型ドキュメンタリーです。

<番組構成>
■完全ドラマ化!世紀の裁判~B型肝炎訴訟の真実~
1989年、B型肝炎ウイルスに感染した5人が原告となり国を相手取り立ち上がりました。

完全勝利まで17年を要したB型肝炎訴訟の始まりです。


1審では肝炎の権威2人が、B型肝炎ウイルス感染拡大の原因を「団予防接種だけとは
言えない」として原告の主張を否定。

原告は敗訴します。
弁護団の新人弁護士・奥泉氏は国側の主張を覆すために奔走しますが、証言してくれ
る医者はほとんどいませんでした。


 そんなある日、1本の電話から事態は急変…。
「あなたたちは悪くない」 苦しむ原告に寄り添う弁護団の逆転劇とは?

 

■密着取材!感染者たちの終らない闘い…「悪いのは私じゃない」
滋賀県に住む佐藤さゆりさん(仮名)はB型肝炎ウイルスにより、8年前に突然肝がん
を発症。21回に及ぶ入退院を繰り返し、治療費は数百万円にのぼりました。しかし母
親のカルテが破棄されていて母子感染の可能性が否定できません。


「私たちに何の責任があったの…。」佐藤さんの悲痛な言葉です。


前回取材した大阪原告団の小池真紀子代表は、佐藤さんのように苦しむ人たちを救う
ため活動を続けています。願いは医療費補助の拡充。肝炎患者に適応されている医療
費補助の対象を「肝硬変、肝がんまで広げたい」


そして、小池さんにはもうひとつの願いが!それはB型肝炎ウイルスを完治する薬の
開発です。


大阪大学では、多くのアジア人留学生なども参加して、その研究が着実に進んでいま
した。


「悪いのは感染者じゃない!」小池さんたちの願いがかなう日は近づいています!


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« みなさま 署名のご協力をお... | トップ | B型肝炎患者に朗報です! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。