年金受給者の日々へ 悪戦苦闘の記録から

自分のXデーに向かってまっすぐに走る日々
   年金受給前の悪戦苦闘の日々より

年齢と薬の比

2017-07-26 00:00:00 | Weblog
 透析歴が長かった弟は毎日の薬の数が20粒以上もあった。だから、弟にお薬だけで腹いっぱいになるやろ・・などと話しかけていたが、もちろん弟は真剣にマジメに医師から指示されたお薬を20年以上にわたって服薬していた。
それらのことを横目で眺めていた時は自分にも身体的に余裕があったのかもしれない。
 私も弟に負けず劣らず、お薬の数がこの数年来増加中である。
 糖尿病健診の予約が今月10日だったことを思い出した。思い出したのはお薬が切れて数日経っているからである。この期間は腱鞘炎の治療方面に頭がイッテいたので、腕のイテテイテテ中心の医師から処方されたお薬を飲むだけであった。これが一日6粒。
 でも血糖値のことも気にかかる。面倒くさくも今日の仕事予定は午後の出勤につき、朝一でいつもの病院へ行くことにした。本日の内科医師当番はN,M、I医師が担当だという。失礼にもドクターショッピングをする私が本日指名したのは、あんまり上品そうではない雰囲気、がらっぱちなメタボのN先生である。N先生とのお付き合いも10年以上になるんだろう。以前は診察室であ~だこ~だの先生からの説明には説得力と迫力があったのが、今日はなぜか疫病神がやって来た(患者である私のこと)ような顔されて、一切の無駄口を聞くことはなかった。N先生の前の椅子に座り血液や尿検査の結果表を見ながら、あ~イイですよ、またお薬〇日分出しておきますよ・・あっ、血圧も測っておきましょう・・あっいいでしょう・・この間2分で終了。そこで待合室で検査結果表を4男に送ることにした。


 すると返って来たのは、  ウヌヌ

 そして、きょうは「こころ塾」へ

 お茶やさんの生け花も変わってた。
出勤するとさっそく・・・〇〇さんの好きなケーキがありますので皆さんで食べましょう・・・

 のお誘いあるも・・・今日の血糖値の数字は、この10年で最悪の結果が出ているので、写真だけ頂くことにして口に入れることを拒否した・・のが辛かった。
 次、・・・
今度の病院は5時にリハビリ予約しているN整形外科。PTさんに足と腰を撫でてもらい、腕に電気をあてる治療。終了後お薬をもらって帰る。これで合計、私が一日に服用するお薬は、糖尿関係が6粒、整形外科関係が6粒、泌尿器科関係が1粒の合計13粒となった。徐々に弟の摂取量に近づいておる。年齢と薬品との関係比例式があるんだろうと思うが・・。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スパイダーリリー咲く | トップ | 子供たちの家族 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事