Yoshikoの『リビング』へようこそ

16年間脳梗塞後遺症の夫と101日間世界一周クルーズをした。その記録を「リビングを船に乗せて」として著す。

MRI

2016-10-18 | 日記


まだまだ予約は先のことと思っていたら
その日がやってきた。
昨日は秋晴れだったのに朝から激しい雨。

着ていく洋服も用意していたのに寒い
ので、慌てて変える。

バスの乗り継ぎで行こうとしたらA駅で30分、
B駅で45分待たなければちょうど
良いシャトルバスに乗れない。

車だったら15分で着いてしまうのに。
暇だから時間はたっぷりあるとはいえ
駅にもバス乗り場にもベンチがない。
高齢者が多くなっているのだから
考えてほしいと思う。立っているのは
疲れるとこの頃思う。

MRIは時間通りに始まった。
「まあ、22、3分かかりますかね。
頑張って下さい!」と検査技師にいき
なり言われてびっくりした。

CTの時は2、3分でおわったのに、、、。

イヤホンをつけられ良い音楽が流れて
来て、不思議に雨のエジンバラの通りを
思い出していたら、いきなりドスンとい
う大きな音。ネジを突き刺すような音。
輪切りの写真を撮っているのだろうが
まるで玉ねぎを輪切りにしているような
トントントントン、、、3分くらい続く。
あとはどんな音だったか、思い出せない
ほど次々にいろいろな音がする。

音が途切れて音楽が聞こえて喜んでいる
と又新たな音が聞こえてくる。私はMRI
は確かに初めてだ。撮ったと言う人を
たくさん知っているけれど、こんな凄ま
じい音がするなんて誰も教えてくれなかったので、
私が説明してあげようと思ってい
たが、最後はそれどころではなかった。

写真を見ながらの診断は加齢の脳では
あるが、何も問題がないと言われ
ほっとした。

たいへんだったけれど、こんなチャンス
は、またとないので、検査を受けてよか
ったと思った。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« みかん | トップ | 証券会社にて »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (yuri)
2016-10-19 13:06:47
検査って機械により色々なんでしょうね。
以前各社の写真を見せて頂いた時に
5種類もあり驚きました。
私の近くの病院では、最初に「工事現場の様ですから驚かないで」と言われた。
工事現場の騒音ときたら、終わってもなかなか
落ち着かなかったです。
検査は嬉しい物じゃないですね。
お疲れ様でした。問題が無くて良かったです。
Re:Unknown (yoshiko)
2016-10-19 16:00:16
yuri様
コメントありがとうございます。そうそう、確かに工事現場の音でした。賑やかな、軽快な音楽でそれを紛らわせようとしてくれたのでしょう。そういえば
私初めてと思っていましたが、救急搬送された時、すべての検査をされたのでした。その時は機械が違ったのか、私が病気でわからなかったのか、おぼえていません。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。